ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)とMLMは無敵の組み合わせ!


【注意】この成功にあなたは病みつきになるかもしれない・・

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)とMLMは無敵の組み合わせ!

ダイレクトレスポンスマーケティングに関してお伝えしましょう。DRMという風にも呼ばれます。

ダイレクトレスポンスマーケティングというのは人間が、商品やバリューを購入するに至るまでの心理面によってもたらされるマーケティング方法です。

この記事においては、ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)をインターネットビジネスに的を絞って解説していこうと思います。

本質的には独力で手がける事業で最も良いレスポンスを得ることができ、一際人が結集し、最も同調され、最高に売ることが出来る、 そういった嘘みたいなアプローチです。

ネットビジネスで利益を獲得していく際に、絶対に回避しては通れない、史上最強のマーケティング方法です

インターネットビジネスに取り組んでゆくのであるならば、これら3つの大切な事をよく聞くため、先ずは肝に銘じてください。

この3つの原則こそが、DRMのステップになるのです。

1、集客
2、教育
3、販売

この3つをきちんと頭の中にインプットして下さいね。3つを念頭に置きつつ、本質に関してレクチャーしていきます。

DRMの本質はクライアントが持っている課題を解決するために開発されました。 課題を解決するというのは、クライアントの持ち合わせている問題や苦悩を解決してあげるということを意味します。

すなわち、解決して見せることによって、クライアントは、よろこび、ふさわしい対価という形でお金を支払うというような実に分かり易いシステムとなってます。

言うまでもなく、この仕掛けをインターネット上に用意し提案すれば、ガンガン売れるというわけです。

余談ですが、利益を出しているアフィリエイターや情報商材販売者(インフォプレナー)は、ほぼ全員がこのアプローチでビジネスを行っていると言っても言い過ぎではないと思います。

すなわち、正攻法であり、今後も廃れることがない最も長期にわたって持続するマーケティングテクニックなので、必ずものにしておくことをおすすめします。

3つのステップにおいて、最もハードルが高いのが教育の段階です。

ここで共鳴していただき、セールスレターライティングのメソッド等を活用して超えていくことになるのです。

それから見込み客のレスポンスをとり、共感して頂くということが重要となります。

従って、だしぬけにアフィリエイトリンクを貼り商品を勧めるということは行いません。

前触れなく、販売ページにやたらと貼り出していたら敬遠されるし、共感などされません。

ならばどのようにすべきかとなりますと、少しずつ共感させるのですが、セールスレターライティングで解決していくために大勢の利益を得ている人はメルマガとステップメールを活用します。

とりわけステップメールの破壊力は並大抵ではありませんし、長期的に見れば作製したコンテンツのレスポンスによってはオートメーション化をすることが可能なのです

この教育の段階のコンテンツやストーリー作りが特に大切で、集客はその後でするのが理想的です。

なぜかというと、見込み客と共感もすることができない仕掛けで集客をやっても、「つまんないなあ」になって一気に見込み客はどこかへいなくなってしまいます。

なればこそ、コンテンツや仕掛け有りきなのです。

集客も重要だと断言できますが、とりあえずは満足のいくコンテンツや仕掛けを作り上げてから集客をした方が良いでしょうね。

それでは、どのようにして集客を行うかというと、リストを集めます

「リストってなにか?」リストとはメールアドレスのことを指します。

リストを収集するために、ブログ・Twitter・フェイスブック・Youtubeといった人が群がる媒体を使うのです。

こういった媒体は、あくまで人を集める手法として活用するんです。 ひとつの例として、ちょっと前までは、「mixi」が媒体になっていましたが、近頃はフェイスブックだというように、時代の変化によってこの部分は変化するのだと考えた方がいいでしょう。

ちなみに、利益を得ている人達の王道パターンは wordpress(ブログ)・アメブロ・Twitter フェイスブック・Youtubeの媒体を上手に活用して集客しています。

ホームページであったならば、シリウスと呼ばれるソフトウェアを使用することで容易に作れます。 ブログのテンプレートは賢威を使用しているアフィリエイターが大部分です。

詰まるところ、時世によって人が集まる媒体は変化します。

人が集まらなくなったら、媒体は移り変わっていくという事を認識しておきましょう。

従って、フェイスブックに特化したりTwitterに特化した事業の進め方は、時代が変化すると儲けられなくなったりすることをお忘れなく。

この点だけでも、騙されなくなると思いますし、世に溢れ出ている商材の価値を判断することが出来るだろうと思います。

また、この媒体で集客したひとを、ランディングページや、スクイーズページ等と言われるところに訪問してもらい、リストを貰うという流れです。

結局のところ、ブログ等の媒体で集客をやって、ステップメールで教育して、最後は、セールスレターで販売するという動きになります。

「ランディングページ?」「スクイーズページ?」「セールスレター?」ってなに? といった意見が耳に入ってきたので、解説いたします。

まず、ランディングページとスクイーズページは同一です。

呼び名がそれぞれに異なるだけになるのですが、よく0円でオファーとかって耳にしたことないですか? 一枚物のレターで、至極インパクトのある感じでPRしたりしており、動画などを見せたりして一番最後にメールアドレスを登録させるフォームがあるアレです。

わかりますよね?

それとセールスレターですが、これは長い 1枚物のレターで、一番最後に販売リンクが貼ってあるアレです。

これらの一連のシステムを作り上げてしまうことを可能とするのがインターネットビジネスということですね。

そしてこのDRMと非常に連携しやすい為に、圧倒的な売上と長期間の売上を作り上げることができ、しかも自動化まで出来るのです。

1回、理想的なコンテンツの仕組みを作り上げてしまえば、長年に亘り働いてくれます。

例えば、業界においても著名なネットビジネス大百科と呼ばれる教材が存在しますが、これは2007年に販売スタートしたにも拘わらず、今もなお売り上げを伸ばしています。

10000人以上が購入しているのですが、今後も売れると思います。

DRMは100年前からあるマーケティングアプローチで、将来的にも続いていくので、意欲的に自分のものにしてみた方が良いですよ。

この業界は、本当に興味深いです。すばらしいビジネスですよね。

このダイレクトレスポンスマーケティングと、ネットワークビジネスって信じられないくらい組み合わせの相性が良いものだって知っていますか?

しかも、インターネットで展開するので、DRM、MLM、WEBの3種類が揃った3者黄金ビジネスと言っても過言ではないですね。

その秘密を少しだけあなたにもお教えします

↓↓

【注意】この成功にあなたは病みつきになるかもしれない・・


PR

インターネットとネットワークビジネスの融合・・・

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!メールで無料の資料請求はこちら

名前
メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です