ディズニーランドの中期経営計画の裏側戦略を読み解く


東京ディズニーランド。

あなたは行ったことがありますか?

なんだか「バカにするな!」という声が聞こえ聞こえてきそうですが笑

おそらく、ここブログを読んでいる殆どの方は一度は脚を運んだことがあると思います。

そして、その多くが「また来たい!」という想いを抱いて帰っていく。

そして何度も足を運ぶリピーターになっていくわけですね。

まさに夢の国ですね笑

というより、夢の国に仕立て上げるという、高度なマーケティング戦略であることは言うまでもありませんが。

ところで、2017年4月27日に東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの運営会社である、オリエンタルランドが中期経営計画を発表しました。

その内容のポイントとなるのが、混んでいてもそれを感じさせないようにするには、ということのようです。

殆どの人が、土曜日や日曜日にディズニーランドやディズニーシーに行かれるのではないでしょうか?

その時の光景はよくご存知かと思いますが・・

平日に行ってもそれなりに混んではいるのですが、土日の混み具合というと、ものすごいことになってますよね。

アトラクションに乗るために、3時間近くも並んだりとか、ファストパスを取るのが午前中の早い時間に終わってしまったりとか・・

もう、遊びに行ったのか、わざわざ疲れに行っただけなのかわからないくらいの混みようです。

それを感じさせないようにするという中期経営計画は、なかなか本質を突いてるなぁと感心しました。

園内の混雑感が問題となり始めたのは、2013年度に初めて来場者が3000万人を突破してからのことみたいですね。

具体的な対策のひとつとして、東京ディズニーシーで約180億円を投資して、2019年度に導入予定の「ソアリン」など、アトラクションの拡充することで園内の来場者を分散して混雑感を解消するといったことも考えているようです。

また、待ち時間を減らして来場者の満足度を高めるために、既存レストランのリニューアルやサービス施設の増設も行うとか。

さらに、これから来場数の増加が予想される訪日外国人の受け入れ体制も強化するといったことも。

園内キャストが使用する外国語対応の案内ツールなども導入する予定なのだとか。

さすがはオリエンタルランド。

顧客心理の本質をついた、しっかりとした手段を講じているなぁと感じました。

顧客心理・・大切なのはまさにここなんですよね。

これはビジネスの大小はまったく関係ありません。

オリエンタルランド程の規模でも、個人が副業で稼ぐ規模であっても、ターゲットとなるお客さんを具体的に1人設定して、徹底的にその人に価値を感じてもらって、お金を払ってもらうためにはどうすればいいかを考える。

これができれば何をやってもビジネスは8割方成功したようなものです。

ちなみに、このようなターゲット設定方法を、ペルソナと呼びます。

あなたが副業で稼ぎたいと本当に考えているなら、まずはぜひ!このペルソナを学んで下さい。

面白いように商品が売れて、驚きますよ。


PR

インターネットとネットワークビジネスの融合・・・

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!無料メールセミナー登録はこちら

名前
メールアドレス


ネットワークビジネスではよく言われている誘い文句・・・

5人だけ紹介すれば誰でも稼げますよ!に騙されないで・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です