マーケティングってそういうことだったの!?を読んで


モノを売るのは、そもそも簡単なのか?それとも難しいのか?

モノを売ることの本質を一言で言うと、それは・・

「ほしいと思ってもらえるものを、買ってもいいと思われる値段で売ること」

になると思います。

まぁ、当たり前といえば当たり前のことですが。

そこで必要になってくる考え方が、

・ではどうすれば欲しいと思ってもらえるのか?
・どうすればその値段で買ってもいいと思ってもらえるのか?

ということであり、その答えこそがマーケティングだと言えるのだと思います。

その答えをしっかりと導いていくために学ぶことが重要になってくるわけですが、では一体どうやって、何を学んでいけばいいのか?

マーケティングとは様々な要素で構成されています。

・ターゲット
・商品
・セールス
・プロモーション
・広告
・インターネット戦略

ここに挙げたのはほんの一例で、まだまだたくさんの要素で構成されている分野ですから、それぞれ個別に勉強したところで、一部を学んだというだけで実践的な勉強とは言えないかもしれません。

となると、重要なのは全体を見通すような勉強をすることです。

それを効果的に学ぶのに、下記の5ステップで学んでいくのがいいでしょう。

1、売ると売れるの違いや、売れるために何ができるか?といった、マーケティングとは何かについての根本的なことを学ぶ。

2、消費者の欲しいという気持ち、いわゆる「ニーズ」について学ぶ。どのように把握し、どこに注目すべきか?ここを学ぶことによって値引き競争に巻き込まれなくても売れるようになる基礎を作っていきます。

3、ある商品が発売されてから購入されるまでのプロセスについて学ぶ。

4、一度購入された後、何度も選んで購入してもらうにはどうすればいいのか?いわゆるリピーターになってもらってリピート購入をしてもらうということですが、ここで現代マーケティング最大のポイント、「ブランド」について学びます。

5、1から4までの事例を探して、実際の出来事と照らし合わせて学びます。

何度も繰り返すようですが、ポイントとなるのは細かいマーケティングスキルや用語をバラバラに覚えようとしないで、全体的なマーケティングの考え方として捉えることです。

基盤となる考え方さえマスターしてしまえば、個別の知識は後から楽に頭に入ってくるようになります。


PR

インターネットとネットワークビジネスの融合・・・

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!無料メールセミナー登録はこちら
[mwform_formkey key=”590″]

「あなたの会社が90日で儲かる!」を読んで


MBAは全く役に立たないということを聞いて、あなたはどう、考えるだろうか?

神田昌典さんの本を読んで、MBAを取っても結局儲けて、金を稼ぐことができなければ全く意味がないということが書いてあった。

これはもっともなことだと思う。

だけど、MBAが役に立たないというのは、ちょっと言いすぎなのではないか?と思うわけである。

そもそも何で神田氏はMBAは現実のビジネスには全く役に立たないのかと言っているかというと、それがそのまま金を稼ぐことのできるスキルではないからだということだからだ。

MBAで教えることとは、

・市場分析
・成長率分析
・競合分析
・データのチャート化
・事業戦略の立案
・プレゼンテーション

等である。

これらの力を駆使したところで、結局金を稼ぐことができなければ、会社は人を雇わないし、商品は開発しないし、お金も投資しないということだ。

だから、マーケティングやセールスといった、一見泥臭い活動こそしっかり行うべきものであるという考えであり、このこと自体には私も大賛成だ。

ただ、問題はこの先の話・・

泥臭くマーケティングやセールスをやって売れるようになることは基礎の基礎、そもそもビジネスの大前提だと考えて、これは達成できたとして、じゃあその先はどうするのか?

これが中小企業や零細企業だったり、社長の一声で全てが決まるオーナー会社であればいいですが、内部統制に厳しい上場企業、売上高が数千億円規模にのぼる巨大企業、世界各国に社員を抱えているようなコングロマリット企業の場合はどうでしょうか?

これくらいの規模の会社になれば、まずは儲けるのが第一という本音以外に、企業としての建て前が大切になってくるものです。

その建て前というのが、しっかりとしたデータに基づいて分析された考えを元に立案された事業戦略であったり、競合との比較分析であったりするわけです。

つまり、ここでMBAは大きな力を発揮するわけですね。

世の中の企業の90%近くは中小零細企業で構成されていますが、全体のバランス売上高の役60%は大企業で占められていると言われています。

この60%に対して大きな力を入れ発揮できるMBA効果は、決して無駄なものだとは思えません。

しかるに、マーケティングやセールスといった売る力をしっかりと備えた上で、MBAを持つということが一番の黄金パターンなのではないかなと思います。


PR

インターネットとネットワークビジネスの融合・・・

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!無料メールセミナー登録はこちら
[mwform_formkey key=”590″]

イオンを脅かす企業の真相に迫る


小売業界の最大手。
売上規模8兆円の大企業。

そんなイオンですが、その裏で着実に成長している小売企業があります。

将来的にイオンを脅かす存在になるでしょう・・

その企業は、アマゾン、ネットフリックス、アドビといった企業のビジネスモデルを取り入れ、毎年安定した成長を遂げています。

あなたはご存知ですか?

 

・・・

 

セブンイレブンでも、ビッグカメラでも、ファーストリテイリングでもありません。

 

・・・

 

コストコ

という企業です。

そして、そのコストコが取り入れている手法というのは、

「メンバーシップ・エコノミー」です。

これは、AmazonやNetflixのように月額や年額の料金を支払うことで、サービスを受けられるというビジネスモデルです。

コストコのモデルでは、お客さんは年間4000円でコストコの会員になることができます。

会員になると、高品質な食品や日用品などを割安の価格で買えるというものです。

このようなモデルのおかげで、3800億円の利益のうちおよそ8割の2900億円が継続的な会費によってもたらされているんです。

このモデルの最大の利点は、毎年定期的に収入が入ってくるのでキャッシュフローがよくなることです。

コストコはこのモデルを採用して、2014年に世界小売業ランキングで2位におどり出ました。

もしこのモデルを自分のビジネスに取り入れられれば、心理的に余裕を持てますよね。

特に小さい企業や個人でビジネスをされている方にとっては、毎日毎日必死になって商品を売り続けなくても安定して収入が入ってくるので、売上目標のプレッシャーに押しつぶされることもありません。

この「メンバーシップ・エコノミー」は、上に挙げたインターネットビジネスや小売企業だけではなくて、

コンサルタント業
旅行業
飲食業
etc

多種多様な業種に取り入れられています。

企業の規模も関係ありません。

あなたがビジネスで、収入が安定しないと悩んでいらっしゃるなら、「メンバーシップ・エコノミー」を取り入れてみてはどうでしょうか?

「メンバーシップ・エコノミー」をあなたのビジネスに取り入れるには、下記をクリックして覗いてみて下さい。

メンバーシップ・エコノミー・プログラムを取り入れる


PR

インターネットとネットワークビジネスの融合・・・

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!無料メールセミナー登録はこちら
[mwform_formkey key=”590″]

天才詐欺師に学ぶマーケティングテクニック


※※※
今回のブログは一部の方に、不快な思いをさせてしまうことが
あるかも知れません。
読まれる際は、自己責任でお願いします。
※※※

 

世の中には、人の心をいとも簡単に掴んであっという間に商品を売ってしまう人たちがいます。

そう、詐欺師です。

不思議に思いませんか?

●なぜ、学歴の高い賢い人が、
詐欺師にいとも簡単に騙されてしまうのか?

●なぜ、彼らは、手遅れになるまで
自分が詐欺にあっていると気づかないのか?

●そして・・なぜ、彼らは
「自らの意思でその商品を買った」と思い込んでいるのか?

実は彼らは知っているのです。

人の心を支配し、自由自在に動かす方法を・・

内容を少しだけ確認してみる

 

ブリンクリーという男を知ってますか?

この男は、「伝説の詐欺師」と呼ばれ、大量にものを売って億万長者になった男です。

彼のやったことは本当にめちゃくちゃで・・・

例えば、医師の免許を偽造して

「ヤギの精巣を男性に移植して勃起障害を治療する」

という今では考えられない治療を何度も行い、大金を手にした男です。

本当に馬鹿げた話ですよね・・

でも実は彼から学べることはたくさんあるんです。

あの世界一の億万長者メーカー、ダン・ケネディですら、

「信じがたいものを売る秘訣は信用できるものを売る際にもっと効果を発揮する」

と言って、彼からたくさんの学びを得ています。

今日は1つ、ダンケネディがブリンクリーから学んだことをシェアしようと思います。

 

『天才詐欺師のマーケティング心理技術』
より、引用・編集

===========
『権威によって自分をアピールする』

人は誰しも、その分野の権威ある人間に信頼を置く。

そこで、自分に権威を持たせるためにブリンクリーはこんなことをした。

■自分の商品を専門化して複数に分ける

ブリンクリーは、とある薬を売っていた。

ちなみにとある薬というのは、ただの瓶に入った普通の液体である。

当時これを『何にでも効く特効薬』として売っていたが、ある時こんなアイディアを思いついた。

それは、「液体の色を変えて3つの瓶に分ける」というもの。

つまり、
Aという病気には、Aという薬。
Bという病気には、Bという薬。
Cという病気には、Cという薬。

というように、商品を専門化したのである。

すると、どういうわけか、面白いようにその薬は売れるようになった。

「万能薬」を持つ医者よりも「専門の薬」を持った医者の方が、その病気の権威であるとお客は無意識に思ったのだろう。

自分の商品を専門化することで、その道の権威として、自分をアピールすることができる。
===========

 

さて、どうでしょう?

自分のビジネスにも応用できそうじゃないですか?

もし、ピンと来て自分のビジネスにも応用してみようと思ったのなら、鋭いですね!

そうなんです。

すでに実際にビジネスに応用して成功した事例もあります。

こんな風にです。

==========

とある靴屋には、売れ行きが悪い商品の中に、革のクリーナーとトリートメントと
つや出しが1つになった優れものの泡状エアゾールがあった。

それを3つの缶にわけ、

1)クリーナー用
2)トリートメント用
3)つや出し用

とラベルを貼って販売した。

すると、売上は跳ね上がり、お客さんも「今までで最高の履きごごちだ」と絶賛してくれるようになりました。
==========

他にも、除草剤を売っている店舗では、、、

==========
除草剤を、

1)除草剤
2)除草直後に使う予防スプレー

に分けて販売したことで売上を伸ばした。
==========

という事例もあります。

この他にも、一般市販薬、栄養補助食品、スキンケア製品など応用例はたくさんあります。

このようにブリンクリーは、マーケティングの原則を知っていて、それを忠実に行ったことで大金を手に入れることが出来ました。

きっと、ブリンクリーが別のまともな商品を売っていたら、今では天才マーケターとしてその名を轟かせていたことでしょう。

さて、このようなブリンクリーの驚くべき詐欺手口から学べるマーケティングの原則は、この他にもあと20個あります。

もし、あなたもダンケネディと同じように、天才詐欺師からでも学べることはあると
柔軟な考えを持っているなら、この本

「天才詐欺師のマーケティング心理技術」

はとてもオススメです。

天才詐欺師のマーケティング心理技術を少しだけ読む


PR

インターネットとネットワークビジネスの融合・・・

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!無料メールセミナー登録はこちら
[mwform_formkey key=”590″]