まったくもって売れなかった夢の商品の顛末を暴露します


もう10年以上も前の話。

とある起業家が夢のような商品の販売権を手に入れた。

それはアメリカでめちゃくちゃ売れてる商品。

それを手にした彼のことを、まわりの人は皆とてもうらやましいと思った。

いいなぁ。
絶対成功するやん、と。。。

でも、、、
実際はそうならなかった。

多額の損失を抱え、その事業を売却することになった。

そしてそれを買ったまた別の起業家。

彼は自分のところに転がり込んできたチャンスに大喜びしていた。

でも、、、

彼もまた、その商品を飛躍のきっかけにすることはできず、、、

残念ながら何年か後、その事業はまた売却されることになった。

・・・

そして3人目。

また新しい起業家のところに、その商品の販売権の話が行った。

アメリカでその権利を扱う会社は、さすがに疑った。

自国でベストセラーになっている商品。

日本では全然売れず、権利だけがたらい回しになっている。

3人目のこいつは本当に大丈夫なのか?

・・・

一悶着あったが、結局その3人目の起業家が、販売権を手にした。

 

そして、、、

 

その商品は売れた。

その起業家の会社は大きく成長した。

商品制作元のアメリカの会社とも、すばらしいパートナーシップを築くことができた。

もちろん、その商品を手にした日本の顧客はとても満足している。

この素晴らしい商品のおかげで、人生が変わった、と。

さて、これは本当の話なんですが、、、

その「アメリカの商品」というのは何だと思いますか?

答えは、実は、

「ダン・ケネディの教材」

なんです。

マグネティック・マーケティング
NOBSマーケティング・レター
レネゲイド・ミリオネア・システム

などなどの、DKコンテンツのことです。

つまり、この「3人目」にあたるのが、私がブログでよく紹介をしているビジネス書の発行者であり、現在日本でダン・ケネディの教材を独占的に販売している「ダイレクト出版」ということになります。

DKの商品の販売権が手に入った。

そのときはすごく興奮したらしいですね。当たり前ですが(笑)

まさに夢の商品が手に入った、と思ったそうです。

想像してみてください。

あなたが、DK商品の日本独占販売権を得たとしたらどんな気持ちになりますか??

小躍りしますか?(笑)

でも、、

なぜこの夢のような商品を売っていたにも関わらず、最初の起業家と2番目の起業家はうまくいかなかったのでしょうか?

何が、違いだと思いますか?

答えは一つではありません。

ですが最も大きなものは、

「ダイレクトマーケティングのスキルがあったかなかったか」

という違いです。

彼らはこの商品の魅力を、うまく市場に伝えて売ることができなかったんです。

夢のような商品だからといって売れるわけではない、ですからね。

哲学的な問で、

「人が誰もいない山奥で、大きな木が倒れたとき、音はするか?」

というものがあります。

もちろん物理的に音はしますが、それを聞いている人がいなければ、「音はしない」とも言えます。

それと同じように、いい商品も、それがただ存在しているだけだと、存在していないのと同じです。

その魅力をうまく伝えて、きちんと相手に伝わらない限り。

つまり、マーケティングをしない限り、市場からはスルーされます。

つまり存在していないのと同じ。

売れません。

だから、、、

もしあなたが、商品やサービスに自信があるなら。

もしあなたが、事業で、起業で、成功したいなら。

マーケティングを学びましょう。

もしマーケティングの技術を身に着けていれば、あなたは自分の商品はもちろん、世の中にある「売れてない夢の商品」をどれでも選んで、片っ端から売ることができるようになります。

そしてそのような商品は、世の中に大量にあります。

なので、DKからマーケティングを学んだ生徒たちは、こう言っています。

「将来の経済的な心配をしなくてよくなった」

「いつでも稼げる安心感が手に入った」

「ほしいときに稼げる自由が得られた」

etc…

あなたに、ダン・ケネディのマーケティング基本戦術書とも言える、入門書をご紹介します。

ダン・ケネディのマーケティング入門書はここをクリック


PR

インターネットとネットワークビジネスの融合・・・

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!無料メールセミナー登録はこちら

名前
メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です