マーケティングってそういうことだったの!?を読んで


モノを売るのは、そもそも簡単なのか?それとも難しいのか?

モノを売ることの本質を一言で言うと、それは・・

「ほしいと思ってもらえるものを、買ってもいいと思われる値段で売ること」

になると思います。

まぁ、当たり前といえば当たり前のことですが。

そこで必要になってくる考え方が、

・ではどうすれば欲しいと思ってもらえるのか?
・どうすればその値段で買ってもいいと思ってもらえるのか?

ということであり、その答えこそがマーケティングだと言えるのだと思います。

その答えをしっかりと導いていくために学ぶことが重要になってくるわけですが、では一体どうやって、何を学んでいけばいいのか?

マーケティングとは様々な要素で構成されています。

・ターゲット
・商品
・セールス
・プロモーション
・広告
・インターネット戦略

ここに挙げたのはほんの一例で、まだまだたくさんの要素で構成されている分野ですから、それぞれ個別に勉強したところで、一部を学んだというだけで実践的な勉強とは言えないかもしれません。

となると、重要なのは全体を見通すような勉強をすることです。

それを効果的に学ぶのに、下記の5ステップで学んでいくのがいいでしょう。

1、売ると売れるの違いや、売れるために何ができるか?といった、マーケティングとは何かについての根本的なことを学ぶ。

2、消費者の欲しいという気持ち、いわゆる「ニーズ」について学ぶ。どのように把握し、どこに注目すべきか?ここを学ぶことによって値引き競争に巻き込まれなくても売れるようになる基礎を作っていきます。

3、ある商品が発売されてから購入されるまでのプロセスについて学ぶ。

4、一度購入された後、何度も選んで購入してもらうにはどうすればいいのか?いわゆるリピーターになってもらってリピート購入をしてもらうということですが、ここで現代マーケティング最大のポイント、「ブランド」について学びます。

5、1から4までの事例を探して、実際の出来事と照らし合わせて学びます。

何度も繰り返すようですが、ポイントとなるのは細かいマーケティングスキルや用語をバラバラに覚えようとしないで、全体的なマーケティングの考え方として捉えることです。

基盤となる考え方さえマスターしてしまえば、個別の知識は後から楽に頭に入ってくるようになります。


PR

インターネットとネットワークビジネスの融合・・・

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!無料メールセミナー登録はこちら

名前
メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です