イチローが実践している成功哲学は粘り強さと静かな情熱と継続力だ!


古今東西 偉人語録 Vol.2

~成功に向けた格言集~

『イチロー』の言葉

イチローが実践している成功哲学は粘り強さと静かな情熱と継続力だ!

小さなこと積み重ねが、とんでもないところへ行く唯一手段です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なんか、ビジネスでも人生でも、何でもそうですよね。

毎日小さな一歩でも手を動かし続けること。

結果、、人生にインパクトのあるとんでもないことが起こるわけです。

偉業を達成することが現実のものにだってなるんです。

私は実は野球あまり興味がないですが、イチローが偉業を達成したというニュースは知っています。

3000本安打というは、長嶋茂雄も王貞治も達成していないそうですね。

それほど凄い記録だそうです。

インタビューで彼が言っていた言葉。

「毎日小さなステップをクリアしていった結果、記録を達成できた。」

淡々としています。

イチローはホームランをたくさん打ったり、サヨナラ逆転満塁ホームランを打ってガッツポーズをするタイプではなくて、右中間や左中間淡々とヒットを打って、淡々と1塁出る、そんなタイプです。

毎日自分出来る範囲ことを、粘り強く毎日こつこつと、ただ淡々と目標向かって努力した結果、偉業を達成できたでしょう。

私が常日頃がけている成功哲学と同じです。

ムラない活動を、粘り強くただ淡々と続けること。

それが積み重なると「ちりも積もれば山となる」で大きな成果を得る事が出来るです。

そう考えると素晴らしい世界です。

誰でも淡々とこつこつとやるだけで凄い結果が得られるわけですから。

インターネット世界は、ネットワークビジネス世界は、今まで作ったブログやホームページ、組織メンバーリピート愛用が資産として自分残ります。

そこからアクセスやリピート報酬は半永久的続くわけです。

積み重ねタイプなです。

努力がどんどんと重なっていくわけです。

場そ使い捨てタイプ労働ではないです。

凄くないですか?

凄さを最初から認識して、こつこつと粘り強く、今自分が出来る範囲努力を長期間続けるだけです。

人はどうせ死ぬまで生きないといけないです。

あと何年ですか、あと何十年ですか?

だったら、自分出来る範囲ことをこつこつと続けてみてはいかがでしょう。

あとでいい目を見るは自分です。あとで後悔するも自分です。

時間って長いようで短いです。毎日少しずつ努力ならばあまり苦痛はないはずです。

それを積み重ねてください。

結果、得るもはあなた想像以上です。

ただし、途中で会社が倒産したり、リーダーが解雇されたり、商品が粗悪品だったりしたら、続ける気さえなりません。

そこは会社選び、商品選び、グループ選びはとっても大切です。

今は、「自由インターネットで宣伝ができるかどうか?」も重要です。

最近は規制を強める会社が多くなりましたからね。

そんな中でインターネットに特化した集客を成功させて、浮き沈みの激しいネットワークビジネス業界の中で10年以上の長きにわたって反映しているグループがあるんです。

その秘密のノウハウを公開します!

↓↓

名前
メールアドレス

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

10年以上の時を経て遂に公開!普通の人が知りえない集客とは一体?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です