マーケティングってそういうことだったの!?を読んで


モノを売るのは、そもそも簡単なのか?それとも難しいのか?

モノを売ることの本質を一言で言うと、それは・・

「ほしいと思ってもらえるものを、買ってもいいと思われる値段で売ること」

になると思います。

まぁ、当たり前といえば当たり前のことですが。

そこで必要になってくる考え方が、

・ではどうすれば欲しいと思ってもらえるのか?
・どうすればその値段で買ってもいいと思ってもらえるのか?

ということであり、その答えこそがマーケティングだと言えるのだと思います。

その答えをしっかりと導いていくために学ぶことが重要になってくるわけですが、では一体どうやって、何を学んでいけばいいのか?

マーケティングとは様々な要素で構成されています。

・ターゲット
・商品
・セールス
・プロモーション
・広告
・インターネット戦略

ここに挙げたのはほんの一例で、まだまだたくさんの要素で構成されている分野ですから、それぞれ個別に勉強したところで、一部を学んだというだけで実践的な勉強とは言えないかもしれません。

となると、重要なのは全体を見通すような勉強をすることです。

それを効果的に学ぶのに、下記の5ステップで学んでいくのがいいでしょう。

1、売ると売れるの違いや、売れるために何ができるか?といった、マーケティングとは何かについての根本的なことを学ぶ。

2、消費者の欲しいという気持ち、いわゆる「ニーズ」について学ぶ。どのように把握し、どこに注目すべきか?ここを学ぶことによって値引き競争に巻き込まれなくても売れるようになる基礎を作っていきます。

3、ある商品が発売されてから購入されるまでのプロセスについて学ぶ。

4、一度購入された後、何度も選んで購入してもらうにはどうすればいいのか?いわゆるリピーターになってもらってリピート購入をしてもらうということですが、ここで現代マーケティング最大のポイント、「ブランド」について学びます。

5、1から4までの事例を探して、実際の出来事と照らし合わせて学びます。

何度も繰り返すようですが、ポイントとなるのは細かいマーケティングスキルや用語をバラバラに覚えようとしないで、全体的なマーケティングの考え方として捉えることです。

基盤となる考え方さえマスターしてしまえば、個別の知識は後から楽に頭に入ってくるようになります。


PR

インターネットとネットワークビジネスの融合・・・

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!無料メールセミナー登録はこちら
[mwform_formkey key=”590″]

「あなたの会社が90日で儲かる!」を読んで


MBAは全く役に立たないということを聞いて、あなたはどう、考えるだろうか?

神田昌典さんの本を読んで、MBAを取っても結局儲けて、金を稼ぐことができなければ全く意味がないということが書いてあった。

これはもっともなことだと思う。

だけど、MBAが役に立たないというのは、ちょっと言いすぎなのではないか?と思うわけである。

そもそも何で神田氏はMBAは現実のビジネスには全く役に立たないのかと言っているかというと、それがそのまま金を稼ぐことのできるスキルではないからだということだからだ。

MBAで教えることとは、

・市場分析
・成長率分析
・競合分析
・データのチャート化
・事業戦略の立案
・プレゼンテーション

等である。

これらの力を駆使したところで、結局金を稼ぐことができなければ、会社は人を雇わないし、商品は開発しないし、お金も投資しないということだ。

だから、マーケティングやセールスといった、一見泥臭い活動こそしっかり行うべきものであるという考えであり、このこと自体には私も大賛成だ。

ただ、問題はこの先の話・・

泥臭くマーケティングやセールスをやって売れるようになることは基礎の基礎、そもそもビジネスの大前提だと考えて、これは達成できたとして、じゃあその先はどうするのか?

これが中小企業や零細企業だったり、社長の一声で全てが決まるオーナー会社であればいいですが、内部統制に厳しい上場企業、売上高が数千億円規模にのぼる巨大企業、世界各国に社員を抱えているようなコングロマリット企業の場合はどうでしょうか?

これくらいの規模の会社になれば、まずは儲けるのが第一という本音以外に、企業としての建て前が大切になってくるものです。

その建て前というのが、しっかりとしたデータに基づいて分析された考えを元に立案された事業戦略であったり、競合との比較分析であったりするわけです。

つまり、ここでMBAは大きな力を発揮するわけですね。

世の中の企業の90%近くは中小零細企業で構成されていますが、全体のバランス売上高の役60%は大企業で占められていると言われています。

この60%に対して大きな力を入れ発揮できるMBA効果は、決して無駄なものだとは思えません。

しかるに、マーケティングやセールスといった売る力をしっかりと備えた上で、MBAを持つということが一番の黄金パターンなのではないかなと思います。


PR

インターネットとネットワークビジネスの融合・・・

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!無料メールセミナー登録はこちら
[mwform_formkey key=”590″]

キャバ嬢ブログ戦略で滞在時間アップの勝ちパターンを伝授!


インターネットビジネスの世界において、最近はワードプレス、キャバ嬢戦略のアフィリエイターブログが上位表示されております。

例えばこちらのブログ

フォーデイズが営業停止処分?消費者庁立ち入り検査での対応策とは?!

こんな感じのブログがあふれかえってきていますよね。

最近のSEO対策は、「ページビュー(PV)、滞在時間」が大事です。

つまり、訪問者が他の記事もたくさん読む。

滞在時間が長くて、じっくり読んでくれている。

これが、SEO対策として重要になっています。

キーワードが大事だ、というのは、もちろん大前提の話です。

じゃあ、じっくりと読んでもらうにはどうしたらいいのか?

それは、焦らして焦らす、キャバ嬢戦略が良いです。

それは、お客に目的をなかなか遂行させないで、焦らす、期待を持たせる、焦らす、という戦略です。

・ポッキー食べたい

・フルーツ食べたい

・もっと飲んでいいですか?

・ボトル入れませんか?

・もっと高いボトル入れませんか?

・同伴しませんか?

・また来てくれますか?

 

男は、下心をもって通い詰めます。

ようは、出来る限り長引かせるのです。

これが、ブログで言えば、滞在時間を延長させることが出来るのです。

※キャバクラ嬢ダラダラ引き延ばし戦略の構成

記事タイトル(h2タグ)
0.画像
1.総論 &目次
2.各論1(h3タグ)
各論2(h3タグ)
各論3(h3タグ)
各論4(h3タグ)
各論5(h3タグ)
3.結論(h3タグ)
4.アフィリエイト宣伝スペース(プラグインで自動挿入)
5.関連記事、その他お勧め記事

見本はこんな感じです。最近は全部こんな感じのブログばかりですよね

サーチコンソールの登録方法と初心者でも分かる使い方

たとえば、「ハンバーガーのカロリーが知りたいなー」と思って検索したら、出てきました。

で、記事を読んでみたら、

・ハンバーガーのカロリーを知る前に、事前知識を知ろう!

・ハンバーガーとは何か?

・ハンバーガーは本当に太るのか?

・ハンバーガーには犬の肉がまざってるって本当?

・世界各国のマクドナルドの味は違う?世界事情とは?

・ハンバーガーの牛って、どんな牛?

・牛の末路は?

みたいなことを、ダラダラダラダラと説明して、

「はやく、カロリー教えろよ!」

と思いながら、スクロールする。

これで、滞在時間を稼げます。

 

そしてやっと最後にカロリーを・・・・・・・

 

と思ったら、

「カロリーを知りたければこちら!クリック!」

で、ページビューを増やす。

または、

「ステーキのカロリーも知りたくありませんか?」

「豚骨ラーメンのカロリーは意外にも低かった!?」

みたいな、関連記事のページを下にリンクさせます。

 

キャバ嬢で言えば、

「あ、ごめん、指名が来たから、もっとかわいい女の子来させるから待っててね」

で、別の女の子が来て、また無限地獄へ入ります。

 

※キャバ嬢の話は私のイメージで作り上げた想像の話です。
実体験ではありません。

 

==================================================
以前のSEO的な記事の書き方は、

キーワードを細かく細分化して、記事を書く、と言うことでした。

たとえば、「アムウェイ 鍋」 で記事を書くとすると、

下記のような3つの組合せがあります。

アムウェイ 鍋 値段
アムウェイ 鍋 取っ手
アムウェイ 鍋 レシピ
アムウェイ 鍋 使い方
アムウェイ 鍋 評判
アムウェイ 鍋 危険
アムウェイ 鍋 価格
アムウェイ 鍋 ih
アムウェイ 鍋 取っ手 交換
アムウェイ 鍋 取っ手 購入
アムウェイ 鍋 取っ手 修理
アムウェイ 鍋 取っ手 通販
アムウェイ 鍋 取っ手 種類
アムウェイ 鍋 レシピ シフォンケーキ
アムウェイ 鍋 レシピ本
アムウェイ 鍋 レシピ 玄米
アムウェイ 鍋 ih対応
アムウェイ 鍋 ih 値段
アムウェイ 鍋 ih 対応確認
アムウェイ 鍋
アムウェイ 鍋 収納
アムウェイ 鍋 ゆで卵
アムウェイ 鍋 セット
アムウェイ 鍋 種類
アムウェイ 鍋 炊飯
アムウェイ 鍋 デモ
アムウェイ 鍋 レシピ 唐揚げ
アムウェイ 鍋 レシピ 本
アムウェイ 鍋 レシピ ご飯
アムウェイ 鍋 レシピ おかゆ
アムウェイ 鍋 ih 使えない
アムウェイ 鍋 取っ手 楽天
アムウェイ 鍋セット 価格
アムウェイ 鍋セット 激安
アムウェイ 鍋セット レシピ
ヤフオク アムウェイ 鍋セット
アムウェイ 鍋デモ メニュー
アムウェイ 鍋デモ レシピ
アムウェイ 鍋デモ 24ヶ月
アムウェイ 基礎 鍋デモ

以前は、これらを別々のページで上から順番に記事を書けばアクセスが集まりました。

しかし、最近は違ってきています。

1ページにすべてのキーワードをぶち込んだ、長文の記事がSEO的に有利です。

 

たとえば、下記のような構成にします

================================
総論
アムウェイの鍋って評判いいけど、実際どうなの?本当なの?

各論
アムウェイの鍋ってどこで買えるの?

アムウェイの鍋の値段と性能は?

アムウェイの鍋の使い方あれこれ

アムウェイの鍋で作れる料理のレシピいろいろ

アムウェイの鍋が壊れたら修理は?取っ手は?

アムウェイの鍋が危険って噂は本当?

アムウェイの鍋を使ったデモを見に行く

アムウェイの鍋を実際に使ってみた私の感想とは

 

結論 まとめ
結局アムウェイの鍋はお勧めできるのか?どうなのか?

================================

こんな感じで、アムウェイ鍋関係のキーワードをすべてぶち込んだ記事にします。

当然長文になりますので、3000文字以上となります。

時間もかかりますよね。

だから、30分で一記事は書けませんので、副業でやっている人には2~3日がかりになるかもしれません。

私の場合だったら、最低でも2時間以内に済ませます。調査時間も含めて。

で、後日ちょこちょことアレンジ、追加、訂正、修正はします。

そして、記事下には、「関連記事」「他の方はこんな記事も読んでいます」

みたいな感じで、他の記事へのリンクを貼ります。

 

「アムウェイにはまる芸能人の末路とは?」

「アムウェイが稼ぎ続けるビジネスモデルの仕組みとは?」

「アムウェイで実際に稼げている成功者は何パーセント?」

「アムウェイの平均月収はいくらか気になりませんか?」

 

これは、ワードプレスや無料ブログのテンプレなら、自動的に表示されるものありますね。

こうして、自分の記事内を検索者がぐるぐる回ると、ページビュー(PV)があがり、滞在時間が増え、直帰率が減ります。

最近はこのような記事の書きかが、SEO的に有利のようです。

それについて、補足の説明です。

たとえば、「アムウェイ 鍋」で記事を書く場合、

「アムウェイ 鍋」関係のキーワードを網羅して、

3000文字程度での情報量の多い記事を書けば上位表示されやすい、と話しました。

それは「アムウェイ 鍋」で検索した時に、ヒットするSEO効果です。

なので、今まで通り、細かなキーワードを500~1000文字程度で記事を書いていってももちろん、効果は大です。

アムウェイ 鍋 値段
アムウェイ 鍋 取っ手
アムウェイ 鍋 レシピ
アムウェイ 鍋 使い方
アムウェイ 鍋 評判
アムウェイ 鍋 危険
アムウェイ 鍋 価格
アムウェイ 鍋 ih

これらの各キーワードを3000文字で書かないとダメ、と言う意味ではないです。

 

●幅広い関連キーワードを網羅した、3000文字記事

●細かいキーワードで書いた、500~1,000文字の量産記事。

 

このどちらも有効ですから、両方の記事に挑戦してください。

 

あと、最近はブログのタイトルよりも、個別記事のタイトルが優先されてSEO効果が出ています。

たとえば、ブログのタイトルが

「はっしーの毎日更新がんばるブログ」

であっても、個別記事のタイトルがしっかりSEO対策されていたら、上位表示されています。

ひと昔まえでは考えられない事でした。

ただ、これもまたすぐに変わる可能性はあります。

キーワードで記事を書く際は、必ず検索者の知りたいことを想定して記事を書いてください。

たとえば、「歯医者 宇都宮市」で記事を書く場合、

 

× 宇都宮市の歯医者の1日を想像してみました。

〇 宇都宮市でママからの評判がいいい歯医者、ベスト3

 

それと、最近のSEO対策は「読み手の役に立つ内容の良い記事を書け」と言われています。

この表現が、初心者にとっては理解が難しく、

「良い記事って何?」

となって、ペンが止まってしまいます。

 

SEO対策上の「良い記事」とは、文章がうまいとか、感動するとか、ストーリー性があって面白いとかではありません。

1.狙ったキーワードの関連キーワードに関して、網羅した情報。

2.総論、各論、結論という、三段論法の構成。

3.ポジティブ面とネガティブ面の両方から調査している客観的記事

4.検索者が知りたい情報を記載している記事

最近はインターネットビジネスを行うにあたって、wordpressを使う方が増えてきました。

アフィリエイターは完全にwordpressで、無料ブログを使っている人は見かけなくなりました。

なので、最初は無料のブログで構いませんが、いずれwordpressを使ってください。


PR

インターネットとネットワークビジネスの融合・・・

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!無料メールセミナー登録はこちら
[mwform_formkey key=”590″]

22歳の大学生が1億円稼いだ、ありえないマーケティングを読んで


実は勝負の大半は、戦う前に決まっていると聞くと、あなたはどう感じるでしょうか?

これは孫子の兵法でも説かれていることです。

実は、市場創出ということを考える場合、これほどシンプルで、且つ本質を突いたな考え方は他にないと思います。

それは、競合が全くと言っていいほど存在しない市場で1人旗を振る、というだけで実現してしまえるものなんです。

他にライバルはいないのですから、そこで一人手を挙げていれば当然自分しか頼める人間はいないわけです。

つまり、誰が見ても自分以外に頼む人間がいない状況を作り上げてしまえば、そこで既に価値は決まったようなものです。

これにはある有名な理論がありますね。

そう、「ブルーオーシャン戦略」です。

青い海とは平穏で、何も邪魔するものがいない穏やかな海のことです。

対立概念としてレッドオーシャンというものがありますが、これはライバルがひしめく激戦の海のことです。

つまり競合がたくさんいる市場ということですね。

このブルーオーシャン戦略を実践することによって、仕掛けた時点で既に勝負はある程度決まってしまうということになるわけです。

このブルーオーシャン戦略を成功させる、つまり新しい市場・新しい価値を創り出す上で一番重要なことは何かというと、「唯一無二である」ことです。

マーケティング用語で言うと、これをUSP(ユニークセリングプロポジション)と言います。

簡単に言ってしまえば、「オンリーワン」であるということが重要なポイントになってくるわけです。

オンリーワンであれば、あなた以外にその価値を提供できる人がいないわけですから、当然のごとくあなたが選ばれるというわけです。

そうすれば黙っていても一番になれます。

まさにこれこそが、勝つべくして勝つということになるわけです。


PR

インターネットとネットワークビジネスの融合・・・

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!無料メールセミナー登録はこちら
[mwform_formkey key=”590″]


ネットワークビジネスではよく言われている誘い文句・・・

5人だけ紹介すれば誰でも稼げますよ!に騙されないで・・