孫正義さんから2つのアドバイス


孫正義さんが、高校生に講演した時に話した内容です。

私たちにも役に立ちますよ。

今回は、その内容をシェアします。

 

・・・・・・・・

 

ちょうど僕は皆さんの頃に決意して渡米したんですけれども。

やっぱり若いということは無限大の夢があって、その自分の持った夢に自分の人生はおおむね比例する結果を生む。

だから小さな夢だったらその夢の範囲の中でその夢の80%達成できるのか、50%なのかと。

やっぱり夢はできるだけでかい夢を持った方が良いんじゃないかというのが一つのアドバイス。

もう一つはその夢を達成できる人とできない人の唯一の違いは、その夢をどのくらい心の底から自分が

「達成したい」

とすごい強い決意をし、それの夢の達成に向かってもう恐ろしいまでの情熱で努力をしたかということだと思うんですね。

で、その夢は、夢の大きさっていうのは何も金額的な大きさとかじゃなくて良いと
思うんですよね。

もう、

「世界一おいしいパンケーキを作れる人間になりたい」

ということだって、でっかい夢だと思うんですよね。

「世界一上手になんかピアノが弾けるようになりたい。」

これもでっかい夢だと思うし。

「自分しか弾けない、その曲を作りたい。」ことだって。

僕は画家にも実はなりたかったんですよ。

小学校のときね。

僕がなりたかった画家は貧乏画家なんですよ。

要するにお金持ちの画家は、もうその時点で堕落していると。

人に売るために絵を描くんじゃないと。

展覧会に出すために絵を描くんじゃないと。

司会者:「どんな画家が好きだったんですか?」

僕はゴッホとかね、有名になる前のゴッホ。

司会者:「ゴッホは貧乏なうちに死んだんですよね。」

そう。だからゴッホのような生き様が一番尊敬できる生き様だと。

要するに画家ならね。

その展覧会に出して有名になるとかね。

画商を通じて高いお金で売れるという画家を目指すというよりは自分が一番描きたい絵。

世の中の常識と関係なしに自分が一番納得する、自分が一番描きたい絵。

それでも僕はものすごい素晴らしいでっかい夢だと思うんですよね。

どんな夢であれ夢を描き、それがある種の自分の人生に対するビジョンだと思うんですよね。

そういう自分の夢も明確に持たずに。

自分の人生に対するビジョンも持たずに。

ただ生きて行くために、どっかで給料をもらいに行くと。

「でも今は現状それしか仕方がないじゃん」

と言ってる間に人生あっという間に終わるから。

あっという間ですよ。

ほんとに。

あっという間に50代になり、60代になる。

そうは言うけど現実はこうだからと言って、先のそんな夢物語ばっかり語っててもダメだというかもしれない。

とりあえず目先の現実を踏まえてとか言ってる人ほど、その現実の世界から逃れられないまま人生が終わる場合が多い。

現実が厳しいからこそ、自分の夢を、自分の人生に対するビジョンを僕はしっかり持つべきじゃないかなと思う。

志高く

・・・・・・・・

 

まとめますと・・

・でっかい夢を持て!

・それに向けて強い情熱で、めちゃくちゃ努力せよ

・金儲けだけじゃない、夢はいろいろ

・何もしないと、人生、あっさり終わるよ

と、いうことですね。

ぜひ、参考にしてみて下さい。


PR

インターネットとネットワークビジネスの融合・・・

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!無料メールセミナー登録はこちら
[mwform_formkey key=”590″]

ブラック企業で過労自殺なんかする前に・・どうか、これを読め!!


先日、2017年4月27日に、日経新聞に違法残業に関する記事が出ていましたね。

電通で起きた過労自殺の事件を受けて、国が対策に乗り出したということなのでしょう。

電通を巡っては、今の段階でも様々な措置が取られていますね。

一例を挙げると、滋賀県などが発注事業の競争入札への参加停止の措置を取っていたりするとか。

今後も続いていくかもしれませんが、着実に社会的制裁が行われているわけですね。

でも、考えてみると過労死とか仕事を苦にしての自殺とか、ブラック企業問題が社会的に大きく取り上げられてきたのは最近のような気がしませんか?

ここ10年から15年くらいの間の気がします。

私が新卒で新社会人になった時・・

今から15年くらいの前の話になりますが、株式会社SFCGという、超ブラック企業に入社しました。

旧社名は商工ファンドという会社で、裁判がテレビで放映されたりして、社会的問題になったことから社名変更したらしいのですが、会社の中身まではそうそう変われるようなものではありません。

社長が神で、以下奴隷と言ってもいいようなとんでもない会社でしたね笑

創業社長の大島健伸さんは、元三井物産の超エリート社員。

30歳の時に起業して事業者金融業に参入し、一代で年商約800億円程の東証一部上場の大企業にまで育て上げました。

もちろん、このこと自体は心から尊敬できる程の偉業なのですが、その経営の仕方があまりにも、エゲツなかったのかなぁと、今でも思います。

まともに帰れた時は殆どなく、社員の自殺も数件あったような気がします。

リーマンショックを受けてからの流れで社会的な不祥事を起こし、10年くらい前に倒産してしまったのですが、もしまだ存続していたら電通よりも大きく取り沙汰される社会的問題企業として有名になっていたかもしれません。

でも、過労で自殺するくらいになってまで働かなければならないって・・

なんで日本はそんな社会になってしまったんでしょうね?

海外に目を向けてみると、朝の10:00くらいから17:00くらいまでしか働かず、お昼休憩後にはシエスタといって昼寝の時間も設けて、余裕で3時間くらい休んだりしています。

で、夜は夜で飲みに出掛けて、次の日来なかったりとかもあるとか笑

まぁ、この働き方がいいとは思いませんが、心の中に余裕を持って仕事はしたいですよね。自分を見失わないためにも。

多分上のような例の人達をちゃんと拘束するために今の会社で使われている労働時間や制度が整備されたのでしょう。

そりゃあ副業に走ったり、会社を辞めてこれからは個人の時代だという流れができるのも当然ですよね。

会社を辞めるのはもったいないとは思いますが、もしブラック企業に入社してしまったとしたら、視野が狭くなって過労自殺してしまう前に、心に余裕があるうちにスパッと辞めてしまうのは良い選択だと思いますよ。

そのための保険として、会社から給料を貰っている間に、少しずつコツコツと副業で自動的にキャッシュが入ってくる仕組みは作っていったほうが、絶対にいいと思います。

その具体的なやり方を、無料のメールセミナーでお伝えしますので、ぜひら一度受講してみて下さいね!

下記フォームに名前とメールアドレスを入力して送信して下さい
[mwform_formkey key=”590″]


ネットワークビジネスではよく言われている誘い文句・・・

5人だけ紹介すれば誰でも稼げますよ!に騙されないで・・

ネットワークビジネスは辛いか?簡単か?


ネットワークビジネスを続けていると、調子の良いときもあればがっくりくるような調子の悪い時も出てきます。

ぽんぽんと紹介者が出たり、自分のダウンさんの紹介が出たりして調子が良い時はうれしい気分になります。

でも、あるときその勢いは止まったり、グループ人数が減ったりする時が必ず来ます。

これは宿命なのです。株価と同じです。

上がったり下がったりを繰り返しながら会社や、株、人は成長していくのです。

根気が続かない人は、一つ目の壁であっさりとリタイアしていきます。

もっと根気がない人は、壁にぶち当たることさえ恐れて、何も行動しないままに辞めていきます。

そういったダウンさんを見るにつけて、

「ああ、私って何をやっているんだろうか・・・」

「このままやっても成功するのだろうか・・」

と不安になることは誰にでもありうることです。

もちろん、私も何十回もそういった波がやってきましたし、いまも毎回毎回やってきています。

もちろん、今のわたしはそういった波を大歓迎しています。

なぜなら今のわたしはわかっているからです。

「不安は私の成長の友達だ。不安こそが安定の源だ。」

という事が。

だから大歓迎なのです。

ネットワークビジネスを続けていると

「甘くはないな。」

そう思うときが来るでしょう。

そして、実際に甘くはありません。

これはネットワークビジネスに限りません。

アフィリエイトだろうが、
情報起業だろうが、
口コミビジネスだろうが、

今のりのりの新規立ち上げMLMだろうがなんだろうが、

「甘くはない・・・」

という壁が誰にでも来ます。

でも・・・・・・・

生き続けるには、人は生活をする為に働かないといけませんよね。

サラリーマンやOL、兼業主婦、パートをやらなければいけません。

朝早く起きて、通勤ラッシュを味わいながら、雨の日も、風の日も、台風の日も、地震の日も、なんであろうと、会社に行かなければいけません。

夜遅く帰ってきて、食事して風呂入って、明日の用意して、子供がいたら育児や洗濯もあるでしょう。

休みの日には家族サービス。

ゆっくり寝たいのに・・・・・・・・・

インターネットのネットワークビジネスは、「甘くはない」ですが、サラリーマンやOL、兼業主婦を60歳定年まで続けるよりは、「甘い」です。

はっきり言って、「甘い」です。

体調が悪ければ休めます。

雨が降ったら休んで良いです。

お酒飲んだらその日の仕事は辞めてもいいです。だれも怒りません。

組織が出来上がれば、ダウンさんが毎日頑張って活動をしてくれます。

インターネットが勝手に稼いできてくれます。

「甘い」です。

わたしは思うのです。

サラリーマンやOL、兼業主婦、もしくは専業主婦でも毎日毎日育児家事をしている方は、それほどの根性があるのであれば、誰だってインターネットのMLMビジネスで成功する事が出来ます。

誰にでも成功する可能性はあるんです。

可能性はあるんですが、結果的には誰もが成功するわけではありません。

この辺の「甘さ」と「辛さ」をよく理解できた人のみが、このビジネスで成功できると思います。

ぜひ、あなたは成功できる側にまわってくださいね!

そのためのノウハウは無料で提供できます。

下記の登録フォームから送信して頂ければ、きっと役立てるネットワークビジネス成功のいろはを盛り込んだメールセミナーをお届けします。

↓↓下記フォームに名前とメールアドレスを入力して送信して下さい
[mwform_formkey key=”590″]


ネットワークビジネスではよく言われている誘い文句・・・

5人だけ紹介すれば誰でも稼げますよ!に騙されないで・・

とあるスマホアプリゲーム会社が仕組んだ・・とんでもない陰謀の正体とは?


ふたりのビジネスマンがいました。

彼らはふたりともよく似ていて、見た目も、収入も、仕事内容もほとんど同じ。

通勤電車のルートさえも同じでした。

でも、違いもありました。

それは、片方のビジネスマンには「稼ぐ力」がある、ということです。

なぜならそのビジネスマンは、通勤電車の中で、あるいは空き時間を見つけては紙や電子書籍を開いて読書をし、新しいことをどんどん学んでいたからです。

・経営
・起業
・マーケティング

などの「専門書」を読んで勉強をしていたからです。

もう一方のビジネスマンは通勤電車の中や空き時間で「何」をしていたか?

それは、、、

・スマホのゲーム
・SNS

でした。

さて、この2人の「似ている」ビジネスマン。

1年後、2年後、3年後、、、

どれだけ差が付いていると思いますか?

結果は明らかじゃありませんか??

・・・

これについて、以前めっちゃムカつく情報が流れてきたことがあります。

とある経済界の大物とつながっている、大手コンサル会社の裏ルートからの話・・・

ケータイゲームを作っている会社や関連大企業の経営層が、

「バカにはゲームやらせときゃいいんだよ」

と言っていたそうです。

彼らは日本人がゲームに時間を費やせば費やすほど儲かるわけですが、、、

一方、日本人はどんどん馬鹿になり、それは日本の生産性を落とすことにつながります。

大企業の経営層である彼らは、自分たちが生きている間に「いかに儲けるか」ということが最大の関心事のようで、、、

彼らが作って広めたケータイゲームのせいで、日本人がどれだけアホになるか。

将来の日本がどれだけ弱くなるか。

というようなことは何も考えていません。

どうでしょうか?

ムカつきませんか?

でも確かに、スマホが登場する前はもっと電車の中で本を読んでる人が多かったように思います。

今はほとんどの人がスマホをいじっていて、もちろん電子書籍を読んでるのではなくSNSで薄いコミュニケーションをしていたりゲームをやったりしています。

そんなことをしていても、一時の時間つぶしにはなりますが、将来のために何の役にもたちません。

それに、

・稼ぐ力
・学ぶ力

これを身につけるためには、しっかりと濃い本をじっくり読む必要があると思っています。

【月刊ビジネス選書】というサービスで「本格的な分厚いビジネス書」が多いのには、そういう意味があります。

ゲームが100%悪いとか、SNSをやるなとか、そこまで極端なことは思いません。

息抜きもたまには必要でしょうから。

ただ、限られた時間を将来のためにどう有効に使うのか?

この月刊ビジネス選書サービスを日本中に広めることができれば、日本のビジネスマンにそれを考えさせるきっかけになるのではないでしょうか?

 

PS
月刊ビジネス選書では毎月その本の電子書籍が無料で配信されるので、かさばらず、電車の中などでも読みたい時にすぐ読むことができます。


PR

インターネットとネットワークビジネスの融合・・・

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!無料メールセミナー登録はこちら
[mwform_formkey key=”590″]