ネットワークビジネス業界大手、モリンダジャパンにまつわる被害、苦情の真相


ネットワークビジネス業界大手、モリンダジャパンにまつわる被害、苦情の真相

ネットワークビジネス業界の企業は日本国内でも100万社以上あると言われています。

出来て間もない新設企業や、古くからある老舗企業等、事情は様々ありますが、その中でも最大手と言われるうちの1社が旧タヒチアンノニ。

現在のモリンダジャパンですね。

かなり大きな売上高のある企業で、ネットワークビジネス業界では有名な大企業なのですが、MLM業界に関係のない、一般の人にはあまり馴染みのない会社かもしれません。

しかし、あまり一般には有名ではないと言っても、これだけ大きな売上高のある規模の会社なだけに、被害や苦情の情報もそれなりに出回っているようです。

では、その具体的なモリンダジャパンの被害や苦情とは、一体どんな情報なんでしょう?

インターネットの検索等で調べてみると、掲示板等を見る限り、一部ディストリビューターの中にはクチコミによる強引な勧誘があったり、商品説明の際に薬事法に抵触するような内容を話しているという情報も出ているようです。

でも、調べれば調べるほど、その被害や苦情の殆どが、タヒチアンノニに対しての個別のものではなくて、ネットワークビジネス自体に対して言われているものでした。

多くの人が感じている通り、日本ではネットワークビジネスと言うと、違法なマルチ商法だの、ねずみ講だの、詐欺だのと、とかく悪く言われることが定説、当たり前になっています。

タヒチアンノニに対してもこのような被害、苦情といった情報が出回るのは、このような背景も当然に大きく影響しているのでしょう。

やはり大切なのは、周りの勝手な噂に振り回されずに、自分自身の目でしっかりと見て、考えて、決断して行動に移していくということが大切なのではないかと思います。

ネットワークビジネスって、一般の人でもビジネスオーナーのような不労所得を得るチャンスを掴むことができる素晴らしいビジネスシステム、仕組みなんですが、何でこうも嫌われて、評判が悪いんでしょうか?

強引な勧誘があるから?

適当な商品を扱ってるから?

そもそも商品のない架空取引だから?

違法なマルチ商法だから?

悪質なねずみ講だから?

いいえ。

上に挙げた全てが間違いです。

ネットワークビジネスの評判が悪い、唯一にして最大の理由は、勧誘する側ではなくて、勧誘を受ける相手側の考え方、受け止め方にあるのです。

ネットワークビジネスに携わっている大抵のディストリビューターは、相手の考え方、ビジネスへの興味・関心等を考えず、知人などを中心に手当たり次第に声をかけてまわります。

また、アップラインからもそうするように言われます。

その結果どうなるでしょう?

そう、友達を失っておしまい。

気付いた時にはTHE END です。

もちろん初めから興味のない人に声をかけているわけですから、参加者も殆どおらず、ビジネスが成功するはずもありません。

では、どうすれば良かったんでしょう?

そうです。

ネットワークビジネスに初めから興味・関心がある人だけ集めて、話をしていけばいいのです

えっ?そんなことが可能なのかって?

もちろん、可能ですよ!

当たり前のことです。

インターネットを使えば、誰もが簡単にMLMに興味のある人を集めることができます。

その具体的なノウハウについては・・

まずは、こちら下記から受けられる無料メールセミナーで習得してみて下さい。

↓↓下記フォームに名前とメールアドレスを入力して送信して下さい

名前
メールアドレス

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【PR】

もしあなたが、人を説得して、自分のビジネスに参加してもらって、良好な関係を築いて、自分が関わるビジネスでリーダーシップを発揮したり、セールスで圧倒的な結果を残して成功したいと願っているなら・・・

日本の一般の書店では手に入れることのできないこの本を、今すぐ、必ず読むべきだ!

↓↓ココをクリック
この知識を知っているか知らないか・・それが運命の分かれ道になるでしょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です