人生って好きなことだけやって自由に生きていいんだって知ってた?


好きなことだけやるやるなんて甘い?!

好きなことだけをやる人生は夢でも何でもない!よく考えると極めて現実的な話だ。

なのに何で今の社会では

「好きなことだけやるなんて甘ったれたこと言うんじゃない!」
「もっと現実を見なければダメだ!不可能なんだから」
「みんな仕事をしなければならない義務が課せられているのよ!」
なんてことを言われ続けなければならないのだろう?

ここのところはよく考える必要があると思います。

好きなことをするのって人間として普通のことだと思います。

同じ1時間でも、嫌なことは「早く終わらないかな」と思いながら、すごく長い時間を過ごしてるように感じます。

でも楽しいこと、好きなこと、情熱を持てることであれば「もっともっとやりたい!まだまだ足りない!」と感じて、寝食を忘れてしまうくらいに没頭してしまうものでしょう。

ちなみに、これが自分の夢を持って、夢を追いかけている状態であると言えますね。

何でやらなきゃいけない義務があると言われるの?

子供の頃に、親や周りの大人である教室等から「自分の夢を持ちなさい!」と教えられた方も多いはずです。

でもその夢を見つけて、いざ実現を目指して進もうとすると「いつまでも夢ばかり見てないで現実を見なさい!」なんて言われてしまいます。

もう、何かめちゃくちゃ矛盾してるじゃないですか?

一体何なんでしょうね?

これじゃあ未来を担う無限の可能性を持った子供達も希望の種をむしり取られるだけで、将来の日本や世界は決して良くならないでしょう。

何とかしなければいけないのですが、そのためには根本から考え直さないといけないと思うんです。

では、ここで一つ考えてみたいのですが、彼らが言う「現実を見なさい!」の現実って、具体的には何なんでしょうか?

結論から言ってしまうと、それはお金のことなんです。

お金を稼ぐ=仕事をしなければいけない=仕事とは苦労して我慢してやるもの=夢ばかり見てはできない=現実は辛いもの

という構図が今の一般常識として成り立ってしまうんですよね。これが1番の問題だとは思いますが、実際そうです。

もしこれが事実であれば、確かに夢ばかり見ていたらただの人生の落伍者になってしまい、ロクな生活も送れないでしょう。

でも、嬉しいことにこの構図は根本から間違ってるんですよ!

そもそもサラリーマン社会の始まりは、中世ヨーロッパ時代、1602年3月20日に設立された東インド会社からスタートします。

東インド会社

ここではお金を出す人、会社を運営化する人、会社の仕組みとなって労働する人の3者が明確に別れていました。

お金を出す人はお金を出すだけで収益を得たいから。
運営者は自分の頭で考えて経営をして報酬を得たいから。
労働者はただただ労働の対価として賃金が欲しいから。

それぞれのやりたいことや目的がこの前頃は明確だったんです。

労働者だけは、他に叶えたいゆめがあるからとか、家族をただ食べさせるためだけとかが理由で、働いている労働自体にはモチベーションを持っていないことが多かったようですが、、

それでも何も考えずに身体だけ機械のように動かしていれば良かったので、会社としての仕組みはうまく回っていたのです。

しかし、今はどうでしょう?何か明確な目的があって会社に就職して仕事をしている人がどれくらいいるのか?

正直、かなり少ないと思うんです。

なぜなら、会社に就職してサラリーマンとして働くのが一般常識になってしまっているから、深く考えずにいい大学を出て大手企業に就職することを目的に世に出てしまう人が多過ぎるんですね。

しかも、現代のサラリーマン達はただの単純な労働者であるだけでは生きていけません。経営者のように頭で考えて、高いモチベーションを持って仕事をすることを求められるんです。

自分の明確な目的を持っていないで行っている仕事に、経営者のような高いモチベーションを持つ?!

そんなの無理に決まってるじゃないですか!

仕事に熱い情熱がないのに思考を働かせることすら難しいです。

だからサボリーマンとか、パラサイトOLと言われる人達が今の社会には多いんです。

これって本当に異常事態だと思いませんか?

本当の人生のスタートは情熱に気付いた時から

だったらどうすればいいんだろう?

解決策は明確です。

もう一度、子供の頃に教えられた「自分の夢を持ちなさい!」という視点に立ち戻って下さい。

夢を持てば、そこ夢を叶えるための思考や行動は全て高いモチベーションで実行できます。

まさに「時間が早く感じる!まだまだやりたい!やり足りない!!もっともっと!」という状態を得られます。

しかも、遊びではなく仕事でその感覚を得られます。

この感覚を持って仕事ができたら、もう最強です!

敵なしです!無敵です!

夢を持って、好きなように仕事をして全然いいんです!

三浦知良さんはサッカーで!
所ジョージさんはタレントで!
北野武さんはお笑いと映画監督で!
竹中直人さんは俳優で!
イチロー選手は野球で!
Gacktさんはミュージシャンで!
孫正義さんはIT事業で!

皆それぞれの仕事で成功してますね!

嫌々やっていた仕事でここまで成功できたと思いますか?

絶対無理だと思います。

その仕事に情熱を持って打ち込み、無我夢中の境地で仕事をしたからこそ結果的に、いつのまにか成功していたということになったんです。

ぜひ、自分の夢を見付けて、追求する人生であってください!

【PR】夢を見付けた人の仕事人生はこんなにも輝き出すんだ!


PR

インターネットとネットワークビジネスの融合・・・

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!メールで無料の資料請求はこちら
[mwform_formkey key=”590″]

心のこもらない仕事なんてするな!


何のために働いているのか?

生活をしていくためにはお金が必要だよね?

これは現代社会では絶対に必要!

そしてお金を稼ぐためには何か仕事をしなくちゃいけないんだけどもしかして仕事をする目的がお金を稼ぐということだけになってしまってないかな?

本当に残念なことだけど、お金を稼ぐためだけに仕事をしている人が世の中にはあまりにも多過ぎる。

毎日毎日嫌々ながらも満員電車に詰め込まれて、やりたくもない仕事をするために会社に出勤して、話したくもないし顔も合わせたくないような嫌な上司に怒られて、更にはお客様からも理不尽な理由で怒られたりする。

家に帰った時にはもうグッタリ疲れていて、一杯の350ml缶のビールが唯一の楽しみ。

1日の愚痴を肴にチビチビ飲むだけで、ろくに子供の様子を見ることもできないくらいに疲労困憊。

仕事の時には早く休みにならないかな~と夢見てるくせに、休みになったらなったで疲れきってるのかダラダラと過ごすだけ。

日曜日の夜に「あ~また明日から仕事か~結局今週も何もしなかったなぁ~」ってサイクルを繰り返してしまうくらいに心がやられてる。

まさにダメサラリーマン根性だよね。

あのさ・・これって一体何のための人生なの?

生きていて正直楽しいのかな?
そんなわけ、絶対にないよね!

何でこんなことになっちゃうか?

それはね。全部仕事に対しての想いが要因なんだ。

情熱の炎を燈そうぜ

仕事で成功している人の共通点

仕事で成功している人って、仕事をしている時にはバリバリ仕事をするし、休みの時にはしっかりオフモードに入って遊びも全力でやるものなんだ。

さっき出てきたダメサラリーマン根性の人とは真逆だね。

この違いについて、世間一般的には

「仕事の条件がよかったんだよ」
「上司に恵まれたんだね」
「凡人にはない天才的な能力があったからだよ」

と言われているけど、そうゆう意見を聞くと、はぁ~何もわかってないんだな、、と思う。

仕事で成功していく人と苦しめられていく人の天と地ほどの違いを生んでいるのは、実はほんの小さな一つのこと。

心に情熱の火を燈しているか、いないのか?

たったこれだけのことなんだ。

世の中には色んな仕事があるよね?

営業マン、弁護士、医者、配管工、教師、デザイナー、プログラマー、運転手、ミュージシャン、エンジニア、小説家、公務員、建築家・・

あー!!もう数えきれないよね!

そして、どの仕事であっても、成功者もいるし敗者として苦しんでいる人がいるよね?

もし仕事とか職業によって成功するとか失敗するとかが決まってしまうのなら、こんなことは絶対に起こらないはずなんだ。

その決定的な違いは、やはり想いなんだよね。

楽しいと感じることを追求しよう!

じゃあ、想いを持って心に情熱の火を燈して仕事をすればいいんだ!と考えた人は、ちょっと待って!!

そうは簡単にいくものではないんだ。

心に火を燈してみようって言ったって、何が情熱なのかどうか、いきなりわかるかな?

何が何でもやってやる!ってな気合いのことでしょ?!って言うかもしれないけど、似てるけどちょっと違うかな。

何故なら、無理やり心を発奮することはできるけど、長続きはしないでしょ?

一定期間が過ぎると、また意識して気合いを入れないも、その情熱に似ている心も忘れてしまうものなんだ。

じゃあ本当の心の情熱ってどこにあるんだろう?

それはね、わかりやすく言うと自分が楽しいと感じれることだよ。

簡単過ぎて拍子抜けしたかな?

でも、自分が本当に大好きで楽しいことやっている時ってどんな感覚になっているか、思い出してみて。

きっと時間が経つのもご飯を食べるのも忘れてしまうくらいに熱中してやってしまって、休んでいる時もそのことが頭から離れなくて、

『こんなやり方はどうかな?』
『もっとうまくいく方法があるんじゃないかな?』

とか積極的に創意工夫をしていくと思う。

無理やりじゃなくて自然に。やりたくて仕方がないからやっちゃうって感覚だと思うんだ。

そして気付いたらその好きなこと精通して、ベテランの領域に至ってしまうよね。

これがさ、趣味じゃなくて仕事をだったとしたらどう思う?

仕事がしたくてしたくて、寝食を忘れるくらいに夢中になっちゃって、どうしてもやめられないくらいの楽しい感覚で仕事をする。

嫌々仕事をしている人が、こんなに楽しんで仕事をしている人に絶対に勝てるわけないよね?

だから、人生を充実したものにしたいんだったら。
もっと楽しく生きていきたいと本気で望むなら。

自分の好きなことを妥協せずに追求していって下さいね!

松下幸之助さんの言葉にとっても素晴らしい言葉があります。

「人間、ただ働くだけなら誰にでもできる。が、その仕事に意義を見出だし、この仕事を通して自分は社会に貢献しているのだと感じれば、黙っていてもその働きは変わってくる。」

この言葉の真意が、自分の楽しいと思えることを追求して、心に情熱の火を燈す!ということになるんだと思うんだ。

【PR】心に情熱の火を燈すために知っておかなければならないこと