22歳の大学生が1億円稼いだ、ありえないマーケティングを読んで


実は勝負の大半は、戦う前に決まっていると聞くと、あなたはどう感じるでしょうか?

これは孫子の兵法でも説かれていることです。

実は、市場創出ということを考える場合、これほどシンプルで、且つ本質を突いたな考え方は他にないと思います。

それは、競合が全くと言っていいほど存在しない市場で1人旗を振る、というだけで実現してしまえるものなんです。

他にライバルはいないのですから、そこで一人手を挙げていれば当然自分しか頼める人間はいないわけです。

つまり、誰が見ても自分以外に頼む人間がいない状況を作り上げてしまえば、そこで既に価値は決まったようなものです。

これにはある有名な理論がありますね。

そう、「ブルーオーシャン戦略」です。

青い海とは平穏で、何も邪魔するものがいない穏やかな海のことです。

対立概念としてレッドオーシャンというものがありますが、これはライバルがひしめく激戦の海のことです。

つまり競合がたくさんいる市場ということですね。

このブルーオーシャン戦略を実践することによって、仕掛けた時点で既に勝負はある程度決まってしまうということになるわけです。

このブルーオーシャン戦略を成功させる、つまり新しい市場・新しい価値を創り出す上で一番重要なことは何かというと、「唯一無二である」ことです。

マーケティング用語で言うと、これをUSP(ユニークセリングプロポジション)と言います。

簡単に言ってしまえば、「オンリーワン」であるということが重要なポイントになってくるわけです。

オンリーワンであれば、あなた以外にその価値を提供できる人がいないわけですから、当然のごとくあなたが選ばれるというわけです。

そうすれば黙っていても一番になれます。

まさにこれこそが、勝つべくして勝つということになるわけです。


PR

インターネットとネットワークビジネスの融合・・・

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!無料メールセミナー登録はこちら
[mwform_formkey key=”590″]


ネットワークビジネスではよく言われている誘い文句・・・

5人だけ紹介すれば誰でも稼げますよ!に騙されないで・・