口コミでもインターネットでも決め手となるのはDRMなんです!


ネットワークビジネス、口コミとインターネット、一体どちらがうまくいくのだろうか?

何だかんだ言ってもやっぱり口コミは有効な手段なのかもしれません。

インターネットだけで、友人知人への勧誘いらずでダウンができますよ!というのがネットでMLMビジネスをやる最大のメリットのはずなのに、どうしてこんなことをいうのか?

それは、アムウェイとかニュースキンとかモナヴィといった大手企業が殆どを占めるネットワークビジネス業界の市場規模が、インターネットだけで行うMLMビジネスと比較してみても圧倒的なスケールを持っているからです

インターネットで行うネットワークビジネス市場はまだまだ始まって歴史の浅いものなので、ちゃんと詳しく計算したことはないのですが、市場規模としてはおそらく5~10億円といったところだと思います。

一方で口コミのネットワークビジネスは、いくらその歴史は長いとはいえ、そのやり方にかなりの悪評が立っているにも可関わらず、1兆円という市場規模を持っているんです

これはインターネット市場においては確かにパソコンの向こう側にいる数百万人という膨大な数の人達が見込顧客になり得るのですが、彼らは興味のある対象について自ら検索してやってくるので、基本、待ちの姿勢な訳です。

もちろん、その水面下では積極的な営業戦略が動いてたりするんですけどね。

一方で口コミの場合は、元々関心が無かったり、ビジネスの存在を知らなかったり、人の紹介で初めて知ったりといった、ゼロベースからでもマーケットを作っていきます。

保険営業に似ていますよね

だから、インターネットとはまた別の意味合いで見込顧客は無尽蔵に尽きないのだと言えるでしょう。

でも、口コミでもインターネットの場合でも、共通していることがあります。

それは、お客さんの側にしてみたら、興味のないことを延々と話されたくないし、強引に押し付けられたくはない。

そして、自分の興味のあることについて自分で選んで製品の購入やビジネスへの参加をしたいということです。

だから、どちらの場合でも相手をうまく誘導して、自ら前向きに決断できるようにエスコートしてあげるということがかなり重要になってくるわけです。

これはマーケティングのやり方としての問題です。

具体的にはダイレクトレスポンスマーケティングという手法を使って、お客さんに自ら手を挙げてもらうことによって、ビジネスを拡大していくんです。

口コミでもインターネットでも決め手となるのはDRMなんです!

つまりは、口コミであろうがインターネットであろうが、ダイレクトレスポンスマーケティングさえきっちりと行えれば、想像以上の成功を収めることが可能なんです。

ネットワークビジネスに限らず、どの業界のどんなビジネスにおいてもこれは全く同じです。

私が今推し進めているビジネスは、このマーケティングに徹底的にこだわって作り込んでいます。

おかげで全くの人脈ゼロからインターネットだけでビジネスを拡大することができ、今でも問い合わせがきています。

既に集客の仕組みは過去に作っているので、特に何もしなくてもくるんです。

この仕組みさえ使えれば、正直誰でも成功することができます

もちろん最低限の作業は必要ですが、そんなに難しいことをやるのではありません。

このダイレクトレスポンスマーケティングについて、学んでみたいと思いませんか?

一度身に付けてしまえば、廃れることのない一生のビジネススキルになります。

無料のメールセミナーを行っていますので、まずはそこで学んでみてはどうでしょう?

↓↓

無料マーケティングセミナーはこちら


PR

インターネットとネットワークビジネスの融合・・・

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!メールで無料の資料請求はこちら

名前
メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です