モナヴィーのカリスマリーダー・・あの有名な玉井暁氏も、遂に脱税逮捕の噂が出てますが!?


モナヴィーのカリスマリーダー・・あの有名な玉井暁氏も、遂に脱税逮捕の噂が出てますが!?

皆さんは、MLM成功者というとどうゆう人をイメージしますか?

高級住宅に住んでいたり・・
高級スポーツカーに乗っていたり・・
いつでも自由に毎月毎月海外旅行に行ってバカンスしたり・・

大体このような感じではないでしょうか?

インターネットでネットワークビジネスを検索するときには、多くの人が上記のキーワードと組み合わせて、成功者像の観点から調べることが多いんです。

でも、過去にMonavie Japanの玉井暁氏の脱税事件がマスコミ等を通じて大々的に報じられたことがありました。

実際には玉井氏は逮捕までされているわけではないのに、その脱税事件以降ネットワークビジネスに関わる逮捕者情報について調べるアクセスが増えてきていたのです。

MLMって、日本ではものすごくイメージが悪くて、

ネズミ講だ!
違法行為だ!
詐欺紛い商法だ!

と言われのない悪意、ネガティブな罵声を浴びせられます。

そんな状況にある、一般的には商売がやりづらい業界であるので、毎年のように詐欺や恐喝で逮捕者が出ていたり、今回のように脱税事件が起きていたりと、リスクのあるビジネスであることはやはり間違いないようです。

まだまだ足を踏み入れたばかりで、収入も何もない状態であればいいのですが、毎月数百万円以上もの収入があって、本業にしている人が逮捕されてしまったら・・

どんな気持ちでしょうね?

逮捕されてしまっては、もう元も子もないですよね。

それがきっかけで参加しているMLM企業から除名処分なんかも受けてしまったら、それまで築き上げてきたもの全てがパーになってしまいます。

それなら逮捕されないようにうまくやればいいのに。

って思うでしょうか?

でも、いつまで経っても逮捕者がなくなることがありません。

何でなんでしょうね?

実はその1番の原因が、ビジネスを伝達する、クチコミという手段なんです。

ビジネスを進めて、うまく稼動して自分の組織ができてくると、もっともっと集客を増やすために製品の効果効能を過剰に宣伝するのがパターンなんです。

「これを一粒、毎日飲めば絶対ガンにならない!」
「これさえ飲めば苦労しないでも簡単に痩せられる!」
「これさえ使えば、、あれさえ飲めば、、」

とこんな具合に展開していきます。

これを相手に質問する隙を与えずに、有無を言わせずにまくし立てるのです。

言われてる方はたまったものじゃないですよね。

また、部屋に半分軟禁状態にして、ビジネスに参加すると言うまで一歩も部屋から出さず、勧誘をしまくるなんていう話も噂としてあります。

そもそも、話をされるその相手側が話を聞くのを拒否している。

聞きたくないと思っているのに無理矢理聞かせるということ、その時点で全部間違ってるんです。

普通の人間関係として考えればすぐにわかることですよね?

簡単なことです。

何故かネットワークビジネスとなると、色々とおかしくなっちゃうみたいですね。

では、どうやって新たな参加者をリクルートして、組織拡大、ビジネスの成功に向けて集客を行っていくのでしょう?

答えは簡単ですね。

そう、話を聞きたくない人に無理矢理説明をして勧誘をすることをやめて、はじめからMLMに興味があって話を聞きたいという人に対してリクルート活動をしていけばいいんです。

じゃあその具体的方法は?

ここに、その答えがあります。

↓↓下記フォームに名前とメールアドレスを入力して送信して下さい

名前
メールアドレス

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

クチコミ勧誘なんてもう古い!今MLM集客は100%完全在宅でやる時代

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です