今すぐ起業して独立!やっぱり先立つものはお金?!


起業したいけど現実は厳しいか?

起業して独立するための権利収入からのお金の作り方

起業して独立したビジネスマンになって成功したいですか?

ビジネスオーナーとしてタイムリッチ、マネーリッチを実現したいという方は世の中にたくさんいると思います。

でも、実際に行動を起こす起業家よりも『いつかは起業を』と夢見ている起業家予備軍の方が圧倒的に多いというのが現状です

起業家予備軍であっても、ちゃんと人生計画の中でビジネスプランを立てて、ちゃんと準備するという行動をしているのなら良いです。

でも、実際にはただ起業への憧れが漠然とあるだけで、いつかは起業をという夢を何十年も持ったまま結局起業しないで終わるという人が多いというのが問題なのです。

自分がやりたいことがあって、その夢を実現するために起業という手段が位置づけられています。

起業そのものが夢というわけではないんです。本当は。

でも、過去のITベンチャー起業の成功ラッシュ等を受けて、影響されてしまったが故の弊害だと思います。

自分の心の奥底から情熱を伴って出てくるのが夢であるはずなのに第三者である他人に影響されて起業が夢だと勘違いしてしまうのでしょう。

本物の夢なら今の現状がどうであろうと行動したくていてもたってもいられなくなり、起業にむけてソワソワしてくるはずなので、『いつかは起業を』なんてずっと考えているなんてことはないと思います。

もしその状態で起業を考えている人がいるとしたら、それは絵空事なので、もう一度真剣に自分自身の心と対話する機会を設けた方が良いと思います。

でも、中には本物の起業家予備軍で、早く行動したくてウズウズしているにも関わらず動けない事情があるという人もいると思います。

家庭の事情とか、責任感から今の仕事が一段落しないと離れるわけにはいかないとか、そういったものですね。

そして、今は動けないという問題の根底にある原因はやはりお金の問題だと言えるでしょう。

・家のローンも子供もいるのに起業して無収入は厳しい
・考えている事業の規模が大きく自分の資金じゃ足りない
・借金をしてまで夢に賭けれるのかどうか躊躇してしまう

こういった切実な問題があって、動きたくても動けないといった感じです。

地域の行政で行っている創業支援制度を使ったり、投資家をまわって出資を募ったり、銀行等から融資を受けたり、自分以外のところから資金を引っ張って来るというのも本当は起業家として成功するのに必要な能力ではあるのですが、多くのサラリーマンの方にはやはり抵抗があるみたいですね。

ということは、現実的なお金の問題をある程度解決することができれば起業への道はグンと近付いてくるということになりますね!

起業の成功例と失敗例

起業には当然ながら成功もあれば失敗もあるものです。

それらの例を一つ一つ紹介していくと、それだけで何百冊ものシリーズ本が書けてしまいそうですので、代表的なパターンを紹介したいと思います。

まずは失敗例。

起業するとなると、本物ならいてもたってもいられなくなり、ウズウズした結果行動に移していくと先程述べました。

このような起業家にありがちなのが、衝動的に行動を起こしてしまうというものです。えいやっ!といきなり起業してしまうんですね。

お金の問題やその他諸々に色んな問題や弱点を抱えているにも関わらず、詳細なビジネスプランを持つこともなく、やってしまうんです。

・いきあたりばったりにガンガン営業をかけていく
・アポなしで銀行に訪問し融資の交渉をけしかけていく
・家族、親戚、友人、知人に出資をお願いし頭を下げにいく

一見、いかにも起業家らしい行動に見えるかもしれませんね?勇ましくてカッコイイと思う人も多いと思います。

それは私も否定しません。こういった情熱をもって山をも抜いていく勢いで行動しているパワーとエネルギーにはやはり憧れを持ちます。

ただ、客観的に見るならば、無謀な行動だと言えます。

守るものが何もない人ならばともかく、家のローンを抱え、守るべき家族がいる人がこれではあまりにも思慮が浅いと言わざるを得ません。

このやり方で成功する人もいるかもしれませんが、ほんの一握りでしょう。

では、どのような人が成功していくのか?

成功例です。

本格的に起業する前に、経験を積む目的で、サラリーマンとして仕事をしながらまずは起業してしまうんです。

かつて、藤井考一氏の週末起業という概念が人気を博したことがありましたね。

それと全く一緒です。

いきなり起業して「こんなはずではなかった・・」と嘆くよりは、予め収入を得て、経験を積んでから挑んだ方が間違いなく成功確率は上がるはずですよね。

成功する人は、ちゃんとディフェンスも考えているということです。

給料をもらいながら起業しちゃえばいい!

本当に起業して成功したいのであれば、給料をもらいながら起業しましょう!

もし起業後にビジネスで失敗して資金が飛んでしまったとしても、給料があれば致命傷には至らないはずです。

そして、もし週末起業で経験を積むならば、権利収入型のビジネスをやった方がいいです。

なぜか?

週末起業で経験を積んでいれば、独立後に致命的な失敗をする可能性は低くなり、仕事も順調にまわっていくと思います。

しかし、いつも順調にまわっていくかというと、そんなことは絶対にありえません。

必ず壁にぶち当たり、収入が全くない月というのも出てくるかもしれません。

そんな時に、過去に権利収入型のビジネスで収入を築いていれば、今は何も行動しなかったとしても、一生涯不労所得としてキャッシュが入ってくるのです。

これは想像以上に大きいですよ!

とんでもないプレミア付きのおまけという感じです。

労働対価型のビジネスだと報酬は一回きりで、経験値だけが後々も生きるという感じですが、その後の人生でずっと収入が入ってくるというおまけは助かるものです。

起業を志すなら、権利収入の流れはかならず一つは持っておきましょう!

週末起業で権利収入を得るビジネスはこちら

↓↓

週末起業で権利収入を築くインターネットを活用したビジネス


PR

インターネットとネットワークビジネスの融合・・・

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!メールで無料の資料請求はこちら

名前
メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です