ネットワークビジネスはアメリカ生まれ!だからこその大流行か?!


【警告】口コミ勧誘にうつつを抜かしているとこんなふうに嫌われます

ネットワークビジネスはアメリカ生まれのビジネスオーナー的なスキームです

ネットワークビジネスと言うと、有名なところでN社やA社、またM社等がありますが、それらのMLMビジネス企業はその殆どがアメリカ発祥です。

そう、野球のメジャーリーグと同じで、アメリカはネットワークビジネスの本場でもあるんです

先ほど挙げた大手ネットワークビジネス会社もアメリカからやってきて日本にも広く普及してきたんです。

日本のMLMディストリビューターの勧誘文句には、「今アメリカで大流行しつつあるからチャンス!大統領やハリウッドスターのあの人も勧めているんだ!」という名ゼリフがあります。

でも、これらの発言って本当のことなんでしょうか?

インターネット上の掲示板とか、その他色んなリソースから情報を調べてみたところ、クリントン米元大統領の発言は本当にあったようです。

さて、そんなアメリカ合衆国ですが、MLMビジネスを行っているディストリビューター数は1000万人以上もいるそうなんです!

やれねずみ講だ!マルチ商法だ!と社会現象にまで発展している日本においてさえ、およそ400万人程だというのに。

それだけビッグビジネスだということなんですね。

そして、今現在の状況でいうと、その殆どはA社とN社。

この大手2社で占められているそうです。

でも、これらの会員数や盛り上がってますよ発言って、実際のところあなたはどう思いますか?

純粋な数字だけを見てしまうのであれば、ディストリビューターの数は2倍以上にも膨れ上がり、大変な盛り上がりを感じるのですが、アメリカの人口は日本のそれと比べて約3倍も多いんです。

全体からの比率で見たら、日本の方が盛り上がっていると見るのが妥当ではないですか?

つまり、ネットワークビジネスという業態やその内容と言うのは、日本人の方が広く一般的に知っている、認知の広がりを見せているのです。

ネズミ講だ!マルチ商法だ!とマスメディア等でも騒ぎ立てられるのは、世間一般の認識が広くあるからだとも言えるでしょう。

そのため日本でMLMビジネスを、クチコミという手法でもってやっている人は、大変な苦労をしているかもしれません。

A社とかN社とか、世界を代表する大手企業の知名度をもってしてでも、そのような会社名を少しでも出そうものなら、友人から避けられ、周りから白い目で見られたりもしてしまうものです。

こんな状況では怖くてとてもじゃないけどネットワークビジネスなんて口コミでできないですよね?

友達を失ってしまうリスクという、ビジネスをやる上での代償が大きすぎるのです。

友人知人を勧誘して批判されてしまう最大の原因は、彼らがMLMビジネスなんて全く興味もないのに、勧誘を仕掛けてしまうからなんです。

そんなことをしたって失敗するのは当たり前なんです。勧誘された方はいい迷惑なんです。

では成功するための秘訣は何なのか?

それは、最初からネットワークビジネスに興味や関心があり、話を聞きたいと考えている人に対してだけ勧誘を行うことなんです!

えっ?そんなことわかってるって?

そうですよね。

「初めからMLMに興味がある相手が苦労しないよ!わかんないから困ってるだろう!」

なんて声が聞こえてきそうですね。ごもっともだと思います。

でも、初めから興味がある相手だけを集める方法があるんですよ!

ヒントはインターネットの仕組みです。パソコン素人でも作れる簡単な仕掛けです。

その具体的な方法を解説する前に、まずはこちらをご覧になってみて下さい。

↓↓

【警告】口コミ勧誘にうつつを抜かしているとこんなふうに嫌われます

きっと「あっ!」と言わせて差し上げます。

その自信がありますから。


PR

インターネットとネットワークビジネスの融合・・・

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!メールで無料の資料請求はこちら

名前
メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です