アシュラン化粧品が一般的な方法で市場に流れない意味とは?


ネットワークビジネス売上げ高ランキング上位ランクのアシュラン化粧品ではあるのですが、思っている以上に楽天やヤフオクに製品がリリースされているみたいです。

アシュランの商品は基礎化粧品シリーズで、洗顔料とか、UV効果のある品揃えみたいです。

化粧品に女性はシビアなので、販売手法が好みじゃない、マルチ、とどれだけ言われたとしても売れ続けているというのはそれ相応のクオリティということなのではないでしょうか?

アシュラン化粧品が一般的な方法で市場に流れない意味とは?

アシュランの製品ラインナップは

・マローウォッシュ

・マローマスク

・ラスターローション

・アニメイトエッセンス

・フェイスリンクルジェル

・リメイクジェル

・スキンカバーUVの7点セット

・ヘアシャンプー

・ヘアトリートメント

・クリーナー

の合計10点なんだそうです。

増加しているようならすみません<(_ _)>

ただ、2005年にアシュランが新しい工場で製品を生産することになり、旧製品はひっくるめてマナビスが引き継いだみたいなのですが、その後は一変してアシュラン製品のクオリティが下がって、肌トラブルも増加傾向にあるとという感じの報告もちらほらあると感じます。

そうは言ってもアシュランの方がマナビスを遙かに引き離してランキングは上位ランクなんですね。

セールス手法は一般的なディストリビューターさんが自宅にお客さんを招待して説明会、みたいですが、どういった発展のさせ方で40万人超の愛用者を創出し、キープしているのか非常に関心があるわけです。

アシュランはセールス手法がマルチという事なのでイヤ、そうは言っても製品は素晴らしいのでヤフオクなどを利用して購入する、といった方もいるみたいです。

それほどまでクオリティは素晴らしいという訳でしょう。

製品が本物とすれば、ネットワークビジネスじゃなくて通販で販売すればいいのに・・・

という意見もありましたが、広告代を費やして通信販売を行っても、リピート購入する顧客を堅持するという意味では、企業側からすれば、人と人とのコネクションでネットワークを伸展していくMLM手法の方が、コストもかからないでスムーズに売上を増やしていけるとも言えそうです。

自宅に人を招いて説明会、といった方法も在宅ネットワークビジネスという見方ができますが、やっぱり私は友人・知人をかき集めてプレゼンテーションする、というようなタイプではないので、インターネット集客のテクニックを実践しながら成果を出すビジネスが非常に快適に過ごせます☆

 

※追伸


週5日8時間労働が怖くて、就職から逃げ出しニートになった大学生・・・

そんな男が偶然出会った、ネットだけで稼ぐ夢のような

方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!無料メールセミナー登録はこちら

名前
メールアドレス


ネットワークビジネスではよく言われている誘い文句・・・

5人だけ紹介すれば誰でも稼げますよ!に騙されないで・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です