天才詐欺師に学ぶマーケティングテクニック


※※※
今回のブログは一部の方に、不快な思いをさせてしまうことが
あるかも知れません。
読まれる際は、自己責任でお願いします。
※※※

 

世の中には、人の心をいとも簡単に掴んであっという間に商品を売ってしまう人たちがいます。

そう、詐欺師です。

不思議に思いませんか?

●なぜ、学歴の高い賢い人が、
詐欺師にいとも簡単に騙されてしまうのか?

●なぜ、彼らは、手遅れになるまで
自分が詐欺にあっていると気づかないのか?

●そして・・なぜ、彼らは
「自らの意思でその商品を買った」と思い込んでいるのか?

実は彼らは知っているのです。

人の心を支配し、自由自在に動かす方法を・・

内容を少しだけ確認してみる

 

ブリンクリーという男を知ってますか?

この男は、「伝説の詐欺師」と呼ばれ、大量にものを売って億万長者になった男です。

彼のやったことは本当にめちゃくちゃで・・・

例えば、医師の免許を偽造して

「ヤギの精巣を男性に移植して勃起障害を治療する」

という今では考えられない治療を何度も行い、大金を手にした男です。

本当に馬鹿げた話ですよね・・

でも実は彼から学べることはたくさんあるんです。

あの世界一の億万長者メーカー、ダン・ケネディですら、

「信じがたいものを売る秘訣は信用できるものを売る際にもっと効果を発揮する」

と言って、彼からたくさんの学びを得ています。

今日は1つ、ダンケネディがブリンクリーから学んだことをシェアしようと思います。

 

『天才詐欺師のマーケティング心理技術』
より、引用・編集

===========
『権威によって自分をアピールする』

人は誰しも、その分野の権威ある人間に信頼を置く。

そこで、自分に権威を持たせるためにブリンクリーはこんなことをした。

■自分の商品を専門化して複数に分ける

ブリンクリーは、とある薬を売っていた。

ちなみにとある薬というのは、ただの瓶に入った普通の液体である。

当時これを『何にでも効く特効薬』として売っていたが、ある時こんなアイディアを思いついた。

それは、「液体の色を変えて3つの瓶に分ける」というもの。

つまり、
Aという病気には、Aという薬。
Bという病気には、Bという薬。
Cという病気には、Cという薬。

というように、商品を専門化したのである。

すると、どういうわけか、面白いようにその薬は売れるようになった。

「万能薬」を持つ医者よりも「専門の薬」を持った医者の方が、その病気の権威であるとお客は無意識に思ったのだろう。

自分の商品を専門化することで、その道の権威として、自分をアピールすることができる。
===========

 

さて、どうでしょう?

自分のビジネスにも応用できそうじゃないですか?

もし、ピンと来て自分のビジネスにも応用してみようと思ったのなら、鋭いですね!

そうなんです。

すでに実際にビジネスに応用して成功した事例もあります。

こんな風にです。

==========

とある靴屋には、売れ行きが悪い商品の中に、革のクリーナーとトリートメントと
つや出しが1つになった優れものの泡状エアゾールがあった。

それを3つの缶にわけ、

1)クリーナー用
2)トリートメント用
3)つや出し用

とラベルを貼って販売した。

すると、売上は跳ね上がり、お客さんも「今までで最高の履きごごちだ」と絶賛してくれるようになりました。
==========

他にも、除草剤を売っている店舗では、、、

==========
除草剤を、

1)除草剤
2)除草直後に使う予防スプレー

に分けて販売したことで売上を伸ばした。
==========

という事例もあります。

この他にも、一般市販薬、栄養補助食品、スキンケア製品など応用例はたくさんあります。

このようにブリンクリーは、マーケティングの原則を知っていて、それを忠実に行ったことで大金を手に入れることが出来ました。

きっと、ブリンクリーが別のまともな商品を売っていたら、今では天才マーケターとしてその名を轟かせていたことでしょう。

さて、このようなブリンクリーの驚くべき詐欺手口から学べるマーケティングの原則は、この他にもあと20個あります。

もし、あなたもダンケネディと同じように、天才詐欺師からでも学べることはあると
柔軟な考えを持っているなら、この本

「天才詐欺師のマーケティング心理技術」

はとてもオススメです。

天才詐欺師のマーケティング心理技術を少しだけ読む


PR

インターネットとネットワークビジネスの融合・・・

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!無料メールセミナー登録はこちら
[mwform_formkey key=”590″]

【画像】ネットビジネス起業に伴う間違ったアウトソーシング法


【画像】ネットビジネス起業に伴う間違ったアウトソーシング法

GoogleやYahoo!、マイクロソフト、
ジェイ・エイブラハム、
ダン・ケネディなどの
権威がアドバイスを求める
ネットマーケティングの専門家が明かす…

ほとんどのネット起業家が
自分の才能を潰してしまう理由とは?

理由をチェックする
http://directlink.jp/tracking/af/1417247/nptPvxNt/

 

これは、あなたがインターネットを使った
ビジネスを立ち上げる場合に必要となる
すべての活動を細分化した図です。

一口にインターネットビジネスと言っても ご覧の通りとんでもない作業量が発生します。

とてもではありませんが、
一人でこれらのすべてをやるなんて
とてもじゃないけど無理ですよね?

遅かれ早かれ、仕事を自分以外の人や会社に
アウトソーシングしていく必要があります。

しかし、ビジネス戦略構築のエキスパート、
リッチ・シェフレンによると
多くの人がアウトソーシングについて
大きな間違いをしていると言います。

インターネットビジネス
「マニフェスト」より引用
=====================
インターネットで成功するには、
あなたは効果的なアウトソーシングの
方法を知らなければなりません。

残念なことに、大半の人のアウトソーシングに
対する考えは間違っています。

それは彼らがアウトソーシングをするときに考える、
一つの質問から発生しています。

その質問とは

「どうすれば、もっとも安く
やってくれるだろうか?」

というものです。

この質問に対する答えは、
たくさんの落胆、フラストレーション、
そして機会損失と頭痛を引き起こします。

それはビジネスを成功させるものが
何かを理解していないからです。

もっとも安い選択肢は、もっとも信頼できて、
素早くて、知識があるような、
ベストな選択肢ではあり得ません。

昔から言われるように、
「安かろう悪かろう」なのです。

あなたは既に、自分の時間の
価値を理解しているでしょう。

安い選択肢は、あなたが思うよりも、
高いコストが付くのです。
=========================

インターネットビジネス「マニフェスト」
の詳細はこちらから

http://directlink.jp/tracking/af/1417247/nptPvxNt/
※2980円(税抜)→ただ今無料で配布中!
※キャンペーンは予告無しに終了する場合があります。

実は、仕事を外部に依頼する場合
「アウトソーシング」と「アウトタスキング」の
2つがあります。

そして、アウトソーシング先を探す時に
「どうすればもっと安くやってもらえるか?」
という質問をあなたがする時、

それは「アウトタスキング」の手法を
取っているのだとリッチ・シェフレンは言います。

そして、アウトタスキングでは、依頼する度に作業の質が
下がり続けるというリスクが発生するだけでなく、
結果的にコストが非常に高くついてしまうのだ、と。

では、アウトソーシングとアウトタスキングの違いは何か?
最高のアウトソーシング先を探す時にするべき正しい質問とは?
さらに、アウトソーシングで収益性を10倍にする方法とは?

続きは、こちらのベージからリッチ・シェフレンの
インターネットビジネス「マニフェスト」
を無料請求して確かめてみてください。

http://directlink.jp/tracking/af/1417247/nptPvxNt/

PS.
この商品は実際に2,980円(税抜)で
販売していたものなのですが、、
テストマーケティング期間中につき
今なら無料(送料のみ)でもらえます。

ぜひ、この機会に手に入れてくださいね。

無料(送料のみ)で本をもらう
http://directlink.jp/tracking/af/1417247/nptPvxNt/br>

 

※無料キャンペーンは予告無しに終了する場合があります。その際はご了承下さい。


PR

インターネットとネットワークビジネスの融合・・・

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!無料メールセミナー登録はこちら
[mwform_formkey key=”590″]

ダンケネディが教える、お金持ちの思考回路


あなたは習慣としてビジネス書を読んでいるでしょうか?

最近は若い人を中心に深刻な読書離れが起こっていて、社会人の90%以上は定期的に読書をしていないそうです。

あなたが普通のサラリーマンでも、専業主婦でも、職人でも、大学生でも、個人事業主でも、プロのコンサルタントでも、はたまた成功しているビジネスオーナーや経営者であっても、絶対に役立つスキルやノウハウというのがあるんです。

でも、それらの役立つ情報を人生の経験からだけで得ようとすると膨大な時間がかかります。

ビジネス書は、その道の専門家が既に長年をかけて経験してきた実績や得てきた知識・ノウハウを元に書かれていて、その本を読むことによって間接的な経験として、知識・ノウハウを手に入れることができるんです。

ビジネス書は、人生を生きていく上での格闘技を身に付けるようなものです。

私が読んできた本の中から特に役に立つと思ったものを厳選して、たまには紹介していくことにしますね。

今回はこんなビジネス書です。

ダンケネディが教える、お金持ちの思考回路

もし、あなたが

・金払いの良い富裕層をお客にしたい。
・セレブな顧客との付き合い方を学びたい。
・お金持ちがお金を使うポイントを知りたい。
・高額商品を販売したい。もしくは既に扱っている。

といったことに興味があるなら
この新刊本「富裕層マーケティング 仁義なき戦略」は
非常に役に立つ一冊になります。

↓↓ココをクリック

富裕層マーケティングのポイントを確認しよう!

 

なぜなら、この本は「富裕層」
つまりはお金持ちを相手にしたビジネスの
実にいろんな事例や

彼らに高額の商品やサービスを売っていく
マーケティング方法が網羅されているからです。

というのも、この本の著者は
アメリカで一番多くの億万長者を生み出した
現役マーケターでコンサルタントのダン・ケネディ。

彼の周りには億万長者メーカーの名の通り、
おびただしい数の富裕層がいます。

誰よりもたくさん富裕層という人種に
接しているケネディだからこそ分かる

「お金持ち完全攻略法」

がこの本には書かれているというわけです。

ケネディによると富裕層と一言で言っても
いろんな分類ができるそうで、例えば

 

・ウルトラウルトラ富裕層
世帯収入が百万ドル以上。純資産は1千万ドル以上。

・ウルトラ富裕層
世帯収入が25万ドル以上。純資産が300万ドルから 1千万ドル。

・富裕層
世帯収入が15万ドルから25万ドル。
主要な住宅や、別宅の資産価値を含む純資産が百万ドル以上。

・マス富裕層
世帯収入が8万5千ドルから15万ドル。純資産が25万ドル以上。

 

などがいて、一言にお金持ちと言っても
その中でもいろんな種類があり、
それぞれが違った思考回路を持っているので
アプローチの方法も違うんだそうです。

また、彼らのこういった収入面からも分かるように
実のところ一般層の顧客に1万円の商品を売るより
富裕層に3万円の商品を売るほうが簡単です。

さらに言うと、お金を持っていて
抜群の購買力を誇るので二度目、三度目と
商品をリピートしてもらうことも難しくありません。

その上、彼らは基本的に商品の値段よりも
品質重視の人が多いので商品の細かい価格について
つべこべ言ったりしない「良質」な顧客と言えます。

とは言え、いいところばかりではありません。

富裕層というのは人口に占める割合が少ないので
売る売らない以前の問題として見つけ出すのが困難です。

ただ、この本にはどうすれば
富裕層を見つけ出せるかについても
しっかり書かれているので

まさに富裕層を相手に
高額な商品を売るビジネスをするための
「辞書」として活用できる一冊と言えます。

もし、あなたがセレブをお客にして、
ビジネスを大きくしていきたいなら
非常にオススメできる一冊なので
是非一度手に取ってみてください。
↓↓
無料で90日間の試し読みができるのでリスク無しです!


 

PR

インターネットとネットワークビジネスの融合・・・

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!無料メールセミナー登録はこちら
[mwform_formkey key=”590″]