マーケティングってそういうことだったの!?を読んで


モノを売るのは、そもそも簡単なのか?それとも難しいのか?

モノを売ることの本質を一言で言うと、それは・・

「ほしいと思ってもらえるものを、買ってもいいと思われる値段で売ること」

になると思います。

まぁ、当たり前といえば当たり前のことですが。

そこで必要になってくる考え方が、

・ではどうすれば欲しいと思ってもらえるのか?
・どうすればその値段で買ってもいいと思ってもらえるのか?

ということであり、その答えこそがマーケティングだと言えるのだと思います。

その答えをしっかりと導いていくために学ぶことが重要になってくるわけですが、では一体どうやって、何を学んでいけばいいのか?

マーケティングとは様々な要素で構成されています。

・ターゲット
・商品
・セールス
・プロモーション
・広告
・インターネット戦略

ここに挙げたのはほんの一例で、まだまだたくさんの要素で構成されている分野ですから、それぞれ個別に勉強したところで、一部を学んだというだけで実践的な勉強とは言えないかもしれません。

となると、重要なのは全体を見通すような勉強をすることです。

それを効果的に学ぶのに、下記の5ステップで学んでいくのがいいでしょう。

1、売ると売れるの違いや、売れるために何ができるか?といった、マーケティングとは何かについての根本的なことを学ぶ。

2、消費者の欲しいという気持ち、いわゆる「ニーズ」について学ぶ。どのように把握し、どこに注目すべきか?ここを学ぶことによって値引き競争に巻き込まれなくても売れるようになる基礎を作っていきます。

3、ある商品が発売されてから購入されるまでのプロセスについて学ぶ。

4、一度購入された後、何度も選んで購入してもらうにはどうすればいいのか?いわゆるリピーターになってもらってリピート購入をしてもらうということですが、ここで現代マーケティング最大のポイント、「ブランド」について学びます。

5、1から4までの事例を探して、実際の出来事と照らし合わせて学びます。

何度も繰り返すようですが、ポイントとなるのは細かいマーケティングスキルや用語をバラバラに覚えようとしないで、全体的なマーケティングの考え方として捉えることです。

基盤となる考え方さえマスターしてしまえば、個別の知識は後から楽に頭に入ってくるようになります。


PR

インターネットとネットワークビジネスの融合・・・

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!無料メールセミナー登録はこちら
[mwform_formkey key=”590″]

パブロとブルーノで学べる労働収入と資産収入の違いを本当にちゃんと知っていますか?


収入には、2つのタイプがあります。

1つは、労働収入

もう1つは、資産収入です。

この2つの収入源。

この2つの収入源の違いを、知っているか、知らないか。

この違いは、これからのあなたの収入にきっと大きな影響を与えるでしょう・・・

なので、この2つの収入の違いがよくわかる

「村で一番のお金持ちになることを目指す、2人の若者」

の話をシェアしますね。

労働収入と資産収入の違いを本当にちゃんと知っていますか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ある村に村一番のお金持ちを目指す2人の若者がいました。

この若者は2人とも、よく働き、頭もよく、情熱を持っていました。

その村には、水が不足していました。

そのため、村から遠い山奥にある湖から村へ水を運んでくる仕事がありました。

2人はお金を稼ぐため水を村へ運ぶ仕事にすることに決めました。

はじめは、2人ともバケツを持って、村と山奥の湖を何度も往復することで報酬をもらっていました。

そこで、若者Aはもっと大きなバケツを使って、働く時間を増やし、山奥から村へ運んでくる水の量を増やしました。

この若者Aの収入は増えて、生活は豊かになりました。

一方、もう1人の若者Bは、少し違う方法で、山奥から村へ水を持ってくることを考えました。

それは、山奥の湖から村へ水を運ぶ、パイプラインを作ることでした。

パイプラインができれば、わざわざ山奥へ行かなくても、自動的に村へ水が流れてきます。

ですが、このパイプラインを作るのには、時間がかかります。

そして、そのパイプラインを作っている時間は1円の収入にもなりません。

なので、もう1人の若者Aに「2人でパイプラインを作らないか?」と伝え、誘ってみたのです。

ですが、、、

「パイプラインを引くのには時間がかかりすぎる。俺は今までどおり、バケツで山へ水を汲みに行く」

と言って、断られてしまいました。

なので、仕方なく若者Bは1人でパイプラインを作ることにしたのです。

数年後・・・

水を運ぶパイプラインはついに完成しました。

その結果、パイプラインがうまく動いている限り、若者Bは、何もしなくても、継続的に収入が入るようになったのです。

一方、大きなバケツで山奥と村を何往復もしていた若者Aは、ムリに仕事をやりすぎてしまったせいか、少し体を痛めてしまい、以前よりも収入が減ってしまっていたのです。

ですが、収入を得るためには、山奥と村とを往復し続けなければいけません。

そして、年とともに体を痛めていってしまい、、、

働くことができなくなった時には、収入がゼロになってしまったのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これは「パブロとブルーノ」という話をわかりやすくするために、少し短くして、アレンジしたものです。

バケツで水を汲んできていた若者の収入が労働収入

パイプラインを作った若者の収入が資産収入です。

もしかすると、この話は、昔話のように聞こえるかもしれません。

ですが、これは現実にも起きている話なのです…

たとえば、僕の知っているある整体師さん。

お父さんも整体師をされている方の話です。

毎日、整体院に出勤し、お客さんが来れば、自分で施術をする。

そして、30分数千円の料金をもらう。

という典型的な労働収入を得て仕事をしていました。

そんなとき、父親が仕事から帰ってきてヘトヘトに疲れ果てている姿を見たのです。

普通なら、もうすぐ定年になる年齢の父親。

その父親が毎日、整体院に出て行って、朝から晩までお客さんに施術をして、ヘトヘトに疲れ果てている・・・

年を取るごとに、どんどん体力が落ちていくにもかかわらず、朝から晩まで働き続けないといけない・・

まるで、バケツで山奥に水を汲みに行っていた若者と同じような、現実を目の当たりにしたのです・・

そして、この知り合いの整体師の方は、自分が年をとった時、時間を切り売りして収入を得るのは厳しい、と気づいたのです。

働き続けなければ生活することができない状態にならないように、、、

ネットワークビジネスの世界に参入することにしたのです。

なぜ、ネットワークビジネスを行うことにしたのか?

理由は簡単です。

ネットワークビジネスの仕組みは、資産収入を作り出すことができるからです。

1人紹介者を出して、そのメンバーを稼げるように育成していけば、あとはそこからつながるグループが自然発生的に、自動的に構築されていきます。

自分の代わりにスポンサーして育成したビジネスメンバーがお客さん候補の人にセールスをしてくれるからです。

つまり、二人の若者の話で言えば、村に水を運んできてくれるパイプライン、、

それがネットワークビジネスの神髄なのです。

そして、あなたのところへ自動的にお客さんを運んできてくれるものが、インターネットマーケティングであり、セールスレターと言えるでしょう。

これらの力は全てインターネットのネットワークビジネスに携わる中で身に付けることができます。

ですので、売れるセールスレターを1枚書くことができれば、資産収入をつくることができるのです。

そのマーケティングの内容を、あなたに教えることにしましょう!

私が運営している講座、MLM成功メールセミナーの中で伝授していますので、下記の登録フォームからメールアドレスを登録して、しっかり学んでみて下さい。

一切無料で受講することができますので、あなたがリスクを負うことはありません。

↓↓↓無料メールセミナー受講はこちらから
[mwform_formkey key=”590″]

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

パブロとブルーノで学ぶ労働と資産の教訓がココに