オリンピックとネットワークビジネスの、その意外な相関関係って?


口コミを全てし終わった、その最後にあなたに残るものは・・?

ソチオリンピックとネットワークビジネス企業の関係と東京オリンピック

昨年の冬の時期はソチオリンピックが開催されたおかげで、連日熱く過ごすことができましたね。深夜での放送でしたが、あなたは開会式をご覧になりましたか?

冬季オリンピックって、どうしても夏に比べても種目が限定的になってくることもあり、必然的に参加する国も相対的に少なく、一国一選手なんていうところもあったりします。

でも、個人的には大々的な「世界のオリンピック!!」という感じよりも、少しワビサビのあるこの冬の雰囲気な感じが好きだったりもします。

面白いのは、出場選手が二人しかおらず、その二人は夫婦だったりとか。

金融業会を首になった人が、そこから一念発起してオリンピックを目指し、ソチオリンピックに参加になったとか。

そんな人間ドラマを見て、色々と面白く考えるのも楽しかったりします。

さて、オリンピックといえば、開催されますね!この日本でも!

もう、2020年開催予定の東京オリンピックを除外して考えることなんてできないんじゃないでしょうか?

インターネットの情報社会化が進んできてから、時代はめまぐるしいスピードで変革を、今でもし続けています。

東京オリンピックが開催される2020年が一体どのような世の中になっているのか。今はまだ全く想像ができないですよね。

でも、不変で確かなことが一つありますね。それは「オリンピックはお金がかかる」ということです。

オリンピックが東京で開催されることとなった決め手の一つに、自治体としての予算が潤沢にあるということと、資金面でのスポンサーも多かったということがあったようです。

なにせ、全世界にアピールできる数少ない機会であるのもオリンピックです。たくさんの企業がスポンサーとして名乗りを挙げたことでしょう。

面白いのは、こういった大きなイベントの流れに乗ってうごめく企業の思惑と行動なんです。

2020年の東京オリンピックで、スポンサーとして名を売っていこうと考えている企業が、こぞって今年から日本市場に進出してくるそうなんです。

この中には、ネットワークビジネス企業も絡んでいたりするんですよね。

日本においても、長野オリンピックにおいてはMLM企業の大手であるA社がスポンサーになってたりしてたんです。ご存知でしたか?

ネットワークビジネス市場は、今後急激に市場が拡大していくことが見込まれるビジネスです。一昨年日本に上陸したO社はアメリカにおいても驚異的なスピードでビジネス拡大しているのです。

つまり、2020年の東京オリンピックでスポンサー企業として名前を売りたいネットワークビジネス企業は、早い段階で日本上陸をしてくるでしょう。

その上、すでに日本国内でブランドを確立しているMLMビジネス大手の有名企業は、既存の市場を更に拡大するべく、活動を活発化していくことが予想されます。

ネットワークビジネス企業が、その市場を拡大していくためには何が必要となってくるでしょう?

それは、消費者に求められる魅力的な製品と、ビジネスとして活動をしていきやすいビジネスプランです。

この将来の東京オリンピックに向けて、ネットワークビジネス業界でも今までになかったような仕組みや新しい発想に出会える可能性はかなり高くなるでしょうね。

前述したA社ですが、日本法人は都内にその本社を構えています。

都内と言えば・・そう、国立競技場があるじゃないですか!

その関係で、国立競技場で開催されるスポーツイベントには、A社がスポンサーとして加わっていることが多々あり、配られるグッズの中にその商品が入っていることもあるそうですよ。

A社等のように、ブランド力と知名度のあるネットワークビジネス企業は、オリンピックを始めとしたスポーツイベントをきっかけにして、今後更なる飛躍を遂げていくことは間違いなさそうですね。

それでも、クチコミでビジネスを広めていかなければならないという苦難とプレッシャーは、いつまで経っても相変わらずあるみたいですよ。

会社の規模や、有名無名とか、商品の良し悪しというのは関係なさそうです。

こちらをご覧になりましたか?

↓↓

口コミを全てし終わった、その最後にあなたに残るものは・・?


PR

インターネットとネットワークビジネスの融合・・・

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!メールで無料の資料請求はこちら

名前
メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です