フレックス制導入企業に学ぶ稼ぎ方と休み方


フレックス制度。

出始めた当初はもの珍しい感じで、画期的な制度で新しい感覚を持っていましたが、もうすっかり定着していますよね。

今ではいろんな会社で当たり前のように採用されています。

そもそもフレックスってなに?

という方のために制度の特徴を説明すると

フレックスタイム制とは、自分自身で始業時刻と終業時刻を決めることができる制度ということですね。

例えば普通の会社を例に取ると、朝は9時に出社して、18時に退社するといった内容で就業時間が決められていて、全員が同じ時間帯で働くことが決められていますよね。

でもいまどき定時で帰れる会社も珍しい時代ですので笑

18時以降はサービス残業をするのが当たり前の風潮になっています。

そこの度を越しているのが、いわゆるブラック企業と言われる会社ですよね。

一方、フレックス制が導入されていれば、1ヶ月単位とか、1週間単位でどれくらいの時間働くのか?という総労働時間をあらかじめ決めておいて、その範囲内で各日の労働時間を各自が決めることができる、というものなんですね。

つまり、ある日は23:00過ぎまで残業して、へとへとになったとしても、次の日はお昼を食べて、14:00くらいに帰ってしまうとか。

そんなことが普通にできてしまうわけです。

それで月の定められた労働時間の範囲に収まってれば、通常の勤務になるわけですね。

ここでひとつ、フレックス制を導入している会社によくある特徴があるんです。

それは、残業代が全額、時間単位でしっかり出るということ。

一般的な会社のサービス残業という概念がないところが結構多いんです。

例えばフレックス制の会社で、制度を導入していない会社と同じような働き方をして、毎日3時間くらいの残業をして21:00くらいに退社したとすると、残業代はいくら付くと思いますか?

これ、実は私の友人の実際の話なのですが、通常の給与や、その他役職手当などとは別に、残業代だけで120,000円近く入ってだということなんです!

すごいですよね?

フレックス制って、現代社会にあった働き方ができる制度だなぁ〜と個人的には感じています。

がっつり働いて残業もして、めちゃくちゃお金を稼ぐのもよし。

自由なワークスタイルで、仕事をする日とプライベートをしっかり楽しむ日を自分で作ってもよし。

ワークライフバランスが自分です取りやすい働き方だと思います。

でも、、

あなたが勤めている会社がフレックス制を導入していなかった場合、なかなかワークライフバランスを保つのは難しいかもしれません。

ましてや勤めている会社がブラック企業だったりしたら、、

もう、疲れてへとへとですよね?

でも、どんなに大変な状況であっても、休息は自分でコントロールすることができます。

休むことは、ひとつのスキルなんです。

そのノウハウ、この本の中にたくさん詰まっていますよ!

休むためのスキルって実はこんなものだったんです!

忙しい社長のために書かれた本なんですが、忙しいサラリーマンでも、てんてこまいの主婦でも、誰にでもあてはまる休息するスキルが満載です。

なにより、社長業が1番のブラック職務ですからね笑

その社長にあてはまるから、あなたにもあてはまるはずです。

読んでみて気に入らなければ100%返金保証も付いていますし、ぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか?

休息のための実質無料のスキルはこちらから!


PR

インターネットとネットワークビジネスの融合・・・

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!無料メールセミナー登録はこちら

名前
メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です