クロスガーデン調布の観察から読み解くマーケティング戦略の真髄


クロスガーデン調布に行ってきました~

ちょうど昨日、2017年4月28日(金)にグランドオープンをしたばかりだということで、ミーハー的なノリで行ってきたわけです。

調布というより、駅でいうと京王線のつつじヶ丘駅が一番近いですね。

それにしても、こうゆう大型のショッピングモールのOPENに出掛けるのって、すごくワクワクしますよね。

なんだかお祭りに行くみたいな気持ちになります。

今日がグランドオープン2日目なわけですが、やっぱりたくさんのセールをやっていましたよ(^_-)

シューズショップやスーツセレクト、色んなお店を見て回ってきましたが、半額セールとかが当たり前のようにやってました。

安いのと、それに伴ってお祭り的な雰囲気も手伝ってか、来場客も多くて賑わっていましたね。

マーケティング戦略的に考えてみると、こんな風に顧客の心をワクワクさせて、楽しい感じに持っていくというのは、簡単そうに見えて実に奥が深いものなんですよね。

私自身も天然石アクセサリーショップの立ち上げに関わったことがあり、物件探しや内装・外装工事業者の選定や交渉。

電話回線やネット回線の手続きやアルソックの警備サービスとの価格値引き交渉だったりとか、ガラスケースの手配や店内レイアウトを考えることや商品の選定まで。

もう大変なてんてこまい状態でしたが、あらゆる準備を行って無事に店舗OPENまで漕ぎつけたわけです。

でも、お店としてはすごくオシャレで高級感もあって、我ながら素晴らしいショップだと思っていたにも関わらず・・

お客さんが全然こないんですよ。

ホント「なんでなんだ?!」「一体何が起こっているんだ?」

という絶望的な気持ちになりました。

いま思い出しても恐怖ですね、やっぱり。

でも、いま思えばその原因は明らかなんです。それは・・

【本当にお客さんにワクワク感を味わってもらえるお店なのかどうか?】

この一点に尽きるわけです。

たとえ粗末な店構えで、品数が乏しくて店員さんが不愛想だったとしても、来たお客さんが何かワクワクできるようなところがあれば、もうそれで成功なんですよね。

上の条件に当てはまるというわけではないですが、例えばどんなお店がワクワクできる典型的なお店なのか?

・ドンキホーテ
店内はごちゃごちゃしていて決してキレイとは言えないですけど、色んな商品が揃っていて人もごった返していたりして、思わぬところのあっと驚くような商品を見つけたりして、何だかお祭り的な感じでワクワクしませんか?

・IKEA
店内を歩くと、家族が揃う部屋や子供部屋、またはお父さんのシックな仕事部屋・書斎といった形で、本当に生活感溢れる感じでモデルルームが作られていて、歩くごとに違った部屋をいろいろと見て回れる・・もう、お店に行くことがひとつのエンターテインメントだと言っても過言ではないくらい楽しかったりします。

これなんですよ。大切なのは。

だからマーケティングを考える上で、如何に立派なお店にするか、商品をどこよりも充実させるか、といったことももちろん大切ではあるのですが、その根幹には必ずお客さんをワクワクさせる、という視点を持たなければ成功はあり得ないというわけです。

流行っているお店にいってそこを考えながら観察してみると、よくわかりますよ。

そしてこの考え方は副業で稼ぐためにも大切な視点なわけです。

お客さんをワクワクさせる、つまり心を攻略すればどんなビジネスだって8割方成功したようなものなんですね。

ぜひ、覚えておいてくださいね。


PR

インターネットとネットワークビジネスの融合・・・

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!無料メールセミナー登録はこちら
[mwform_formkey key=”590″]


ネットワークビジネスではよく言われている誘い文句・・・

5人だけ紹介すれば誰でも稼げますよ!に騙されないで・・

パズドラが仕掛けるエモーショナルマーケティングとコラボガチャの秘密とは?


パズドラって、最近は人気も割と落ち着いてきて話題に上ることも少なくなってきた感があります。

が!

なんと最近になってハマってきてしまいました。

始めた当初は全く興味がなく、周りの友人達から毎日のように一緒にやろうぜ!

みたいなノリで誘われていましたが、一切ダウンロードすることもなく半年以上経ってからやっとダウンロードしてみたくらい関心がなかったのでした。

周りの友人達はせっせと課金をして、数十万円使っている人もいた感じでしたが、私は全く課金せずダラダラとやってました。

あれから約3年・・

いま、めっちゃやり込んでます。

ランクはもうすぐ420に届くくらい。

まぁ、もっともっとやり込んでいる人はいるので、420くらいのランクでは鼻で笑われるかもしれませんが笑

でも、全くの無課金でここまでやり込んでるとしたら、凄くないですか?

そう、私は実は一度もパズドラで課金したことがないのです。

どうしてもここで魔法石が欲しいと課金の衝動に駆られたことはありますが、しませんでした。

何故なら、一度課金してしまうとお金を使うことに対する心の中の障壁がググっと下がってしまい、課金することへの抵抗感が低くなり、気軽に、気楽にお金を使ってしまうなと感じたからなんですね。

私の場合、一旦そうなってしまうともうお金を使う頻度や金額がとんでもない程高くなってしまうでしょう。

そうなったら一年で100万円以上使ってしまうと思われます。

怖いですよね。

でも、スマホ用のアプリゲームで課金があるタイプのものは、全てこの仕組みを利用しています。

人間がついついお金を使ってしまうと心理を研究し尽くし、簡単な気持ちでお金を使ってしまうような仕掛けを設け、巧みに仕組みを作り上げています。

そう、近年見る世界的な大企業が仕掛けているどのようなビジネスと比べてみても遜色しないほど、マーケティングが圧倒的に上手なんです。

今のネット全盛の社会では、特にお店を持つことなく、会社を設立する必要もなく、ましてやアプリを作る能力がなかったとしてもアイディアを伝えれば作る能力がある人に仕事を依頼して、個人でアプリを作ることだって可能です。

つまり、単純でも面白いアイディアひとつと、お金を使わせる仕掛けを組み込んだ仕組みを構築できるマーケティング知識さえあれば、一個人が大企業と対等に渡り合えるビジネスを展開することも可能な世の中になったのです。

世界中の人に行き渡りつつあるスマホのネットワークを介して、まさにあなたの手の中だけの世界で世界をまたにかけた、一見スモールに見えるビッグビジネスを手掛けることができるんですね。

本当、とても面白い世の中になってきていますよね。

こうなると、気軽に副業から始めてみたスマホビジネスが、世界的な規模に成長する可能性もあるというわけで、月収15万円どころか、数百億円の収入が目指せるレベルになることも、夢物語ではないということなんですね。

で、その中でも抜群で仕掛けが上手だなーと感じたゲームが、パズドラというわけなんですね。

私がハマったきっかけが、パズドラと色んなアニメや映画や漫画とのコラボです。

少年時代に読んだ漫画とか、普段は思い出さないけど急に言われると思わず「懐かしいな~」と思えるような絶妙なところをコラボとして使っていると思います。

主に消費者の感情に訴えかける、エモーショナルマーケティングが効いてきています。

それも、もの凄いエッジを効かせて笑

中でもお気に入りのモンスター群が、

・るろうに剣心の、新撰組三番隊隊長、斎藤一
・ハンター×ハンターの、カイト
・同じく、キルア
・聖闘士星矢の、フェニックス座の一輝
・同じく、アテナの沙織
・烈火の炎の、花菱烈火
etc..

まだまだありますが、長くなってしまいそうなのでこの辺でやめときますが・・

まさに世代の漫画です。

こうゆう人への懐かしさとか、何か感情を刺激するようなマーケティングの仕掛けを使えるアイディアひとつがあれば、ビッグビジネスに大化けする副業を担えることも、きっと出来ると感じますよ。


PR

インターネットとネットワークビジネスの融合・・・

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!無料メールセミナー登録はこちら
[mwform_formkey key=”590″]


ネットワークビジネスではよく言われている誘い文句・・・

5人だけ紹介すれば誰でも稼げますよ!に騙されないで・・

いこいの湯と港北の湯の天然温泉事業とリッツカールトンホテルの相関性を考えてみた


先日、冬も本番になってきたことから「どこか温泉にでも行こうか?」と思い立ち、家族で行くことにしたんです。

私は東京の西の方に住んでいるので、そこに「いこいの湯」という源泉かけ流しの有名な温泉があることから、そこに行こうとしていたんですが、たまたま昼くらいに横浜の方に行く用事があり、横浜に行ったんです。

用事はすぐに済むはずだったんですが、割と長くかかってしまい、18:00近くまで新横浜で過ごすことに・・・

昼の14:00くらいにはいこいの湯に向かう予定が大幅に狂ってしまいました。

ここ2週間くらいあまり休んでいないのもあって、どうしても源泉かけ流しの素晴らしい温泉に入りたいと思っていたのですが、遅い時間になって横浜からわざわざ多摩境の方まで車を飛ばす余裕もなく・・

仕方なく別の温泉に行こうという話になったんです。

で、色々調べて近場にあった温泉が「港北の湯」という温泉でした。

横浜に天然の温泉があるとはそれまで知らなかったのですが、なんと港北の湯は黒湯の天然温泉だとのこと!

これは!と期待して入ってみたら・・

見事に大当たりな温泉でした。

ゆっくりと温泉に浸かって、おいしい料理も食べて、すっかり気持ちも和らぎ疲れもぶっ飛んだ感じで大満足できたんです。

さて、ここからが本題に入るわけですが・・・

なぜ私は温泉に入ってここまで大満足できたのか?

予定通り多摩境にあるいこいの湯に行けていたとしたら、同じくらいの満足を味わうことはできたのでしょうか?

たぶん、これほどまで満足感は得られなかったのではないかなと思うわけです。

同じ温泉なのに、変な話だと思いませんか?

予定通りに行きたいと考えていた温泉に行けた方が、満足度は高いと思います。

普通はそう考えますよね。

その満足感は温泉事態というよりも、こんな思ってもみなかったところに、こんなに素晴らしい天然温泉があったのか?!

という「意外性」にあるのだと考えています。

これはマーケティング的にもとても重要な考え方だと思っています。

全く予想もしていなかったところで、その消費者が心から望んでいる欲求を満たしてあげる。

これは満足と同時に、お客さんの心に感動を呼び起こします。

で、この意外性というものは意図的に仕掛けることも可能なんですよ。

世界的に有名なリッツカールトンホテルがありますが、リッツカールトンでは満足を超えた感動を顧客に与えるという戦略で、他ホテルとの差別化を図り、圧倒的な地位を確立しています。

つまり、ところどころに消費者にとっての意外性をサービスの中にちりばめて、常に感動を与え続けることで、完全に顧客をファン化し、半永久的なリピート顧客に育て上げ、生涯顧客を増やし、顧客生涯価値を上げていっているんですね。

確かに一朝一夕でできることではなく、簡単ではないのかもしれません。

でも、あなたは何かビジネスを始めたり、起業でも副業であっても、もしくはサラリーマンとしての日々の仕事の中でも構いません。

この顧客感動に基づいた顧客生涯価値を上げていくという視点を持って仕事を進めるのであれば、安定した成功に向けてかじ取りをすることができるのではないかと、この出来事からの経験で思うわけです。

ぜひ、考えてみて下さいね。


PR

インターネットとネットワークビジネスの融合・・・

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!無料メールセミナー登録はこちら
[mwform_formkey key=”590″]


ネットワークビジネスではよく言われている誘い文句・・・

5人だけ紹介すれば誰でも稼げますよ!に騙されないで・・

氷室京介のLAST GIGSで東京ドームに行ってきました!!


氷室京介が耳の不調を理由に活動休止を宣言してから約2年が経とうとしてますが、最後のライブ公演ということで4大ドーム公演のツアーをすると発表していましたね。

このことを聞いて私はかなり旨が躍りました。

なんせ小学生の頃、既に解散してしまった後にBOOWYの存在を知って一気にファンになって、中学生、高校生の青春時代にはBOOWYや氷室京介を聴きまくり、高校生でバンドを始めた頃にはBOOWYの曲をカバーしまくったり、社会人になってから、結婚して子供も生まれて、今に至るまでずっと聴いているくらい好きだったんですが、、

一つ、物凄く後悔していることがあったんです。

それは、BOOWY時代のLAST GIGSに行けなかったことなんですね。

このラストギグスの公演は僕が小学校2年生の頃でしたし、親も氷室京介や布袋寅泰のファンでもなかったし、何より僕もこの頃はBOOWYの存在も知らなかった頃なので無理もないんですが、、

まぁ、死ぬまでに1度は行ってみたかったと思うライブの一つだったんです。

それが、まさか氷室さんの活動休止に伴うライブでLAST GIGSに再び出会うことができるなんて、と感激したわけです。

氷室京介のLAST GIGSで東京ドームに行ってきました!!【LAST GIGS】

もちろんBOOWY時代の曲もたくさん演奏されましたよ!

ずっともう叶わぬ夢だと思っていた夢のライブを味わうことができるなんて、ホント感動飛び交う時間でした。

氷室京介のLAST GIGSで東京ドームに行ってきました!!【氷室京介】

ただ、今の僕はマーケティングコンサルタントです。

ただ楽しんで、感動を味わっているわけではないんですよ~

このようなイベントではどのようなものが1番効果的に売れるのか?

また、どうすれば売れるものを見極めることができるのか?

という視点で色々と考えました。

これ、もう職業病ですよね笑

マーケティング的に目に付いたのは、大きく2点、ありました。

1、顧客の感情に即したエモーショナルマーケティング
2、ニーズに基づいて訴えかける販売戦略

まずは1の解説から。

顧客の感情を刺激して購買欲求を高めることをエモーショナルマーケティングと言いますが、LAST GIGSの会場ではグッズをツールとしたマーケティングが展開されていましたね。

まずは氷室京介のオーソドックスなグッズと、LAST GIGSツアー限定のグッズを別々の列に分けて販売していたこと。

そりゃあ、みんなツアー限定グッズを欲しがるわけですよ。

だって、ここでしか手に入らないという個数限定、いわゆる期間限定の商品なわけですから。

ファンであれば、こうゆうのは物凄く欲しいわけです。

普通のグッズにも多くの人が並んでいましたが、やはりツアー限定グッズの比ではなかったですね。

最近出したアルバムですが、このライブ会場で購入したら、公演日毎に違う、ツアー限定のアルバムジャケット、メモリアルスリーブケースをプレゼントしているという企画がありました。

僕は発売当時に最新アルバムを買って持っていたのですが、このメモリアルスリーブケース欲しさに、ついつい買ってしまうところでした。

仕事柄、つい冷静に考えてしまうクセが出たんですね~

買うの、留まりました。

今思うと、やっぱ買っておけば良かったかな〜なんて思うから、そこはファン心理ですね笑

こうゆうグッズは、お店とかネットとかでどんなにプロモーションをかけて売り込みをするよりも、ライブ会場という、顧客もある種異常なテンションになっているところの方が圧倒的に、爆発的に売れるもんです。

ライブ会場は、やはりビジネスの場。

しっかりグッズで、大きな売上をあげていることでしょう。

そして、2の解説。

このニーズですが、ライブ会場内で席に座っている時のことです。

売り子が必死に売っているものがあります。

それは何か?

なんてったってそこは東京ドームです。

そう、ビールですね。

でも、、「えっ、ビール?」

って感じしません?

別に野球を観に来ているわけじゃないんです。

ロックコンサートです。

ビール、そんなにいる?

って思うわけですよ。

ライブ前にビールなんて飲んだら、ライブ中の1番いいところくらいで、多分トイレに行きたくてしょうがないような状態になると予想しちゃうし、、

売れないでしょ。

実際、あんまり売れてませんでした。

せっかく売り子という直売スタッフがいるのだから、もっとその日のイベントに適したものを売ればいいのにと思いました。

例えば、僕はライブを楽しみに来てたのですが、他の観客がオペラグラスとか双眼鏡を取り出して色々見てるのを見て、

しまったぁぁぁぁあああーーー!!

と思ったわけです。

持ってこようと思っていたのに、楽しみにし過ぎててすっかり忘れてたわけです。

そんな時、もし売り子が

「オペラグラスいかがですかぁ~ったったの1000円ですよぉ~」

なんてきたらどうですか?

僕は100%買います。

なんでこれを販売しないのか不思議なくらいです。

なんせ、忘れたのを残念がりながら、わたしが販売者だったらオペラグラスや、その他コンサートでは必要なのに忘れそうなものを中心に販売戦略を組むと思うので、何で無いかなぁ~って思います。

観客の欲しがりそうなこと、必要に思うことを細かいところまで考え抜いて、しっかりマーケティング戦略を立てるというのは本当に大切なことです。

このブログをきっかけに、読者のあなたもぜひそんな視点で観察して、学んでみて下さいね。

そして、そんなマーケティングの知識を集大成させて、インターネットビジネスに活かしたモデルがあるんです。

それも、口コミをしない、インターネットマーケティングだけで行うネットワークビジネスモデルです。

専門の知識や実際の経験を元に、ネットのMLMビジネスで成功を外さないためのポイントを体系的にまとめたメールセミナーを作り上げました。

受講は無料ですので、ぜひ下記のフォームからメールアドレスと氏名だけ登録して、受けてみて下さいね。

無料で全くリスクもないのだし・・えいっ!とまずは行動してみる意思が、何よりもまずは成功の必須条件だと思いますよ。

↓↓登録はこちらから
[mwform_formkey key=”590″]


ネットワークビジネスではよく言われている誘い文句・・・

5人だけ紹介すれば誰でも稼げますよ!に騙されないで・・