フォーデイズの和田佳子社長が語る、本来あるべきビジネス姿勢の重要性とは?


原点に戻って、会員に利益をもたらすことが重要 
~フォーデイズ 和田佳子 社長~

15期連続増収を達成し、成長を続けているフォーデイズ。

和田佳子社長は、「ネットワークビジネスの原点に戻って、会員に利益をもたらす」ことが、市場を拡大させる秘訣だと語る。

さらに、社会的評価を得るために、もっと教育が必要であると訴えている。

そんな和田社長に10個の質問をインタビューし、その回答があるのでご覧下さい。

<企業DATA>
【本社】東京都中央区
【創業】1997年4月
【主力製品】核酸ドリンク「ナチュラル DNコラーゲン」

フォーデイズの和田佳子社長が語る、本来あるべきビジネス姿勢の重要性とは?

 

質問1~世の中にどんな貢献をもたらしてきたか
健康と美容・就業機会の提供・社会への貢献

1つ目は、高品質な製品を提供することで、多くの方に健康と美容をもたらすことができたと自負している。

2つ目は、就業の機会を提供できたことである。

フォーデイズ・ビジネスで収入を得る方が増えたことで、地域活性化にもつながっていると言えるだろう。

そして、3つ目は社会への貢献である。

フォーデイズでは、ネパールの自立支援や東北復興支援活動、日本の伝統文化支援、障害者の自立支援などを行っており、私たちが生きている社会をより良くするために活動している。

 

質問2~製品ポリシーと報酬プランの特徴
語らずとも人の思いが伝わる製品

製品ポリシーは、「語らずとも人の思いが伝わる」製品でありたい。

ネットワークビジネスは、人と人との信頼関係で製品が流通する仕組みであるが、その人間関係に甘んじるものではいけない。

やはり一般市場に流通している製品と比較しても引けを取らない、高品質な製品であることが必須だ。

また、愛用者の皆さんが製品を紹介するという点において、エビデンスも欠かせない。

これからも「語らずとも自ずと思ってくれているというのが通じる」製品を作っていきたい。

報酬プランは、平等であることが特徴。

ノルマや期限を設定していないため、継続的に活動すればするほど、グループ流通量が蓄積されていき、収入が上がっていく仕組みになっている。

 

質問3~事業を継続できた秘訣
会社と会員の距離が非常に近い

15期連続増収を達成できたのは、会員の皆さんと社員のおかげであり、感謝の気持ちでいっぱいだ。

素晴らしい会員の方々が多く、フォーデイズの15年間は本当に恵まれていたと感じる。

また、会社と会員の距離が非常に近いことも、事業を継続できた秘訣の1つである。

会社から会員の皆さんへお願いすることもあれば、会員の皆さんからの要望を叶えることも多く、対等で強固な信頼関係を築くことができているのではないか。

 

質問4~ネットワークビジネスの最大の魅力
初めてでも取り組みやすい仕事

グループには、経験豊富なリーダーがいるので、新しいメンバーに仕事のやり方などを丁寧に教えてくれる。

初めて参加する方でも、比較的取り組みやすい仕事と言えるだろう。

都市部だけでなく、地方でもできる仕事というのも大きな魅力だ。

 

質問5~トップとしてやっていて良かったこと
多くのメンバーが成功したことが嬉しい

数多くのメンバーが成功したことが一番嬉しい。

この15年間で多くの方々と出会い、さまざまな人生を見せてもらったので、私は孤独感を感じることがなかったと思う。

それから、社員の離職率が低いことも嬉しい。

 

質問6~市場を拡大・成長させるには
それぞれの企業がきちんとした経営を続けていく

それぞれの主宰企業が、自社の成長をめざし、正しい流通を実現し、会員の皆さんの経済が自立すれば、自然と市場は拡大すると言えるだろう。

企業として当たり前のことを当たり前に実行して、きちんとした経営を続けていくことが重要である。

さらに、ネットワークビジネスの場合は、もう一度原点に戻って、会員の方々に利益をもたらす(会員が儲かる)ことが、成長の秘訣だと思う。

「良い製品を投入する」という施策1つをとっても、売り上げを上げるためだけではない視点がなければならない。

会員の方々に利益をもたらすことに、投資を続けられるかどうかがカギである。

 

質問7~ビジネス会員を増やすための方策
魅力的な場面をたくさん創る

フォーデイズにとっても大きなテーマである。

これは、会員の方々にとって、魅力的な場面をどれだけ創れるかにかかっている。

会員の方々が「仕事をしよう!」とスイッチが入るのは、魅力的な人の姿を見たときと、魅力的な環境の中で感じるときの2つしかないと思う。

どんなに熱心に声をかけても、人の心は理論だけでは動かないだろう。

そのため、会員の皆さんに「参加したい!」と感じてもらえるイベントを企画するなど、魅力的な場面をたくさん創っていきたいと考えている。

 

質問8~ネットワークビジネスの認知向上と健全化
認知は変わっていないが大学院教授の評価が高かった

認知向上という点では、以前とあまり変わっていないと思う。

ただ、私が大学院に通ったときに感じたが、教授たちがネットワークビジネスというビジネスモデルの価値を、経済理論に基づいて評価してくれたことは、私の中で大きな自信となった。

ネットワークビジネスの認知向上は、業界の外観ではなく、内側に存在する問題ではないか。

つまり、ビジネスに携わっている人たちが、自分たちのビジネスに心から誇りを持っているかどうかが重要である。

誇りを持っていれば、自分の大切な家族にきちんと説明ができるだろう。

ネットワークビジネス業界に携わる一人ひとりが、地道にそのような努力を続けていくことが、認知向上につながる一番の秘訣だと思う。

もちろん、主宰企業としても、一般の方々に見える活動を実施していく必要がある。

社会貢献活動や東北復興支援など、会員の皆さんが胸を張ってフォーデイズを語れる活動を続けていきたい。

 

質問9~社会的評価を得るために取り組むべきこと
企業としてあるべき知識と教育・モラルを身に付ける

フォーデイズでは、社員の教育に力を入れている。

それは、ネットワークビジネスのモノを売るための教育ではなく、企業としてあるべき知識と教育、モラルを身に付けるための教育が一番必要であると考えているからだ。

その一環として、私だけでなく、社員にも大学院へ通わせている。

企業は人が作るものであり、人の素質で企業の価値が決まっていくと思う。

社会的評価を得るためにも、企業の価値を高めていくためにも、教育は欠かせない。

 

質問10~貴社と業界の2020年はどうなるか
売上高500億円を達成したい

フォーデイズとしては、売上高500億円を達成していたい。

そのためには、会員の方々の満足度が高い企業にしていかなければならない。

例えば、初めて参加する主婦でも仕事に取り組みやすくなるように、バックアップしていきたい。

それと、若年層の会員を増やすことも目標である。

業界の2020年は、横ばいと予測する。

企業として、業績を上げていくことは重要であるが、そのために焦ってはいけない。

売り上げのみを求めて、過量販売が横行するようであれば、市場規模が減少することも考えられる。

 

以上、インタビューの回答は如何でしたでしょうか?

このように、フォーデイズは今と今後をときめくネットワークビジネス業界の素晴らしい優良企業の一社です。

フォーデイズであっても、その他のビジネスであっても、このように成功して昇っていく事業には共通した成功法則というものが存在しているのはご存知でしょうか?

その成功法則を、無料のメールセミナーという形であなたにお伝えします。

下記の登録フォームからメールアドレスを登録して下さい。

一切無料ですので、当然あなたにリスクはありませんよ。

↓↓下記フォームに名前とメールアドレスを入力して送信して下さい

名前
メールアドレス

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

無残に失敗したいですか?それとも・・成功したい?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です