キャバ嬢ブログ戦略で滞在時間アップの勝ちパターンを伝授!


インターネットビジネスの世界において、最近はワードプレス、キャバ嬢戦略のアフィリエイターブログが上位表示されております。

例えばこちらのブログ

フォーデイズが営業停止処分?消費者庁立ち入り検査での対応策とは?!

こんな感じのブログがあふれかえってきていますよね。

最近のSEO対策は、「ページビュー(PV)、滞在時間」が大事です。

つまり、訪問者が他の記事もたくさん読む。

滞在時間が長くて、じっくり読んでくれている。

これが、SEO対策として重要になっています。

キーワードが大事だ、というのは、もちろん大前提の話です。

じゃあ、じっくりと読んでもらうにはどうしたらいいのか?

それは、焦らして焦らす、キャバ嬢戦略が良いです。

それは、お客に目的をなかなか遂行させないで、焦らす、期待を持たせる、焦らす、という戦略です。

・ポッキー食べたい

・フルーツ食べたい

・もっと飲んでいいですか?

・ボトル入れませんか?

・もっと高いボトル入れませんか?

・同伴しませんか?

・また来てくれますか?

 

男は、下心をもって通い詰めます。

ようは、出来る限り長引かせるのです。

これが、ブログで言えば、滞在時間を延長させることが出来るのです。

※キャバクラ嬢ダラダラ引き延ばし戦略の構成

記事タイトル(h2タグ)
0.画像
1.総論 &目次
2.各論1(h3タグ)
各論2(h3タグ)
各論3(h3タグ)
各論4(h3タグ)
各論5(h3タグ)
3.結論(h3タグ)
4.アフィリエイト宣伝スペース(プラグインで自動挿入)
5.関連記事、その他お勧め記事

見本はこんな感じです。最近は全部こんな感じのブログばかりですよね

サーチコンソールの登録方法と初心者でも分かる使い方

たとえば、「ハンバーガーのカロリーが知りたいなー」と思って検索したら、出てきました。

で、記事を読んでみたら、

・ハンバーガーのカロリーを知る前に、事前知識を知ろう!

・ハンバーガーとは何か?

・ハンバーガーは本当に太るのか?

・ハンバーガーには犬の肉がまざってるって本当?

・世界各国のマクドナルドの味は違う?世界事情とは?

・ハンバーガーの牛って、どんな牛?

・牛の末路は?

みたいなことを、ダラダラダラダラと説明して、

「はやく、カロリー教えろよ!」

と思いながら、スクロールする。

これで、滞在時間を稼げます。

 

そしてやっと最後にカロリーを・・・・・・・

 

と思ったら、

「カロリーを知りたければこちら!クリック!」

で、ページビューを増やす。

または、

「ステーキのカロリーも知りたくありませんか?」

「豚骨ラーメンのカロリーは意外にも低かった!?」

みたいな、関連記事のページを下にリンクさせます。

 

キャバ嬢で言えば、

「あ、ごめん、指名が来たから、もっとかわいい女の子来させるから待っててね」

で、別の女の子が来て、また無限地獄へ入ります。

 

※キャバ嬢の話は私のイメージで作り上げた想像の話です。
実体験ではありません。

 

==================================================
以前のSEO的な記事の書き方は、

キーワードを細かく細分化して、記事を書く、と言うことでした。

たとえば、「アムウェイ 鍋」 で記事を書くとすると、

下記のような3つの組合せがあります。

アムウェイ 鍋 値段
アムウェイ 鍋 取っ手
アムウェイ 鍋 レシピ
アムウェイ 鍋 使い方
アムウェイ 鍋 評判
アムウェイ 鍋 危険
アムウェイ 鍋 価格
アムウェイ 鍋 ih
アムウェイ 鍋 取っ手 交換
アムウェイ 鍋 取っ手 購入
アムウェイ 鍋 取っ手 修理
アムウェイ 鍋 取っ手 通販
アムウェイ 鍋 取っ手 種類
アムウェイ 鍋 レシピ シフォンケーキ
アムウェイ 鍋 レシピ本
アムウェイ 鍋 レシピ 玄米
アムウェイ 鍋 ih対応
アムウェイ 鍋 ih 値段
アムウェイ 鍋 ih 対応確認
アムウェイ 鍋
アムウェイ 鍋 収納
アムウェイ 鍋 ゆで卵
アムウェイ 鍋 セット
アムウェイ 鍋 種類
アムウェイ 鍋 炊飯
アムウェイ 鍋 デモ
アムウェイ 鍋 レシピ 唐揚げ
アムウェイ 鍋 レシピ 本
アムウェイ 鍋 レシピ ご飯
アムウェイ 鍋 レシピ おかゆ
アムウェイ 鍋 ih 使えない
アムウェイ 鍋 取っ手 楽天
アムウェイ 鍋セット 価格
アムウェイ 鍋セット 激安
アムウェイ 鍋セット レシピ
ヤフオク アムウェイ 鍋セット
アムウェイ 鍋デモ メニュー
アムウェイ 鍋デモ レシピ
アムウェイ 鍋デモ 24ヶ月
アムウェイ 基礎 鍋デモ

以前は、これらを別々のページで上から順番に記事を書けばアクセスが集まりました。

しかし、最近は違ってきています。

1ページにすべてのキーワードをぶち込んだ、長文の記事がSEO的に有利です。

 

たとえば、下記のような構成にします

================================
総論
アムウェイの鍋って評判いいけど、実際どうなの?本当なの?

各論
アムウェイの鍋ってどこで買えるの?

アムウェイの鍋の値段と性能は?

アムウェイの鍋の使い方あれこれ

アムウェイの鍋で作れる料理のレシピいろいろ

アムウェイの鍋が壊れたら修理は?取っ手は?

アムウェイの鍋が危険って噂は本当?

アムウェイの鍋を使ったデモを見に行く

アムウェイの鍋を実際に使ってみた私の感想とは

 

結論 まとめ
結局アムウェイの鍋はお勧めできるのか?どうなのか?

================================

こんな感じで、アムウェイ鍋関係のキーワードをすべてぶち込んだ記事にします。

当然長文になりますので、3000文字以上となります。

時間もかかりますよね。

だから、30分で一記事は書けませんので、副業でやっている人には2~3日がかりになるかもしれません。

私の場合だったら、最低でも2時間以内に済ませます。調査時間も含めて。

で、後日ちょこちょことアレンジ、追加、訂正、修正はします。

そして、記事下には、「関連記事」「他の方はこんな記事も読んでいます」

みたいな感じで、他の記事へのリンクを貼ります。

 

「アムウェイにはまる芸能人の末路とは?」

「アムウェイが稼ぎ続けるビジネスモデルの仕組みとは?」

「アムウェイで実際に稼げている成功者は何パーセント?」

「アムウェイの平均月収はいくらか気になりませんか?」

 

これは、ワードプレスや無料ブログのテンプレなら、自動的に表示されるものありますね。

こうして、自分の記事内を検索者がぐるぐる回ると、ページビュー(PV)があがり、滞在時間が増え、直帰率が減ります。

最近はこのような記事の書きかが、SEO的に有利のようです。

それについて、補足の説明です。

たとえば、「アムウェイ 鍋」で記事を書く場合、

「アムウェイ 鍋」関係のキーワードを網羅して、

3000文字程度での情報量の多い記事を書けば上位表示されやすい、と話しました。

それは「アムウェイ 鍋」で検索した時に、ヒットするSEO効果です。

なので、今まで通り、細かなキーワードを500~1000文字程度で記事を書いていってももちろん、効果は大です。

アムウェイ 鍋 値段
アムウェイ 鍋 取っ手
アムウェイ 鍋 レシピ
アムウェイ 鍋 使い方
アムウェイ 鍋 評判
アムウェイ 鍋 危険
アムウェイ 鍋 価格
アムウェイ 鍋 ih

これらの各キーワードを3000文字で書かないとダメ、と言う意味ではないです。

 

●幅広い関連キーワードを網羅した、3000文字記事

●細かいキーワードで書いた、500~1,000文字の量産記事。

 

このどちらも有効ですから、両方の記事に挑戦してください。

 

あと、最近はブログのタイトルよりも、個別記事のタイトルが優先されてSEO効果が出ています。

たとえば、ブログのタイトルが

「はっしーの毎日更新がんばるブログ」

であっても、個別記事のタイトルがしっかりSEO対策されていたら、上位表示されています。

ひと昔まえでは考えられない事でした。

ただ、これもまたすぐに変わる可能性はあります。

キーワードで記事を書く際は、必ず検索者の知りたいことを想定して記事を書いてください。

たとえば、「歯医者 宇都宮市」で記事を書く場合、

 

× 宇都宮市の歯医者の1日を想像してみました。

〇 宇都宮市でママからの評判がいいい歯医者、ベスト3

 

それと、最近のSEO対策は「読み手の役に立つ内容の良い記事を書け」と言われています。

この表現が、初心者にとっては理解が難しく、

「良い記事って何?」

となって、ペンが止まってしまいます。

 

SEO対策上の「良い記事」とは、文章がうまいとか、感動するとか、ストーリー性があって面白いとかではありません。

1.狙ったキーワードの関連キーワードに関して、網羅した情報。

2.総論、各論、結論という、三段論法の構成。

3.ポジティブ面とネガティブ面の両方から調査している客観的記事

4.検索者が知りたい情報を記載している記事

最近はインターネットビジネスを行うにあたって、wordpressを使う方が増えてきました。

アフィリエイターは完全にwordpressで、無料ブログを使っている人は見かけなくなりました。

なので、最初は無料のブログで構いませんが、いずれwordpressを使ってください。


PR

インターネットとネットワークビジネスの融合・・・

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!無料メールセミナー登録はこちら
[mwform_formkey key=”590″]

ニュースキンジャパン・NSEの製品の返品とポイントの関係って一体?!


ニュースキンジャパン(Nu Skin Japan)の取扱い製品は日本上陸その当時においてはシャンプーや石鹸、基礎化粧品のみでしたが、今ではシャンプー、石鹸、基礎化粧品、化粧品、洗剤等といったニュースキン(Nu Skin)健康食品・サプリメント、バイオフォトニック スキャナーといったファーマネックス(Pharmanex)、インターネット関連等のビッグプラネット(Big Planet)に区分けされています。

ニュースキン(NSE)のディストリビューターはニュースキンプラザ(Nu Skin PLAZA)でウェブサイトでニュースキン・ファーマネックス・ビッグプラネットの製品をオーダーできます。

MLMの製品は安いか?

ニュースキンジャパン・NSEの製品の返品とポイントの関係って一体?!

ということはよく議論されますね。

ニュースキンプラザにおいてのニュースキン会員への卸売り価格であるディストリビューター価格より更に、インターネット上のオークションやネットショップでの売り値の方が低額だという事態になってしまっています。

ニュースキンの健康食品部門ファーマネックスの主力製品であるライフパックを例に挙げると、

ディストリビューター価格(卸売価格):4,904円
参考小売価格:7,014円

ですが、

オークションでは3,000円くらいで落札されており、
ネットショップでは4,000円強程で取引きされているようなんです。

ニュースキンジャパンのディストリビューターは、卸値の4,904円でニュースキンジャパンから仕入れ、自己消費するか小売価格を設定して小売することが本来の活動になりますが、ウェブ上でこれほど割安に売られていると参考小売価格の7,014円で小売することはおろか、自分自身が購入した卸売価格の4,904円ですらも販売することは困難なことであると言えますね

なんで、ディストリビューターへの卸売価格よりもインターネット上の小売価格の方が安いのでしょうか?

それは・・・

エグゼクティヴ資格の維持条件達成の為に売上が不足している分を自己購入=買い込むディストリビューターが多くいるためだからです。

事によってはタイトル維持の為に、自分名義に加えて他人名義でも買い込むディストリビューターもいるみたいです。

ネットワークビジネス業界ではよく見られる、負の連鎖です。

魔の悪循環ですね。

ニュースキンでは返品を受け付けているため返品も可能であるのですが、返品分はポイントを相殺され、更に、あんまり繰り返し返品を行ってしまうと警告が生じるケースがあるらしく、毎月のようにしょっちゅう買い込みを行なっているディストリビューターは返品をしづらい面があるみたいですね。

そうして、必要以上の在庫品を保持しすぎて、その在庫が膨れ上がる一方になってしまうため、損を覚悟で格安でオークションに出品したり、MLM製品買取専門店に買い取りを依頼するらしいです。

4,904円で購入した製品をオークションに出品して3,000円位で転売していたら大損になりますが、小売可能なあてを持っていない在庫を所持し続けることと比べると、まだマシであるという判断をするディストリビューターが沢山いることがわかりますね。

更に、オークションへの出品は手間暇がかかり、なおかつ個人が特定されてニュースキンから処分されてしまう危険性があることもあって、MLM買取専門店に買い取って貰うディストリビューターは多いようです。

MLM買取専門店においての買い取り価格はライフパックで2,000円未満で、1,700円くらいのことが多いらしいですね。

4,904円で購入した製品が1,700円でしか転売できなくても買い取りを依頼するディストリビューターは十分にいるようです。

MLM製品買い取り専門店は1,700円で仕入れたライフパックをオークションに出品して3.000円前後で売却したり、ネットショップ等に卸販売を行い、それをネットショップ側は4.000円強程で取り扱っているのが現状でしょう。

小売先のアテが無い買い込みが需要と供給のバランスを崩し、値崩れを起こしている部分があるからこその、この経済サイクルと言えるでしょうね。

何だか、世知辛い現代社会のビジネスの縮図を見ているようですよね。

こんなラットレースの弱者にならないためには、MLMビジネス成功のテクニックと知識を身に付けておくべきしょう。

下記のメールセミナーを受講してみて下さい。

驚くべき成功テクニックをお伝えします!

一切無料のセミナーとなっていますので、気軽に登録して下さいね。

↓↓↓無料メールセミナー受講はこちらから
[mwform_formkey key=”590″]


ネットワークビジネスではよく言われている誘い文句・・・

5人だけ紹介すれば誰でも稼げますよ!に騙されないで・・

嘘か本当か?!ミキプルーンにまつわる被害情報の真相


嘘か本当か?!ミキプルーンにまつわる被害情報の真相

日本には数多くのネットワークビジネス企業が存在していますが、その中でも最大手の一社と言われているのが、皆さんご存じの、あのミキプルーンです。

でも、インターネットでネットワークビジネスの情報を検索してみると、アムウェイやニュースキン、モナヴィといった大手企業になればなるほど様々な噂、情報が飛び交っているのですが、ミキプルーンもこれだけ大規模な有名企業というだけあって、被害にまつわる情報も多く出回っているんです。

でも、有名企業や大企業にまつわる噂って、あることないことが色々飛び交っていて、何が本当のことなのかさっぱりわかりませんよね?

このミキプルーンの噂も何が一体本当のことなのか、見極める必要がありますね。

インターネット上の情報サイトなんかを見ると、一部のディストリビューターのクチコミによって、「ミキプルーンの商品は癌に効くんです!」と説明されたという、薬事法違反に関わる問題が出ているという内容が出回っていました。

本当のことなのかどうか、真相はもちろん定かではないですが、クチコミ掲示板等で言われていることなので、ほんの少数だけ、被害自体があるのは本当のことなのかもしれませんね。

でも、その情報が『ミキプルーン自体』のことを悪く言っている被害情報というよりも、ネットワークビジネスそのものに対する悪口、意見といったものがほとんどだったんです。

やはり、日本ではネットワークビジネスというものが

『ねずみ講だ!』
『怪しいビジネスだ!』
『違法なマルチ商法だ!』

という認識が強くありますので、被害や苦情といったネガティブな意見につながってしまうのでしょうね。

では、この逆境の日本市場の中で、どうやったらネットワークビジネスを成功させることができるのでしょうか?

リーダーが悪い、商品が悪い、そもそも環境が悪い等、理由(いいわけ)は色々と出てくると思いますが、成功させる最大にして唯一のファクターは『相手の考え方』にあるということです。

つまり、『ネットワークビジネスは怪しい!』と思ってる人に勧誘したところで、ほぼ確実に失敗して、残るのは人間関係を失うリスクだけなのですから、だったら『最初からネットワークビジネスに興味・関心がある人』にだけ声を掛ける事が出来れば、簡単に成功できてしまうんです。

じゃあ、最初から興味を持っている人をどうやって探すのか?

・・・

そうです。

インターネットを使うんです。

ネットワークビジネスの市場って日本だけでも3,000,000人も存在している程に規模が大きいんです。

その人達に声をかけることができるとしたら、どうですか?

ターゲットには困らないですよね。

普通の会社の営業でいったら、新規開拓先のリストがほぼ無限にあるのと同じで、やってれば必ずいつか成功します。

しかもその人達はネットワークビジネスに興味があるので、自分でインターネットから検索をして調べます。

そこであなたがネットワークビジネスに関する有益な情報を提供してあげれば・・

もう成約は目の前という状況です。

実はその仕組みを作るのは簡単なんです。

その具体的な方法ですが、こちらから登録できる無料メールセミナーで勉強してみてはどうでしょう。

↓↓下記フォームに名前とメールアドレスを入力して送信して下さい
[mwform_formkey key=”590″]

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

友人の勧誘はしなくてOK!パソコン1つでできる在宅ネットワークビジネスの秘密

この方法を使えば、今までネットワークビジネスで失敗してきた人も驚くほどの成果を出せるでしょう。

初回無料なので、あなたにリスクはありません。

中国の大資本が手掛けるネットワークビジネス、タスリージャパンの躍進!


中国の大資本が手掛けるネットワークビジネス、タスリージャパンの躍進!

タスリージャパンというネットワークビジネス企業をご存じですか?

ネットワークビジネスといえば、アメリカ発の企業、例えばアムウェイだったり、モナヴィーだったりが多いのですが、何とこの会社は中国発のMLM企業なんです。

中国には全世界でビジネス展開をしているがありますが、タスリージャパンはこのグループの一企業という位置付けです。

天士力グループの本体が1994年に創業されて、そのグループ企業としてタスリージャパンが日本法人として設立されたのが2007年とされています。

このグループの中でも、日本国内での事業は割と後発に位置付けられているみたいですが、取り扱い商材の中に漢方等もあり日本人にはとてもウケがよく、日本市場での展開にも期待が持てることから、グループ内でも重要な位置を占めてるようです。

ネットワークビジネスには悪い評判や被害の噂、苦情等が付きものですが、タスリージャパンにはネット検索等で調べてみてもそのような情報は出てきません。

ディストリビューターの皆さんが、世間でよく言われるような強引な勧誘等を行っていない証拠ですね。

ネットワークビジネスの新設企業が、5年間で生き残る可能性は1%と言われる昨今ですので、タスリージャパンには是非頑張って欲しいですね。

でも、ネットワークビジネスの企業は何でそんなに生き残る率が低いのでしょうか?

逆に言うと、何故ネットワークビジネスはそんなに成功しにくいのでしょうか?

一番の原因は、先程も軽く触れましたが、ディストリビューターのクチコミによる強引な勧誘が存在するからだと言えるでしょう。

でも強引な勧誘と言っても

『嫌がる相手に無理やり契約をさせる』とか、
『部屋に軟禁して、ビジネスに参加表明するまで帰さない』とか、

そうゆう意味の強引さを言っているわけではありません。

では、その強引さというのは具体的には何のことを言っているんでしょうか?

それは、勧誘をするほうの行動ではなくて、その勧誘を受ける、相手側の受け取り方に大いに関係してくることだと言えるのです。

日本では、ネットワークビジネスの存在は

『悪いもの』
『胡散臭いもの』
『ねずみ講と言われる違法行為』

という認識が多数を占めています。

元々ネットワークビジネスに対してそのような認識を持っている相手に対して勧誘をしたって、うまくいくはずがないのが普通なんです。

お腹がいっぱいの相手に対して、もっと美味しいものをたくさん食べさせてくれるお店があるから行きましょうよ!

って言っても、相手はもうお腹いっぱいなので、食べに行きたくはないのです。

強引な勧誘とは、まさにこれと同じことをしているということなんです。

ではどうすればいいと思いますか?

答えは本当に単純で簡単なことですが・・

そう、お腹がすいて、ごはんが食べたいという人を美味しいものをたくさん食べさせてくれるお店に誘えばいいんですよね!

ネットワークビジネスでも同じことをすればいいだけです。

その具体的な方法・・

興味ありませんか?

下記登録フォームにメールアドレスを登録して、メールセミナーを通してその情報を無料で手に入れることができますよ!

↓↓↓下記フォームに名前とメールアドレスを入力して送信して下さい
[mwform_formkey key=”590″]

私が手掛けているビジネスで、そのノウハウを一部無料公開しています。

この方法を用いれば今までネットワークビジネスで失敗を繰り返してきた人も驚くほどの成果を出せるでしょう。


ネットワークビジネスではよく言われている誘い文句・・・

5人だけ紹介すれば誰でも稼げますよ!に騙されないで・・