何回転職しても同じ失敗を繰り返す人の共通点とは?


転職する人しない人

いつからなんでしょう?

転職が当たり前になったのは。

昔、終身雇用制度が一般的だった頃には、一つの会社に長年勤めることが一番良いとされていました。

定年を迎えるまで同じ会社で勤め上げ、最後の出勤日には周りから「お疲れさま」という労いの言葉と共に花束を送られて、挨拶にまわって社会人生活を終えるのです。

一つの仕事を立派に勤め上げるというのはとても立派なことです。

約40年間も同じ仕事に従事するのですから、並大抵のことじゃできません。

しかし、ITバブルの頃からインターネットだけでビジネスをしたり、ITベンチャーの起業ブームが押し寄せてきたりと、働き方、仕事の仕方というのがかつてない程に広がりを見せました。

そしてその中にあって人材紹介や人材派遣をビジネスとして行う、インテリジェンスやリクルート等のIT事業も現れ、転職市場も拡大していきました。

働き方の多様化や、選択肢の増加といった意味で、転職をする市場が拡大したこと自体は素晴らしいことだと思いますが、転職で成功する人もいれば、やむを得ず転職することになり、年収大幅ダウンで待遇も悪くなるといった転職難民がいることも事実です。

転職に失敗した人も成功する人もワクワク夢中になれれば人生楽しい!

便利な世の中に向けた変化の一つであるはずなのに、なぜこのような両極端な結果が出てしまうのでしょうか?

 

 

淡々と目の前の仕事をする人が成功している

それは、転職とか入社した会社自体に問題があるというわけではありません。

その殆どというか、100%全ての結果の責任は転職者自身にあると思います。

・どんな思いでその仕事を選んだのか?
・人生で何をしたくて仕事をしているのか?
・どうして転職をしようと思ったのか?

この理由がしっかりしているか、いないか?

考え方のことだし、目に見えない部分の話なので多くの人が見落としがちな視点なのですが、その後の仕事に向けた姿勢、情熱を決める最も重視すべきことなんです。

転職した後に、その仕事をやっている時の姿勢、気持ちの持ち方、モチベーションがしっかりと保てている人は、結果的に仕事を積極的に行うようになります。

どうにかして、なんとしてでも結果を出したいという情熱を伴って仕事をするからこそ、気付いた時には仕事がうまくいくようになっていて、転職に成功したということになるのです。

逆に、明確な動機や目的もないまま、ブームに乗っただけとか、転職に成功したときに報奨金が出るからとか、目先の年収がアップするからという理由で転職した場合はどうでしょうか?

入社する前や、入ったばかりの頃は意気揚々とした感じで良いかもしれませんが、仕事自体に心からの魅力を感じているわけではありませんから、仕事に情熱を持って打ち込めるわけでもなく、適当になあなあで仕事をしてしまうというサラリーマン根性スパイラルに陥ってしまうでしょうから、当然目覚ましい結果を出すことができず、転職は失敗ということになってしまうのです。

結局のところ、転職に成功するか失敗するか?仕事ができるかできないかというのは、淡々と目の前の仕事に全力で取り組んでいる人ということなのです。

筋が通りますし、これならわかりやすいと思いませんか?

 

 

目の前の仕事に全力を出すにはコツがいる

目の前の仕事に全力投球で本気で取り組めばいいんだ!なーんだ、簡単じゃん!って思いましたか?

確かに心からの自分の情熱を仕事に乗せることができれば仕事は100%成功しますし、望み通りにどこまでも上っていけるでしょう。

でも、実際にやってみるとこれが中々うまくいかないんです。

好きだと思っていた仕事でも、年齢とか、状況とか、タイミングとか例えばその他のことでも、その時々によって感じ方は変わってきます。

むしろ人間である以上、心変わりをするのは自然のことですし、やりたい仕事が完全にブレないなんてことは稀だと思います。

これが自然に、100%仕事が好きで突き進める人のことを天才と呼ぶんだと思います。

ビジネスの分野でも、孫正義、スティーブジョブス、ビルゲイツといった大起業家が天才と呼ばれる人達です。

歴史を振り返ってみても、アインシュタインは数学と物理学が面白くて仕方がないくらいであったために相対性理論を生み出し、天才と呼ばれる程になったのでしょう。

エジソンも、10000回の実験の末に電球を生み出したことは有名な話ですが、その後の記者のインタビューで「9999回も失敗したのに諦めなかった秘訣は?」との質問に対して、「私は失敗はしていない。9999回のうまくいかない方法を発見したのだ!」と言ったのは有名な話です。

何でエジソンはこんな発想で失敗を捉えることができたのでしょうか?

それは、発明が好きで好きでたまらなかったからです。面白くて、楽しくて仕方がなかったからです。

皆さんも子供の時に夢中になっていた遊びが少なくとも一つや二つあると思います。

思い出してみるとわかりますが、親に注意されても、ご飯の時間がきても遊びに夢中で中々やめられず、ずっとやっていたいワクワクした夢中な気持ちでいたと思います。

その夢中な気持ちで発明実験をしていたからこそ、エジソンは発明王になったのです。

ここに、仕事に情熱を乗せるヒントが隠されています。

好きなことを仕事にできたのなら言うことはありませんね。

仕事に夢中になるのは簡単なことです。

でも、これだけ多くの方が転職をしている世の中、多くの方が100%満足のいく仕事ができていない証拠なのだと思います。

だから、好きなことを仕事にするのではなく、今やっている仕事に遊びの感覚を加え込んで、夢中になるように自分の思考をコントロールするのです。

一見地味な方法に見えるかもしれませんが、一番有効な方法だと思います。

騙されたと思って、一度やってみて下さい!

あまりにも世界の見え方が変わってくるので驚くと思いますよ!

仕事で世界が変わるというと、マーケティング手法を軽く変えることでビジネスががらっと変わることがあります。

実際にインターネットマーケティングの世界である方法を試してみたところ、驚くべき効果が発揮されたんです。

その驚くべき効果とは一体何なのか?

この記事を読んでいるあなたにだけ教えますね。

↓↓

【衝撃】世界をガラッと変えるビジネス会の革命的MLM異端児の秘密?!


PR

インターネットとネットワークビジネスの融合・・・

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!メールで無料の資料請求はこちら

名前
メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です