高杉晋作も気付いていた?!幕末から現代にも通じる窮地と死地の関係性とは?!


古今東西 偉人語録 Vol.1

~成功に向けた格言集~

『高杉晋作』の言葉

高杉晋作も気付いていた?!幕末から現代にも通じる窮地と死地の関係性とは?!

俺は決して困ったという言葉を吐かない。

困った、と言ったとたん、人は知恵も分別も出ないようなってしまう。

そうなれば窮地が死地なる。

活路が見出だされなくなる。

人間、窮地陥るは良い。

意外な方角活路が見出だされるからだ。

しかし死地陥ればそれでおしまいだ。

だから俺は困った一言は吐かない

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

昔の人はとても多くの、ためになる役立つ言葉を残しています。

中でも格言や四文字熟語、ことわざなんかは、座右の銘にして人生の指針として活かして、自分の人生をより良くすために活用したいですよね。

このブログでネットワークビジネスの通信講座として展開していますが、通常のビジネスにしてもネットワークビジネスにしても、人生にしても役立つ言葉を集めて、偉人語録として紹介していきますね!

第1弾は高杉晋作です。

幕末時代から、言葉効力ついては、こうした人たちは理解されていたんですね。

現代ではそこから発展して

「困った」は吐かない

「ついてる」と吐く

なってきています。

「●●しない」

「○○する」

と進化してきたんだと思います。

また、窮地と死地明確な差が出ている言葉でもありますね!

一般的は窮地も死地も同じよう感じてしまうことがほとんどだと思う中で、こ境界線を線引き出来るこ言葉は素晴らしいと思います。

ピンチはチャンス

チャンスは悪魔顔をしてやってくる

、「ピンチ=チャンス」=窮地なのではないかという、私なり解釈でもあります。

窮地はチャンス!

この格言を活かして、ビジネスでの成功をあなたに提供します!

下記リンクをクリックしてください

↓↓

名前
メールアドレス

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

寝ている間にダウンができていたら?・・どうします?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です