孫正義さんから2つのアドバイス


孫正義さんが、高校生に講演した時に話した内容です。

私たちにも役に立ちますよ。

今回は、その内容をシェアします。

 

・・・・・・・・

 

ちょうど僕は皆さんの頃に決意して渡米したんですけれども。

やっぱり若いということは無限大の夢があって、その自分の持った夢に自分の人生はおおむね比例する結果を生む。

だから小さな夢だったらその夢の範囲の中でその夢の80%達成できるのか、50%なのかと。

やっぱり夢はできるだけでかい夢を持った方が良いんじゃないかというのが一つのアドバイス。

もう一つはその夢を達成できる人とできない人の唯一の違いは、その夢をどのくらい心の底から自分が

「達成したい」

とすごい強い決意をし、それの夢の達成に向かってもう恐ろしいまでの情熱で努力をしたかということだと思うんですね。

で、その夢は、夢の大きさっていうのは何も金額的な大きさとかじゃなくて良いと
思うんですよね。

もう、

「世界一おいしいパンケーキを作れる人間になりたい」

ということだって、でっかい夢だと思うんですよね。

「世界一上手になんかピアノが弾けるようになりたい。」

これもでっかい夢だと思うし。

「自分しか弾けない、その曲を作りたい。」ことだって。

僕は画家にも実はなりたかったんですよ。

小学校のときね。

僕がなりたかった画家は貧乏画家なんですよ。

要するにお金持ちの画家は、もうその時点で堕落していると。

人に売るために絵を描くんじゃないと。

展覧会に出すために絵を描くんじゃないと。

司会者:「どんな画家が好きだったんですか?」

僕はゴッホとかね、有名になる前のゴッホ。

司会者:「ゴッホは貧乏なうちに死んだんですよね。」

そう。だからゴッホのような生き様が一番尊敬できる生き様だと。

要するに画家ならね。

その展覧会に出して有名になるとかね。

画商を通じて高いお金で売れるという画家を目指すというよりは自分が一番描きたい絵。

世の中の常識と関係なしに自分が一番納得する、自分が一番描きたい絵。

それでも僕はものすごい素晴らしいでっかい夢だと思うんですよね。

どんな夢であれ夢を描き、それがある種の自分の人生に対するビジョンだと思うんですよね。

そういう自分の夢も明確に持たずに。

自分の人生に対するビジョンも持たずに。

ただ生きて行くために、どっかで給料をもらいに行くと。

「でも今は現状それしか仕方がないじゃん」

と言ってる間に人生あっという間に終わるから。

あっという間ですよ。

ほんとに。

あっという間に50代になり、60代になる。

そうは言うけど現実はこうだからと言って、先のそんな夢物語ばっかり語っててもダメだというかもしれない。

とりあえず目先の現実を踏まえてとか言ってる人ほど、その現実の世界から逃れられないまま人生が終わる場合が多い。

現実が厳しいからこそ、自分の夢を、自分の人生に対するビジョンを僕はしっかり持つべきじゃないかなと思う。

志高く

・・・・・・・・

 

まとめますと・・

・でっかい夢を持て!

・それに向けて強い情熱で、めちゃくちゃ努力せよ

・金儲けだけじゃない、夢はいろいろ

・何もしないと、人生、あっさり終わるよ

と、いうことですね。

ぜひ、参考にしてみて下さい。


PR

インターネットとネットワークビジネスの融合・・・

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!無料メールセミナー登録はこちら
[mwform_formkey key=”590″]

アンソニーロビンズ・・実は私の理想のアップ像って、、どう思います?


古今東西 偉人語録 Vol.7

~成功に向けた格言集~

『アンソニー・ロビンズ』の言葉

私の理想のアップ像って、、誰だと思います?

The secret to living is giving.
(生きることの極意は、与えることだ。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アンソニー・ロビンズと言えばアメリカの講演家ですが、世界ナンバー1コーチとしても有名です。

ビジネスで成功を収めた人や、これから名を挙げて、社会でのし上がってやろうと野望を抱いている人であれば誰もが知っているでしょうし、成功を収めるためには知っておくべき人物だと思います。

昨年2014年に来日公演をしたことでも、日本中で話題沸騰となったのも記憶に新しいです。

今回は、そのアンソニー・ロビンズの名言から。

彼は世界レベルのコーチングの達人と呼ばれています。

相手のいいところを引き出してあげて、自立へと導くプロ中のプロ。

きっと、相手のいいところが前面に出るための「何か」を惜しみなく「与えて」いるのでしょう。

自分も、そんな存在に絶対になります。

「なりたい自分」100リストに、躊躇なく入れました。

なぜか?

そうしてもらえると、自分も嬉しいから。

皆さんも、きっとそんな経験あるはず。

組織の活性化のためには、個性を認めて、それぞれの特長を伸ばしてあげることこそが、大事なんですよね。

そのままノウハウを教えるよりも、その方が組織は良くなる。

私のグループで活躍しているあるメンバーさんのおかげで、私も自分のキャッチフレーズをまた誇れるようになったのです^^

ビジネスオーナープロデューサーとして、ビジネスへの成功へと地に足をついて自立心と共に成長できるよう導いていく。

そんな存在として、稼ぎをダウンラインのメンバーさん達に実現させていくのが私の使命であり、理念であり、仕事なんですね。

たとえ今は集客の方の結果が出ていなかったり、問い合わせが少なかったり、成約が少ないという逆境にあったとしても、信じて突き進むだけです。

最後にはアンソニー・ロビンスのように尊敬が止まないアップになりたいから。

ビジネスオーナープロデューサーとして、ビジネスオーナー育成の基礎中の基礎情報を、メールセミナーという形であなたにもお届けしたいと思います。

下記の登録フォームにメールアドレスを登録して受講をして下さい。

もちろん、一切無料のセミナーとなっていますので、セミナー受講料の支払いとかは何も心配しないで、ただひたすらに学んでみて下さいね!

↓↓下記フォームに名前とメールアドレスを入力して送信して下さい
[mwform_formkey key=”590″]

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

トニー(アンソニー)の教えを断片的ですが、無料であなたに教えます!

ジョン・F・ケネディ大統領の「屋根」についてのお話


古今東西 偉人語録 Vol.6

~成功に向けた格言集~

『ジョン・F・ケネディ』の言葉

あるアメリカ大統領の「屋根」についてのお話

The time to repair the roof is when the sun is shining.
(屋根を修理するのは、太陽が照っているときに限る。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アメリカでは、基本的に業者ではなく、世帯主、ときには家族全員で屋根の修理を行います。

だからこそ、アメリカでこのように屋根についての言葉も生まれるのですね。

さて、屋根の修理は、とにかく面倒でお金も手間もかかります。

しかも、平らでないので危険を伴います。

だけど、衣食住の大事なワンピスが損傷したら、生活していけないですよね。

だから、足元の見える昼のうちに直すものだ、ということですね。

・・・・・・・・・・・・

物事を行うには、「タイミング」があります。

例えば、サプリメントの感動を伝えることは、サプリメントの素晴らしさを味わったその直後に行うものです。

ひとりひとりにメッセジを伝えたいのであれば、パッと思いついたその直後にすべきものです。

仮に伝えたいことを少しメモしたとしても、その場の思い付きにはかないません。

もっというと、ビジネスを行うタイミング。

一年の中で、世の中はいろいろなイベントが発生します。

新年や大型の休みの間は、余暇の時間も増えるので、まさにビジネスチャンスがあります。

しかるべき時に備えて準備しておき、その時がきたら一気に仕掛けましょう。

ただし、インターネットをビジネスの軸として進めていく場合、ブログが大きな宣伝広告ツール、武器になってくるわけですが、ことブログに関しては、あるイベントについて大体1ヶ月前から記事をアップしておくのがいいでしょう。

イベントが始まったらアップでは、遅いです。

常に何が起きるのかを予測しておき、手遅れになる前に自分で仕掛けておくことが、ビジネスという屋根の下で生きるために大事!

そう、ケネディ大統領は教えているようですね。

ビジネスのタイミングについて、重大なお知らせがあります。

下記登録フォームにメールアドレスを登録して、情報を確認してください。

無料メールセミナーが流れますが、一切無料でリスクはありませんので、必ずチェックすることをお勧めします。

↓↓下記フォームに名前とメールアドレスを入力して送信して下さい
[mwform_formkey key=”590″]

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

まさに奇跡!タイミングが全ての勝敗を分けるということ!

「失敗は成功のもと」はよく言われるけど、アメリカでも一緒だったなんて!


古今東西 偉人語録 Vol.5

~成功に向けた格言集~

『オプラ・ウィンフリ』の言葉

「失敗は成功のもと」はよく言われるけど、アメリカでも一緒だったなんて!

Failure is another stepping stone to greatness.
(失敗は、大成功への足掛かり。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

オプラ・ウィンフリーはアメリカのテレビ司会者・慈善家です。

人は生きている限り、誰でも失敗をします。

完璧主義者のような性格があると、どうしても「失敗をしないこと」が美学だと思ってしまいますよね。

でも、ひとつふたつ失敗をして、それで「自分は未熟だ・・・」

なんて思っていたら、どうなるのでしょうか。

まず、悲観主義者になっていきます。

自分のことを大事に出来ないと、他人にまでつい気に障ることを言ってしまったり、空気が読めなかったり・・・。

そんな恥をかくくらいなら、いっそ失敗を恐れず大胆にやってみましょう。

一生懸命自分でやって失敗したら、後悔せずに次へ向けて改善すればいいのですから。

たとえそれが、ヒトを傷つける失敗、事業を大きく混乱させる失敗だったとしても・・・。

成功の方法って、やっぱり失敗を自分で味わって初めてわかるものですからね。

私は先日、ブログバナを作り直して貼り付けました。

ヘタなものになったら・・・という思いは、とにかく黙殺しました。

色々と調べたマニュアルをよく見れば、あとは経験とスキルでなんとかなる!

でも・・・・

失敗しました。

かなりモザイクがかかり、見苦しくなりました。

でも、どうすればいいのか、ブログとマニュアルが教えてくれているような気がしました。

本当に、なんとかなりました。

初めてのスカイプミティングでも、年上の方々とのやりとりにかなり緊張しました。

そして、教え一辺倒のスカイプミティングでダウンさんを少々傷つけてしまったことも・・・。

だけど、それをきっかけに、相手の立場に立って、どう相手に感謝されるようなことをしていくかを必死で考えられるようになりました。

また、アップとして、ダウンさんの良さをどう引き出していけるか(コチング)を常日頃考えるようになりました。

今はスカイプの抵抗はほとんどありません。

今夜もダウンさんとスカイプして、自分自身も楽しんできます^^

オプラ・ウィンフリさんも、現在はアメリカで笑顔が似合う超人気のエンタテイナになっていますよね^^

だけど、笑顔の陰にはいくつもの失敗があったと思うのです。

皆さんも、どんどんアクションをして、行動を起こして失敗をして、成功のヒントをつかんでください!

最後に、ある人から聞いた話。

その方の通っていた小学校で、彼が2年生だった頃にその教室に貼ってあった教訓です。

・・・・

【教室はまちがうところだ】

みんなでどしどし手を上げて
まちがった意見を言おうじゃないか
まちがった答えを言おうじゃないか
まちがった意見も
まちがった答えも
みんなが出し合い 言い合う中で
本当のものを 見つけていくのだ
そしてみんなで のびていくのだ

どんどん行動しましょう!

行動のきっかけは下記のメール登録フォームに登録して、無料メールセミナーを受け取って情報確認してみて下さい!

↓↓下記フォームに名前とメールアドレスを入力して送信して下さい
[mwform_formkey key=”590″]

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

どんどん行動して間違えた人が結局成功する事実がここに!