東京オリンピックにまつわる盗作騒ぎと成功するマーケティングには関係があった?!


2020年に東京オリンピックが開催されますね!

まだ5年後の話ではありますが、競技場の設営だったり、ホテルの建設だったり、交通機関の充実だったり、今から物凄い勢いで建設工事の準備が進んであますよね。

そんな中、東京オリンピックのエンブレムデザインを巡ってとんでもない事件が発生してしまいましたね。

ƒt?ƒŠƒ“ƒg

そう、日本人デザイナーの佐野研二郎さんの、エンブレムデザインの盗作疑惑です。

一度は東京オリンピックのロゴとして国際的に決定していたにも関わらず、それがくつがえってしまうというのは、よほどの事でない限りはあり得ないことですよね。

確かにデザインには意匠権があり、一種の著作権として権利が法律的にも認められています。

権利の侵害だー!と騒がれても、うったえられたとしても、それは仕方のないことなのかもしれません・・・

が!せっかく東京で、日本という私達の国でオリンピックが開かれるのに、そんな名誉なことは滅多にないことなのだから、もっと日本人みんなが仲間意識を持って、団結して、オリンピックを準備段階から楽しんで本気で成功させよう!という情熱的な気持ちでやっていきたいものですよね。

でも、確かに権利を侵害するような行為はマズイとは思います・・

が、これってロゴとかエンブレムといったデザインだから問題になったんですよね。

どういうことかというと・・

実は、人の真似をして、ドンドンパクって成功してもいいよ!って世界があるんですよ!

ご存知でしたか?

というより、このブログを読んでくれているあなたなら、絶対にわかっていると思いますよ!

======================================================

元ニートが今もなお稼ぎつづけている秘密のノウハウ!
↓↓下記フォームに名前とメールアドレスを入力して送信して下さい

名前
メールアドレス


あなたに代わってシステムがダウンを自動構築

======================================================

それって、ネットワークビジネスのことなんです。

ビジネスの世界でも著作権とか、知的財産権とか、企業ロゴや商品デザインなどの意匠権とか、実用新案とか特許という形で確かに絶対的な権利は存在します。

それを犯してしまうと確かに著作権侵害などの法律違反になってしまいます。

でも、ビジネスの成功と失敗って、実はこれらの権利によって左右されるものではないんですね。

何によって左右されるかというと、結論から言えばライバルを差し置いて圧倒的にお客さんに選ばれるということです。

そして、ダントツにお客さんからあなたを選んでもらうために必要なことは、ただ一つ・・・

【マーケティングのうまさ】

なんです。

マーケティングというのは、要するに効果的なビジネスの進め方ですので、方法論ということになります。

方法には限定的な権利というのはなく、汎用性が効きますので、どこかの企業がうまくいった方法とか、誰かが試してみて成功した方法とか、いくらでもマネできるし、パクったっていいんです!

これってよくよく考えてみると、凄いことじゃないですか?

デザインとか著作とかをパクったら社会から非難を浴びせられて、再起不能なまでに叩き潰されることだってあるのに、成功したビジネスの方法だったら、いくらマネしたって怒られないし、それで成功したら、目の付け所が違う!さすがだ!なんて褒められることだってあるんです。

まさに、パクり業界の穴場といっても過言ではないかもしれません(笑)

そんなビジネスの中でも、個人がマネするのが簡単で、かつ半永久的に成功者を生み出していけるマーケティングの仕組みを持っているのが、インターネットのネットワークビジネスなんです。

一般的にネットワークビジネスはコピービジネスだと言われますが、ここのところにその理由が隠されているわけです。

誰でもできる簡単なやり方を盗んで、パクって、ただひたすら行動するだけ。

しかも作業は簡単なことだけ。

これで成功を掴めない人は稀でしょう。

そのマーケティングの仕組みを、あなたにお伝えします。

秘密のメールセミナーで、マーケティングにまつわる講義を行ってますので、ぜひ下記から受講してみて下さい。

一切無料で行ってますので、お金のことは何も心配せずに気軽に登録してみてくださいね。

↓↓↓無料メールセミナー受講はこちらから

名前
メールアドレス


ネットワークビジネスではよく言われている誘い文句・・・

5人だけ紹介すれば誰でも稼げますよ!に騙されないで・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です