金持ち父さんとビジネスオーナーとネットワークビジネスの関連性


金持ち父さんシリーズが教えてくれること

金持ち父さん貧乏父さんという本は、起業を志す人であれば誰もが1度は読んだことがあると思います。

もし知っているけど読んだことがないというなら、シリーズ中のどの著書でも良いので読んでみることをオススメします。

独立願望がある人や起業家予備軍の人達ばかりでなく、普通のサラリーマンや、家庭を預かる専業主婦にとってもかなり役立つ内容なので、老若男女問わず読んだ方がいいでしょう。

なぜなら、ただの金持ち自慢の本だったり、巷でよくある成功ノウハウ本とは全く異なっているものだからです

一体どんな内容が学べるのか?

普通、お金持ちになるためには仕事を一生懸命やって、誰よりも働いていればどんどん給料も上がっていき、増えた収入を貯金してお金持ちになれると考えられています。

でも、本当のお金持ちになるためには、そもそも努力する分野が違うという提唱をしており、普通に一生懸命働いているだけでは忙しくなって時間もなくなることに加えて、収入は上がっても結局は働かなくなった途端に給料がなくなってしまうため、賢いやり方ではないとしています。

金持ち父さんシリーズの著者、ロバートキヨサキ氏は働き方を大きく4つの分野に分けて、それぞれの特徴やメリット・デメリット等を述べています。

・Employee(従業員)⇒Eクワドラント
・Self Employee(自営業者)⇒Sクワドラント
・Business Owner(ビジネスオーナー)⇒Bクワドラント
・Investors(投資家)⇒Iクワドラント

不労所得とビジネスオーナー

働いて、稼いで、収入を得る方法には大きく分けて4つの種類があり、働き方も収入の質も、使える時間も何もかもが全く変わってきます。

上記でいくら働いても忙しくなるばかりで、収入額にもどうしても超えられない壁があり、世の中の最も多い職業であるサラリーマンに属している人は上記のEクワドラントになります。

Sクワドラントにいる人には医者とか弁護士とか、または芸能人なんかも入ってきますが、彼らは働き次第では収入額は高いものにすることができます。

しかし、EとSに共通する最大の欠点が『自分が働けなくなったら収入が途絶えてしまう!』ということです。

働かなければお金を受けとることができない。完全労働収入なんですね。

それと比較し、BとIのクワドラントの人達は自分が働かなくてもお金が入ってくる、Bならビジネスオーナーとして会社等を所有して自動的にキャッシュを得たり、Iならば株式や不動産や債権等に投資をして、そこからの配当や報酬でキャッシュを得る。不労所得収入になります。

本当のお金持ちになるにはこの不労所得を構築する必要があり、金持ち父さんシリーズの1番伝えたいポイントが、普通の人が不労所得を得るための考え方や働き方を教えてくれるというところにあるのです。

混迷の時代だからこそ、独立起業を考えている人だけでなく、一般の人達も読んでおく必要があると思うのです。

では、まずは具体的に何を行っていけば良いのでしょうか?

まずはビジネスオーナーから目指すのが一番!

不労所得を形成するのが大事なのはわかった。

でも、今はサラリーマンとしてEクワドラントで労働者だよ!とかSクワドラントの自営で頑張ってるけど、人やお金を働かせるってどうするんだ?さっぱりわからん。という人も多いでしょう。

まず一つ言えることは、不労所得にはBとIしかありませんが、やるならBのビジネスオーナーから目指すというものがあります!

Iの領域で投資をすることは、ネット証券等も普及していたり、サラリーマン大家が増えてきていたりと手軽な感じはあるのですが、それはまやかしです。

本当に投資家として勝つには人より市場のずっと先を見る先見性と、高レベルな金融の知識や経験が必要です。

一朝一夕で身につくスキルでもなく、だったらビジネスオーナーとしてビジネスの現場で知識・知恵・経験を得て、不労所得を確立していきつつ、十分なキャッシュフローが回る頃に同じく経験値も上がっているはずなので、そこから投資家としても収益を狙うというスタンスを取った方が賢いやり方なんです。

じゃあ、具体的にEやSの側からBクワドラントに移行するにはどうすれな良いのでしょう?

「ビジネスオーナーというと起業して会社を興して、人を雇って仕事をさせて、自分が何もしなくてもお金が入ってくる仕組みを作ることでしょ?スタートするだけで1千万円以上もの資金が必要になるかもしれないし・・サラリーマンの俺には無理だよ!」と思うかもしれませんね。

確かにビジネスオーナーはシステムを構築してお金が入る流れを作るので、自分以外の何かに働いてもらう必要があります。

それが人であれば従業員を雇うということになり、確かに給料の支払い等も重くのしかかってくるでしょう。

銀行から融資を受けたり、投資家達から資金を募って、資本金として運転資金に組み替えていくやり方が本当は王道ではあります。

でも、そうは言ってもリスクは最小限に抑えたいですよね?

その気持ちはとてもよくわかります。何故なら私も全く同じ悩みを持っていたからです。

だから、資金を殆どかけずにビジネスオーナーになってしまえばいいんです。最初はサイドビジネスですね。副業です。

そして、自分以外の何かに稼いで貰うといっても、人である必要はないんですよ?

今の時代にはインターネットという、まるで自動販売機のような便利な仕組みがあります。これを利用するんです。

インターネット上に仕掛けを有効に作ることができれば、財布の中にちゃりんちゃりんとお金を入れ続けてくれるシステムがあっという間に出来上がります。

そして中でも最強なのがインターネットの自動販売機の仕組みと、流通網を自動的に拡散してくれるネットワークビジネスを組み合わせる方法です。

ネットワークビジネスで誰もがBクワドラントに属せる!

ネットワークビジネスは別名マルチレベルマーケティング(以下MLM)と呼ばれています。

自分が口コミ等で勧誘してメンバーになってくれた人を直ダウンと呼び、その購入した製品額の一部が報酬として入ってきます。

そして、その直ダウンが勧誘してメンバーとなったダウンが製品を購入しても、その一部がまたまた報酬として入ってきます。

この直ダウンの働きから下は、自分は動いてないですよね?

動いてなくても報酬が入ってくるんです。

これは更に横展開しても、深く縦に展開しても報酬がじゃんじゃん入ってきます。

つまり、組織が流通を起こしてくれることによって入ってくる不労所得なんです。組織というレバレッジが効いていることから、Bクワドラントのビジネスと言えるのです。

しかも、普通の会社経営者に必要な運営知識や人事や会計のノウハウ、資金繰りの方策等は特に必要ありません。

口コミで製品やビジネスを紹介するだけです。

つまり、普通の人ならどんな人だって、誰だってビジネスオーナーとして成功できてしまうビジネスなんですね。

だから、サイドビジネスからBクワドラントに行くために、ネットワークビジネスに参加しよう!

・・・

なんて言うと思いましたか?

いいえ、まだ早いです。

口コミって限界がありますよね?自分の友人や知人等、知っている人がそのまま勧誘見込みの上限になってしまうんです。

もしネタが尽きてしまったら、もうビジネスオーナーは目指せないですよね?

ここで、インターネットの出番なわけです。

インターネットは世界中に広がっています。

その先には約70億人の人がいるんです。

仮にその内の0.1%の人をターゲットとして絞り込んだとしても、その見込み人数は700万人です。

あなたの知り合いは700万人以上いるでしょうか?

いないですよね?

これだけの人数にアプローチできるということ。それはつまり実質上限なしということです。

上限のないインターネットを使って集客、勧誘を行って、ネットワークビジネスに参加して貰い続ければ、最小限の投資でBクワドラントで早期に成功できるでしょう!

まず、一体どんなものなのか学んでみませんか?

【PR】これなら絶対失敗するわけがない!インターネットMLMの仕組み!


PR

インターネットとネットワークビジネスの融合・・・

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!メールで無料の資料請求はこちら

名前
メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です