アムウェイライブってよく聞くけど、その本当の意味を教えましょう!


アムウェイライブをチェックしている人は、どういったことに関心を持っているだろうか?

多分、下に挙げる2つではないでしょうか。

それは、アムウェイライブドットコムと呼ばれるアムウェイの製品をウェブ上で買うことができるWEBページを調べたい人、もしくは、アムウェイが実施している年1回のライブを教えてほしいという人と思います。

この度は、これらの双方ともまとめてみることにしました。

 

アムウェイライブと芸能人

アムウェイライブでは、ネットワークビジネスのランキングにおいてもトップクラスだけのことはあって、さすがに盛大にイベントが行わている様子です。

そこでは芸能人も招待されて、さしずめコンサート会場に相当する雰囲気です。

アムウェイライブってよく聞くけど、その本当の意味を教えましょう!

ライブ演奏だけに限りませんが、例えばアントニオ猪木さん等も招待されたりしていました。

それ以外にも、日本においてはさほど知名度は無くても、ピアノの天才少年なんかも招待を受けたりしています。

こんな感じの中、スピーカーによる話や、タイトル獲得者が次から次へ花道を歩いていく様子を観て、アムウェイのメンバーと同行して来た人の目には、非常に魅力的に映ることになると思います。

「私もあの場所にのぼりたい!」

とダウンライン含め、大勢が意識してしまうかもしれないのです。

日本人にとっては知名度のある中島薫さんのグループのアムウェイライブにしても、豪華に開催されているみたいです。

 

アムウェイライブの大阪においてのイベントについて

アムウェイライブが大阪でイベントを行なう場合は、ジェニファーロペスが招待される、という噂が流れ、アムウェイではなくても、ファンも殺到するらしいですね。

そんなふうに、アムウェイにおいては、芸能人含め大勢を招待可能なイベントが実施されているのです。

しかし、関東圏や大阪等の大都市圏がほとんどなので、ちょっぴりバランスが悪いというのはいなめません。

その意味合いでは、田舎だと一気に拡大した場合でも、何となく根付かないのもうなずけるのではないでしょうか。

要するに、アムウェイでも情報格差や地域格差があるのですね。

県庁所在地はまだ良い方だと感じますが、地方都市だと友人勧誘に終始するケースも多く見られるので、まだまだマイナスの印象を抱いている人も大勢いると言えると思います。

 

アムウェイライブドットコムって?

アムウェイライブドットコムとは、初めの方にて添えました通り、ウェブ上で買うことができる、アムウェイのサイトのことを指します。

WEB上という訳で、当然携帯でも観覧できますし、メンバーも自らのグループの情報をみることが可能なので役に立つと断言できます。

アムウェイライブドットコム(Amwaylive.com)は、2014年2月に大改造を行いました。

アプリは廃止になったわけですが、現在ではニュースアプリということで再スタートしてます。

実を言うと、iPhoneの販売開始の時に、普及にアムウェイが尽力していたことを認識されているでしょうか?

具体的に言うと、iPhoneでプレゼンテーションが可能、という訳で、アップからダウンへとあっという間に普及した経緯があるのです。
※iPhoneでプレゼンと言うのは、PDFファイル等のことみたいです。

これはまだiPhoneが田舎では行き渡っていなかった2010年頃の話です。

そのタイミングから、アムウェイにおいてはインターネットを利用する動向が出ていたのです。

その一貫としてリニューアルも実施されたと言われています。

しかしながら、時期尚早といわざるをえない背景にあるのは、過去にネットワークビジネス関係のブロガーが書いた記事の残り火が、今でも点々と見受けられるからです。

だとしても、アムウェイの真の強さは、洗脳力と言っても間違いはないでしょう。

他のネットワークビジネス会員と比較してみても、アムウェイのメンバーは宗教に見劣りすることなく、自社の製品を盲目的に信頼する人が多いといった印象を受けます。

であるからこそ、トップをキープできているとも考えられます。

それでは、どのようにして、この洗脳を頑強なものにしているのか?

これらの詳細なテクニックについては、また別の機会で・・・

 

アムウェイの仕組み

アムウェイの仕組みについて、実際のところはそれほど知れ渡っていないのですが、非常に強力な仕組みが存在します。

それは、ダウンライン構築のシステムが、法的にギリギリの無限に生み出せる、といった点です。

言わずもがなですが、他のネットワークビジネスのシステムでは、コミッションが何段階まで、と規定されています。

それがAmwayにおいては、制限なくokといった仕組みなわけで、ダウンラインから伸びていった誰かがどこかで成功すれば・・・

自らのコミッションを発生させる可能性が考えられることを意味します。
※自分自身もタイトルの保持者である必要性はあります

これが、中国やアメリカやフランスやインドや、その他のどこの国の誰とも見当がつかない、会ったことさえない人でもOKなのですね。

これが許されるのも、アムウェイが強大な力を持っているがゆえと考えられます。

これ以外にも、アムウェイでは、他のネットワークビジネスには備わっていない、ユニークなシステムが存在します。
※微妙な違いも伴うことも考えられますので、細かい点は、公式のアムウェイライブからお問合わせください。

アムウェイの仕組みを使用することで、スケールの大きい成功を収めたければ、遠慮なくご相談ください。

 

※追伸


MLM業界の雄、アムウェイが持つ秘密のノウハウをネットビジネスに持ち込んで検証してみたんです。

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!無料メールセミナー登録はこちら
[mwform_formkey key=”590″]


ネットワークビジネスではよく言われている誘い文句・・・

5人だけ紹介すれば誰でも稼げますよ!に騙されないで・・

ナチュラリープラスが業務ストップ!サンクスアイにメンバーが大移転とは冗談でしょ?


ナチュラリープラスが業務停止命令

主婦の副業の中でも、人知れず注目を集める「ネットワークビジネス」。

そのようなネットワークビジネスの間でも、揺るぎない関心を集める、「ナチュラリープラス」。

外資系のネットワークビジネスと互角に競い合う、実績のある企業なんです。

そのナチュラリープラスが、2015年、業務停止を明言したもので、かなりびっくりしております!

ナチュラリープラスが業務ストップ!サンクスアイにメンバーが大移転とは冗談でしょ?

ナチュラリープラスに消費者庁のガサ

何でも、此度のナチュラリープラスの業務ストップ騒ぎは、自主的な意味とは違い、消費者庁の立ち入りチェックが入り込んだことにより・・・

とのことらしいです。

消費者庁。。。

消費者センター等のトップですね。。。

消費者を守るのが使命だということです。

そのような消費者庁の立ち入りチェック、背景にあるのは、

「強引な勧誘」
「薬事法違反」

等々、

実際は、どこのネットワークビジネス企業においてもありふれた問題ですね。

この消費者庁からの命令に則って、ナチュラリープラスは業務停止期間最中に、会員へコンプライアンスを叩き込むと聞いています。

日本中で、緊急コンプライアンス会議が開催されるようなので、この先、ナチュラリープラスの勧誘は違ってくるんじゃないか?と、期待が持てます。

 

ナチュラリープラス、業務停止ではありますが・・

ナチュラリープラスの業務停止の公表を耳にして、ビジネスを展開しているメンバーは当然困惑してるに違いありませんが、スーパールテインや、IZUMIOを愛用している、ナチュラリープラス愛用者は心底頭を悩ませているのではないでしょうか。

自身が心から惚れ込んでいますサプリメントが入手不可能なだと、健康面に関しても困りますよね。。

けれども、まあ問題ないことは、製品の出荷はストップしない!

という点でしょう。

ナチュラリープラスが業務停止するのは、あくまで、

『新規会員の獲得に関する活動』

みたいです。

業務停止期間中については、一切新規会員のエントリーが行えなくなります。

会員主催のカンファレンス等もダメみたいです。

リクルート行為は漏らさず禁止とは言うものの、ボーナスは給付されるそうなので、さしあたっては心配ありませんね。

このタイミングで、ネットワークビジネスの権利収入が効いてきますね~

ちゃんと組織ができ上がっていたメンバーは、今月、新規会員を取れなくてもコミッションが貰えるワケです。

これこそが不労所得!!

 

ナチュラリープラスから〇〇へ大移転!?

ネットワークビジネスで業務停止事件が発生すると、民族大移動ならぬ、メンバーの大移転が生じ気味でしょう。

これって如何なることなのかと言いますと、

「別の業者に向けての乗り換え」

だと言えますね。

このようにして表現しますと、携帯会社の乗り換えと何だか似ていますが(笑)

そのようなお気軽な意味とは違い、劣悪なケースでは、トップディストリビューターが自身のグループの末端メンバーすらも丸ごと移動させたりするのです。

そうなってくると、ネットワークビジネスランキングの上位ランクに食い込んでいたナチュラリープラスさえも、下位転落の危機的状況となると言えます。

なお此度、ナチュラリープラスからはサンクスアイにメンバーが大移動しているみたいです。

近頃では、何かあればサンクスアイに大移動が生じているみたいですね。

いかなる魅力がサンクスアイにあるのか、今後記事にしてみたいと考えます。

 

ナチュラリープラスは製品が素晴らしいので問題ない!はず。。

こういったメンバー大移動の非常事態に晒されているナチュラリープラスですが、企業が成り立たなくなるほどのダメージを負うという風には私は受け止めていないです。

なぜなら、ナチュラリープラスが素晴らしい製品を有していることが理由です。

ネットワークビジネスですので、当然お金を稼ぎたくてナチュラリープラスにメンバー登録を行った人もいるはずです。

でも、ナチュラリープラス愛用者から始めて、そのついでにビジネスもやりたい!

という流れで、会員登録した人がほとんどではないかと考えます。

それ程、ナチュラリープラスの製品にほれこんでいるメンバーが沢山いる筈ですので、業務停止がとけた後には、更に高レベルの企業に転じていると楽しみです!!

今後新しく生まれ変わるであろうナチュラリープラスが、どんな戦略を持って飛躍の道を歩んでいくことになるのか・・・

予想ですが、このような集客ノウハウ・マーケティングテクニックを応用してくるのではないかな?と考えています。

無料のメールセミナー形式で内容をまとめましたので、下記登録フォームにメールアドレスを登録して、情報をご覧になって学んでみて下さいね♪

↓↓下記フォームに名前とメールアドレスを入力して送信して下さい
[mwform_formkey key=”590″]


ネットワークビジネスではよく言われている誘い文句・・・

5人だけ紹介すれば誰でも稼げますよ!に騙されないで・・

ワールドベンチャーズで斉藤和也氏が詐欺だって?システムとからくりの実態とは?!


メルマガアフィリエイターが斉藤和也氏の「ワールドベンチャーズ」映像を促進させている様子です。

ワールドベンチャーズで斉藤和也氏が詐欺だって?システムとからくりの実態とは?!

映像を見た感じでは、今まで考えたこともないようなビジネスに感じることもあるでしょうが、このからくりに関して打ち明けていきたいと思っています。

先ずは斉藤和也氏は如何なる人間で、かつてどんなビジネスを繰り広げてきたかをお話したいと考えています。

加えて「ワールドベンチャーズ」に関してもそのからくりを告白していきたいと思います。

まず、斉藤和也氏なのですが、今までに「大富豪専門学校」という名の高額塾を開催し、悪評が広まっています。

悪評を誘発するのは、この塾の実態が概ね薄っぺらいもので、受講生に塾の紹介を行なわせて、新規のユーザーがゲットできれば受講料の半額が報酬として入り込むというものに過ぎなかったからです。

「大富豪専門学校」の値段は約25万円です。

そのようにして2人推薦したなら、その受講費がペイするといったメカニズムでした。

完全に虚業のマネーゲームと思います。

そのため、ユーザーからはクレームが押し寄せ、ウェブ上では斉藤和也氏の悪評ばっかりです。

与沢翼氏もこういうアプローチでかつて暴利を貪っていたそうです。

この斉藤和也氏がアピールする「ワールドベンチャーズ」に関しても何か裏が存在するかもしれないと思い、斉藤和也氏の動画に目を通して、リサーチをしてみたのです。

なお「ワールドベンチャーズ」を映像で仕掛けている大本は、藤沢涼氏と蝶乃舞(本名:高嶋美里)さんです。

藤沢涼氏は与沢翼氏が手掛けていた企業の幹部であり、与沢翼氏の腹心でした。

言うまでもなく与沢翼氏のメソッドを受け継いで現在も実働しているという状況です。

蝶乃舞さんも今日まで高額塾を頻発し、悪評高き人物です。

この2名がプロデュースする「ワールドベンチャーズ」の進出に斉藤和也氏も加担したという面が確実な捉え方ではないでしょうか。

3名共「類は友を呼ぶ」で、似通ったアプローチで荒稼ぎをしています。

では、「ワールドベンチャーズ」に関して、分析してみます。

「ワールドベンチャーズ」はアメリカの旅行会社です。

旅行会社だけれど、広告は全く打っておりません。

MLMの旅行会社なのです。

MLMとは、マルチレベルマーケティングと呼びます。

すなわちネットワークビジネスです。

ネットワークビジネスの製品が航空チケットや、ホテル宿泊や、パックツアーだという意味です。

ネットワークビジネスは口コミでクライアントを募り、紹介したならコミッションを獲得できるビジネスです。

「ノルマ」や、「月々の購入」、が存在するのが通例です。

この「ワールドベンチャーズ」も月々の消費が生じます。

仲間入りするならば、月々の支出と比べてみても魅力的なのかといった判断になります。

ネットワークビジネスそのものは違法じゃないですが、評判はサッパリ良くないです。

一部分の人はボロ儲けすることが可能なこともあり得ますが、殆どの人はビジネスに高いお金を投じ、大損して終了してしまうものなのです。

参加者の大半が稼ぐことが出来るのならば、ネットワークビジネスも良いとは思います。

すなわち元手と、活動時間の投資効率がしっかりしていて、家庭や友達等に迷惑を掛けない 事業モデルだったら、ネットワークビジネスも満更ではないわけです。

そういったネットワークビジネスはあまり存在していないですけどね。

正確に言えばネットワークビジネスは高いお金を投じ、休みの日はセミナーに参加し、家族や友人を紹介するように求められ、出席した自身は高額なお金と交友関係を失くしてしまう結果となるという訳です。

なので、ネットワークビジネスは評判が酷いのです。

この度の「ワールドベンチャーズ」は斉藤和也氏の映像を見た限りでは、リスクは無く、面白味盛りだくさんの趣旨の様に感じます。

しかし、よく調べると、とってもリスキーなシステムになっているため注意してくださいね。

まず最初に、参加費に関しては、初期登録費用として510ドル(約5万円)、月会費が111ドル(約1万円)生じます。

その後初期費用の5万円の中で400ポイント(約4万円分)が自ら使えるということになっております。

ここだけで言うと、初期費用の実際の投資金額は約1万円のみと取り違えてしまいます。

しかし、まずこの点に気をつけて下さい。

残りの約4万円は自ら利用できるのですが、即座に利用できるということにはなりません。

利用できるのは1年後になるのです。

この点にからくりが存在しています。

1年後にでなければ利用できないというのでは、入会時から1年間は実質5万円の痛手ということを意味します。

更にこの1年間は会員をやり続けないと駄目です。

その上、もしも1年間続けたら、次年度利用することができるポイントは、初期費用分が4万円で、月会費分が1万円×12ヶ月ということで16万円分になります。

16万円を使い切らなければ意味が無いことから、会員をやめるのが惜しくなるのです。

またポイントは有効期限付きということで、有効期限内に使い切らないとNGです。

出張や旅行が結構多い人だったら消費可能なのかもしれませんが、人並みの暮らしをしている人ならば、ポイント消費の理由で、強引に旅行へ出発するはめになってしまいます。

またポイントが利用できるサービスは限られるといったリスクも見受けられます。

全部の旅行にポイントが使えるとは言い切れません。

ポイントを活用して旅行したいと考えていたにも関わらず、その旅行だとポイント適用外といったケースにもなるかもしれないワケです。

ワールドベンチャーズのアピールポイントは「スケールメリットを活かす」といった部分と言えます。

理解しやすい例えで表しますと、「団体旅行」のようなものです。

一人で旅行をする値段と比べて、30人で旅行をするほうがディスカウントが効きます。

会費をかけて会員になると旅行代が安くて済むことこそが売りというわけです。

だったとしても、よく考えないとならないのは、割引率が大きいのはワールドベンチャーズが企画した、「自前のパッケージツアー」ということです。

航空チケットやホテル代のみでも最安価保証で使用できるとなっていますが、これはさほどお値打ち感はないです。

その辺りは映像では、何となくは伝えておるようですが、サラッと流して完結してあるのです。

例えばホテル代の一例には、「コンラッド東京」の例を提示してあります。

2~3万円下がっていると言います。

しかし、月々の会費は約1万円支払うのです。

会員を2ヶ月継続していると、2万円支払うのです。

ポイントで戻ると言いますが、ポイントのからくりは上記で述べた通りになります。

航空チケットの例も、マレーシアの往復航空チケットで1万円安価になっていますとアナウンスしているようですが、これについても1ヶ月月会費を支払えばオトクではないといえます。

結果的に、しょっちゅう旅行に行く人や、出張がたくさんある仕事をしている人でなければ、会費分は消費出来ないということなのです。

会費を使った分だけポイントは蓄積されますが、そのポイントを使うだけの旅行を一般人はしないということになります。

結局のところポイント消費を行なう為に、「必要を感じていない旅行」に加わることになります。

そうしてお値打ち感を感じる旅行は、ワールドベンチャーズが企画した「自前のパック旅行」となっています。

それは自社で企画した旅行なので、言うまでもなく割引率が大きいのです。

旅行の待ち合わせ場所(海外)迄は自身で向かわなければならないといった面倒も生じます。

ここまでを要約すると、つまりはさほど必要性を感じていないワールドベンチャーズが企画した、オリジナルパッケージツアーに、ポイント利用をする為に、敢えて参加をするということがオチと言えます。

なるほど割引率は大きいのですが、割安感が生じても、そもそも必要性が生じていない旅行に参加するわけなので、初回参加費5万円を支払い、月会費1万円を支払い、必要を感じてないお得旅行に、「強引に加わる」ということです。

残る道は、「会員紹介によるコミッションGET」という感じです。

当人が思い違いして入会したのと 同様の原理で、勧誘活動を行うことで、「コミッションを稼ぎだす」といった道にスライドすることになるわけです。

それって普通のネットワークビジネスと変わらないですよね?

ネットワークビジネスのウイークポイントは、「欲していない商品・サービス」を「相場を超える価格」で売ることにあります。

この歪みをコミッションというエサでカモフラージュすることがネットワークビジネスのからくりだと言えます。

ワールドベンチャーズに関しては、会費が「必要のない出費」なのです。

旅行や出張が数多くて、ワールドベンチャーズの会員制度を使った方が安価になるというような人は当然いるでしょう。

されど、残る大勢の方は、十分シュミレーションをしていけば、得か損かは即座にチェックできるワケですから、しっかりと見極めることをしていきましょう。

つまり、ネットワークビジネスって、月会費を垂れ流し、「勧誘活動に注力することを強要される日々」が控えているだけなんです。

副業には数々のものが存在していますが、世間に溢れている普通のネットワークビジネスはオススメしません。

それよりは更に着実で、わかりやすくて、手軽で、稼ぎが累積していく ビジネスをチョイスした方が賢明だと感じます。

つまり、ネットワークビジネスについても、友人・知人を口コミで勧誘するような普通のやり方ではなく、口コミで全く勧誘をすることなく、着実に不労所得を稼げる仕組みモデルをお勧めします。

こちらからの無料メールセミナーでその実態を明らかに致しましょう!

↓↓
[mwform_formkey key=”590″]

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

口コミをすればするほど成功できなくなる理由とは?