アフィリエイターはブログを何記事書けば成功できるのか?!


報酬を稼ぐまでに300記事は必要?!

アフィリエイトって働かなくても黙っていてもお金を稼げるイメージって、ありますよね?

でも、ただ参加しただけで稼げるのか?というと、もちろんそんなことはありません。

成功して稼いでいる人は、それなりに努力をして、やるべきことをきちんとやっているから稼げているのだということです。

副収入や事業報酬としてアフィリエイトやブログで成功する方法

稼ぐための方法はホームページを作ったり、広告を売ってみたり、2ch等のネット掲示板に宣伝がてら書き込みをしてみたり、様々な方歩で広めています。

その中でも有効な方法として知られていて、無理なく続けられるものが、メルマガとブログの2つに集約されてくると思います。

メルマガに関してはリストを集めたり、まぐまぐ等の配信局スタンドによって実現しますが、リストの登録というワンステップを置いた人のみが対象で、広く不特定多数をターゲットにしていくという部分が弱いです。

アフィリエイトで成功するためには広く興味のある人を訪問者として集めなければなりませんので、やはりブログ戦略が最も適しているのだと思います。

ブログであれば日々の日記として更新したり、ニュース、新聞、雑誌、テレビの内容等、毎日ネタには困りませんからいくらでも記事が書けてしまうんですね。

ブログの特製として、テーマに一貫性があって、記事同士の内容が被ったりすることがなければ、記事数が多ければ多いほどGoogleからのクロールボリュームも増え、検索順位も上がりやすくなり、アクセスも増えてきやすくなります。

そして、どれくらいのブログボリューム、つまり記事数が必要な目安になるかというと、大体300記事くらいあればアクセスが安定してくるみたいです。

それくらいだったらできそうですか?

それともしんどいですか?

どう捉えるかは自分自身の問題ですし、書くブログ記事の内容や基本の文字数にもよるでしょう。

 

 

大事なのは記事数だけではない!

ただ、一つ気を付けなければならないのが、記事数にとらわれてはいけないということです。

先ほどの300記事を目安に書きましょう!という内容と矛盾しますよね?

一体どうゆうことなんでしょう?

実はGoogleがそのブログの順位を上げるかどうかという基準は、その記事の内容がいかに検索した利用者にとって有益なものかどうか?というところにあるんです。

これはGoogleの立場に立って冷静に考えてみればわかることです。

Googleは世界中の多くの利用者に検索サービスを提供しています。それで多くの人を自社の検索サイトに集めているわけです。

そして、企業としてのGoogleの主な収益源の一つに、ネット上の広告収入があります。

検索サービス利用者がその広告をクリックしたり、広告を通してものを買ったりサービスを購入して初めてGoogleは売上を得ることができるんですね。

つまり、人が集まらなければいけないわけです。

Googleの利用者は何で検索したサービスに集まるかというと、自分が知りたい情報がネット検索をすることよって知ることができると期待してサービスを活用するんですね。

もしそこで何の役にも立たないクズのようなサイトばかりが検索に引っ掛かって、欲しい情報を得られなかったらどうでしょう?

期待外れのサービスということとなり、Googleの利用者は減っていってしまうことが考えられるわけです。

もちろん、すぐに利用者がいなくなるということはないでしょうが、別の検索サービスに取って代わられたり、新たな競合が現れて顧客を取られてしまうことにもなりかねないわけです。

昔は検索順位が上がるためには、やたらとhtml内にキーワードをいれ込んだり、サテライトサイトを何百個も作ってリンクを貼ったりと、サイトの本質的な価値とは関係ない小手先のテクニックで上位表示されることが多々ありました。

しかし今ではスパムサイト扱い方される可能性の方が高く、いかにコンテンツ、つまり内容の質が高いものであるかどうかが上位表示の基準となっているんです。

Googleは『邪悪になるな』という唯一の理念の下、Contents is Kingという明確な方針で選別をしています。

そこさえしっかり押さえておけば、300記事ある普通のブログ記事よりも、たった10記事しかなくても超高品質なコンテンツをブログの方がアクセスを集めるということもあるんです。

ですので、記事数を意識することも大事ですが、それ以上に内容をいかに最高品質に持っていくかということに、よりウェイトを置いて考えた方が良いのです。

 

 

コツコツではなく一気に上がるタイミングがある!

また、例えば100記事書いた段階で、やっと一区切りと感じる人は多いと思います。

書いた本人からすると、記事数が3桁に突入したタイミングで、やった感が出てくるんですね。

これは一つの達成感なので、悪いものではありません。

むしろ、成功体験としてその嬉しさや感情を十分に堪能するくらいがいいでしょう。

でも、ある日のアクセスが100あったのに、次の日は10、その次の日は3になっちゃった・・ということが往々にして起こるはずです。

100記事を書いて達成感を味わっている時にその数値を見て、ショックを受ける人の多いこと多いこと。

それで諦めてネットビジネスを辞めてしまうという人も本当に多いんですね。

心が折れてしまうのでしょう。

わたしはそのような人を見ると「アホかっ?!」と思ってしまいます。

100記事を達成できない日ともたくさんいる中で、それを達成してやったスタート地点に立てたのに何てもったいないんだ!って思うわけです。

100記事も確かに凄いけど、それでもたかだか100記事です。安定したアクセスを集められるわけがないじゃないですか。

よほど素晴らしい、誰が見ても最高得点のコンテンツならば話は別ですが、正直100記事全てをそんな記事にするなんて不可能です。

であればやはり数が必要で、300記事でやっとそこそこの一人前というところなんです。
アフィリエイトで生活できるくらい稼いでる人柄どれくらいのブログ記事数を持っているか知ってますか?

もちろん個人差はありますが、10000記事くらいは書いているみたいですよ。

それでやっとアクセスが安定ということです。

ネットビジネスでの成功を舐めてはいけません。

地味な作業は必要ですし、決して甘い世界ではありません。

中々厳しいです。

でも、仕事だから当たり前です。

ただ、厳しさを乗り越えて一度ブログ記事を書き上げてしまえば、資産としてその後は何もしなくても勝手に集客が為され、寝ている間にも報酬が入ってくる流れが出来上がるというわけです。

この部分しか見ていない人が多いから、ネットビジネス=楽という構図が出来上がるんです。

日々のアクセスなんて気にせず、まずはブログ更新という目の前の仕事に没頭しましょう!

アクセス数はこつこつと、段々上がっていくものではなくて、ある日急激に、今までのアクセス数が嘘だったかのような上がり方をします。

心配しないで仕事に集中して下さい。必ず報われますから。

成功者は誰しもが、このハードルをくぐり抜けてきているものですよ。

【PR】1万記事もいらない!コツコツブログで寝ているだけで報酬Getできるんです


PR

インターネットとネットワークビジネスの融合・・・

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!メールで無料の資料請求はこちら

名前
メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です