ニュースキンジャパン・NSEの製品の返品とポイントの関係って一体?!


ニュースキンジャパン(Nu Skin Japan)の取扱い製品は日本上陸その当時においてはシャンプーや石鹸、基礎化粧品のみでしたが、今ではシャンプー、石鹸、基礎化粧品、化粧品、洗剤等といったニュースキン(Nu Skin)健康食品・サプリメント、バイオフォトニック スキャナーといったファーマネックス(Pharmanex)、インターネット関連等のビッグプラネット(Big Planet)に区分けされています。

ニュースキン(NSE)のディストリビューターはニュースキンプラザ(Nu Skin PLAZA)でウェブサイトでニュースキン・ファーマネックス・ビッグプラネットの製品をオーダーできます。

MLMの製品は安いか?

ニュースキンジャパン・NSEの製品の返品とポイントの関係って一体?!

ということはよく議論されますね。

ニュースキンプラザにおいてのニュースキン会員への卸売り価格であるディストリビューター価格より更に、インターネット上のオークションやネットショップでの売り値の方が低額だという事態になってしまっています。

ニュースキンの健康食品部門ファーマネックスの主力製品であるライフパックを例に挙げると、

ディストリビューター価格(卸売価格):4,904円
参考小売価格:7,014円

ですが、

オークションでは3,000円くらいで落札されており、
ネットショップでは4,000円強程で取引きされているようなんです。

ニュースキンジャパンのディストリビューターは、卸値の4,904円でニュースキンジャパンから仕入れ、自己消費するか小売価格を設定して小売することが本来の活動になりますが、ウェブ上でこれほど割安に売られていると参考小売価格の7,014円で小売することはおろか、自分自身が購入した卸売価格の4,904円ですらも販売することは困難なことであると言えますね

なんで、ディストリビューターへの卸売価格よりもインターネット上の小売価格の方が安いのでしょうか?

それは・・・

エグゼクティヴ資格の維持条件達成の為に売上が不足している分を自己購入=買い込むディストリビューターが多くいるためだからです。

事によってはタイトル維持の為に、自分名義に加えて他人名義でも買い込むディストリビューターもいるみたいです。

ネットワークビジネス業界ではよく見られる、負の連鎖です。

魔の悪循環ですね。

ニュースキンでは返品を受け付けているため返品も可能であるのですが、返品分はポイントを相殺され、更に、あんまり繰り返し返品を行ってしまうと警告が生じるケースがあるらしく、毎月のようにしょっちゅう買い込みを行なっているディストリビューターは返品をしづらい面があるみたいですね。

そうして、必要以上の在庫品を保持しすぎて、その在庫が膨れ上がる一方になってしまうため、損を覚悟で格安でオークションに出品したり、MLM製品買取専門店に買い取りを依頼するらしいです。

4,904円で購入した製品をオークションに出品して3,000円位で転売していたら大損になりますが、小売可能なあてを持っていない在庫を所持し続けることと比べると、まだマシであるという判断をするディストリビューターが沢山いることがわかりますね。

更に、オークションへの出品は手間暇がかかり、なおかつ個人が特定されてニュースキンから処分されてしまう危険性があることもあって、MLM買取専門店に買い取って貰うディストリビューターは多いようです。

MLM買取専門店においての買い取り価格はライフパックで2,000円未満で、1,700円くらいのことが多いらしいですね。

4,904円で購入した製品が1,700円でしか転売できなくても買い取りを依頼するディストリビューターは十分にいるようです。

MLM製品買い取り専門店は1,700円で仕入れたライフパックをオークションに出品して3.000円前後で売却したり、ネットショップ等に卸販売を行い、それをネットショップ側は4.000円強程で取り扱っているのが現状でしょう。

小売先のアテが無い買い込みが需要と供給のバランスを崩し、値崩れを起こしている部分があるからこその、この経済サイクルと言えるでしょうね。

何だか、世知辛い現代社会のビジネスの縮図を見ているようですよね。

こんなラットレースの弱者にならないためには、MLMビジネス成功のテクニックと知識を身に付けておくべきしょう。

下記のメールセミナーを受講してみて下さい。

驚くべき成功テクニックをお伝えします!

一切無料のセミナーとなっていますので、気軽に登録して下さいね。

↓↓↓無料メールセミナー受講はこちらから
[mwform_formkey key=”590″]


ネットワークビジネスではよく言われている誘い文句・・・

5人だけ紹介すれば誰でも稼げますよ!に騙されないで・・

Amwayの鍋デモパーティーで虜になった私の「こんなはずじゃなかった」衝撃体験とは!?


私の1度目の「こんなはずじゃなかった」体験は、友人のお誘いからでした。

「今度大勢でたこ焼きパーティーするから来ない?」

まさか彼がネットワークビジネスをやっているとは!

しかもあの超大手MLM会社のアムウェイ!

Amwayの鍋デモパーティーで虜になった私の「こんなはずじゃなかった」衝撃体験とは!?

彼とは長年の知り合いで、家も自転車で10分の距離でした。

たこ焼きパーティー当日。

1LDKの部屋に約10人くらいの人々が集っていて、飲み物を片手に、たこ焼きをつまみつつ、例の鍋でゆでた野菜のサラダ、鍋で焼いたとても美味しいチーズケーキなど食べながら、みんながお鍋や洗剤やサプリメントやその他諸々の話を楽しくしているわけです。

私も、昔、母親が使っていたアムウェイ洗剤を思い出し、

「アムウェイ知ってるよ~洗剤良いらしいね!一度使ってみようかな」

なんて、友人がよろこぶ言葉をつい言ってしまい。。。

そこで、一発、彼が洗剤のミニデモを披露してくれて、驚きと感動の瞬間が訪れましたね。

完璧、もうAmwayの虜ですよ。

彼に勧められるままに、すぐさまディストリビューター登録していました。

ところが、事態は思わぬ方向に。。。

======================================================

友人知人を誘わずに、パソコン1つで、自宅にいながら全国にダウン構築!
↓↓下記フォームに名前とメールアドレスを入力して送信して下さい
[mwform_formkey key=”590″]

あなたに代わってネットマーケティングのシステムがダウンを自動構築します。

======================================================

その後、彼から連絡があり、

「製品の良さが分からないと伝わらないから。。。」

「鍋デモやセミナーにでて覚えてね」

「アップの人に紹介するからね~」

なんと、週1回の頻度で誘われて同行することに。。。

そして私の出費は増え、時間はなくなっていきました。

●交通費もかかる

●手土産も買っていかないといけない

●出先でのコーヒー代や食事代

●休みの日ものんびりしていられない

●平日の鍋デモに行くと夜遅くなる

「こんなはずじゃなかった!」と思いました。

しかも、会社を辞めて、もらった退職金をはたいて、高額製品を購入しまくる彼を見ていて恐ろしくなりました。

ついには彼からの誘いの電話やメールを無視し続け、私はネットワークビジネスの道から降りたのでした。

私は、ネットワークビジネスに勧誘されて、友人をなくしました。

こうして、ネットワークビジネスには二度と関わらない!!

と思った私が、2度目の「こんなはずじゃなかった!!」という、衝撃体験をし、インターネットでネットワークビジネスを全国展開することになるとは、その時想像もしませんでした!

======================================================

友人知人を誘わずに、パソコン1つで、自宅にいながら全国にダウン構築!
↓↓下記フォームに名前とメールアドレスを入力して送信して下さい
[mwform_formkey key=”590″]

あなたに代わってネットマーケティングのシステムがダウンを自動構築します。

======================================================

まさに、やってみなければわからないものです!

●セミナーや鍋デモパーティーにでなくていい!

●口コミで友人を誘って、友人を失くす心配もない!

●自宅でパソコンひとつでできて余計な出費を気にすることもない!

だから会社勤めをしていて、ネットワークビジネスほぼ初心者だった私にもできてしまいました!

パーティーにも行かず、セミナーにも行かず、自宅でこつこつ活動するだけで、インターネットでお客さまのほうから

「ビジネスの話を聞かせてください!」

と言ってもらえるなんて、私には衝撃の成功体験でした!

口コミビジネスのときには、パーティー、セミナーに必死で出かけていたのがウソのようです。

私は、自宅にいながら、パソコン一つで、全国のメンバーとご縁し、今では、両親と同居できる家を建てる!

という夢を持てるようになりました!

あなたの成功体験もここから始まります♪

↓↓下記フォームに名前とメールアドレスを入力して送信して下さい
[mwform_formkey key=”590″]

======================================================

 

【編集後記】

普段は会社に勤めながら、休日は家族とのんびり過ごしたり、ジムに行ったり、両親を訪ねたりしています。

ビジネスでも、グループのメンバーとスカイプやメールで協力して結果を出すことが楽しく、先日は、海外から帰国したメンバーとランチ会の機会もありました。

セミナーやパーティーに行っていた時は人間関係がストレスだったのに、今は楽しくて仕方がありません♪


ネットワークビジネスではよく言われている誘い文句・・・

5人だけ紹介すれば誰でも稼げますよ!に騙されないで・・

ニュースキンジャパン社長が語る、世間のネガティブイメージさえ払拭すれば業界は飛躍する?!


業界全体が一丸となってイメージアップに尽力する 
~ニュースキンジャパン ライアン・ナピアスキー 社長~

「あなたにとって良いものだけを」をポリシーに革新的な製品を提供し続けるニュースキンジャパン。

ライアン・ナピアスキー社長は、主宰企業やディストリビューターが一丸となり、業界の認知向上やイメージアップに取り組むべきだと強調している。

そんなライアン・ナピアスキー社長に9個の質問をインタビューし、その回答があるのでご覧下さい。

<企業DATA>
【本社】東京都新宿区
【創業】1993年4月
【主力製品】化粧品「genLOC」シリーズ、栄養補助食品「ライフパック」

ニュースキンジャパン社長が語る、世間のネガティブイメージさえ払拭すれば業界は飛躍する?!

質問1~世の中にどんな貢献をもたらしてきたか
ミッションを広めることが社会貢献になる

ニュースキンが掲げるミッションとは、「世界のForce for Good」になること。

このミッションは、

①ビジネスオポチュニティ
②革新的な製品
③人々の生活を豊かにする文化

の3つを中心としている。

多くのディストリビューターが当社のミッションに従って活動することで、「人々の生活を豊かにする」という理念を日本中で広げている。

この取り組みこそが社会貢献になる。

 

質問2~製品ポリシーと報酬プランの特徴
シームレスプランを通じて世界中の人々を豊かに

製品のポリシーについては、米本社のニュースキンエンタープライズ社が84年に創業して以来、一貫して変わっていない。

それは「あなたによって良いものだけを」提供するという考え方だ。

報酬プランに関しては、当社が他社に先駆けて、どの国や地域で組織を構築しても、同一のプランで報酬を計算するシームレスの仕組みを設計した。

グローバルで展開できるこのシームレスプランを30年間継続することで、多くの人が世界中で豊かになるサポートをしてきた。

 

質問3~事業を継続できた秘訣
困難な状況の中にこそオポチュニティがある

事業を継続するカギは、日本のマーケットや文化において、消費者が何を求めているかを学び、理解することだ。

日本のディストリビューターと交流を持つ中で、日本は洗練され、成熟した市場であると実感している。

日本はいま高齢化に直面し、経済的にも困難な状況にある。

しかし私は、そのような苦境の中にこそ、ネットワークビジネスのオポチュニティがあると認識している。

 

質問4~ネットワークビジネスの最大の魅力
ネットワークビジネスは状況や環境を良くする

ネットワークビジネスは製品や仕事を提供するだけでなく、状況や環境を良くする力がある。

この点が最大の魅力である。

人には「若々しくありたい」「経済的に豊かになりたい」など、さまざまな望みがあるが、自分がなぜそのような目標に向かって努力するかを理解することで、人生をより良くできる。

行動の目的や意味を与えられることが、ネットワークビジネスの魅力だと言える。

 

質問5~トップとしてやっていて良かったこと
人が人を育てて成功する日本人の姿勢から学ぶ

ニュースキンは私の人生そのものだ。

私はこのビジネスを通じて、人が人を育てて成功に結び付くということを学んだ。

一般の企業における成功は利益を上げることが重視されるが、ネットワークビジネスの企業では、「どれだけ多くの人を成功に導けるか」「どれだけ多くの人にニュースキン製品を愛用していただけるか」が重要となる。

私はニュースキンに入社して今年4月で勤続20年、日本で社長に就任してから5年となる。

月日が経てば経つほど、日本で学ぶことは実に多いと感じる。

日本人のディストリビューターは忍耐強く努力し続けることを成功の秘訣と捉えており、そのような熱心な姿勢から多くを学んでいる。

 

質問6~市場を拡大・成長させるには
ビジネスに関わる人たちが自らをより洗練させる

1つは、このビジネスに関わる人がより自らを洗練させ、責任を持って行動しなければならない。

具体的には、ビジネスを前進させるだけでなく、業界へのネガティブな情報やクレームも真摯に受け止める必要がある。

自分たちが参加するビジネスをよく理解し、責任感をもって行動することが不可欠だ。

2つ目は業界が一丸となって協力し合うこと。

他社や行政とも友好な関係を築き、一致団結して業界のイメージを改善するよう努めるべきだ。

ネットワークビジネスに対する偏見と向かい合わなければならない。

 

質問7~ビジネス会員を増やすための方策
企業ブランドを確立して新規開拓しやすい環境作り

従来の方法とこれから新たに取り組むべき方法と2つある。

まず従来のやり方としては、ディストリビューターが良質な製品やオポチュニティを見込み客や休眠会員に正しく説明し、当社に参加していただく方法がある。

当社はグローバルで共通した戦略を行っている。

毎年新たな製品を発表すると同時に、ビジネスオポチュニティも提供する「オポチュニティリニューアルストラテジー」というものだ。

この戦略により、ディストリビューターが新規開拓しやすい機会を設けている。

続いて新しい方法としては、当社は数年前から、日本市場でニュースキンのブランドを確立するアプローチを開始した。

テレビや駅広告などを通じて、ブランドの認知を高める施策だ。

これによりニュースキンに好感を持つ消費者を増やすことで、ディストリビューターはよりスポンサリングしやすくなる。

これらの取り組みの最終的な目的は、ディストリビューターが新規の方にアプローチし、ビジネスをより拡大できる環境を整えることだ。

 

質問8~ネットワークビジネスの認知向上と健全化
米国での成果を参考に業界全体で健全化に注力

あまり改善されていないと思う。

当社ではトレーニングや教育を強化し、会員登録の方法を整備するなどして、健全化に取り組んでいる。

他社もさまざまな努力をしているが、このビジネスへの印象を変えるには業界全体で行動を起こすことが欠かせない。

90年代に米国市場でも厳しい状況があった。

そこで各社が、DSA(米国訪問販売協会)が定めたビジネスの方法や製品の返品ポリシーに従って事業運営したことで、イメージの改善に大きく役立った。

大手企業が一緒に米国の有力な新聞媒体でPRしたことも奏功した。

日本でも同じく、認知向上に向けて業界全体で取り組むべきである。

 

質問9~貴社と業界の2020年はどうなるか
いまの2倍以上の人たちの生活を豊かにできる会社に

ニュースキンという企業が、いま以上に人々の生活を豊かにできる会社となっていることを願っている。

現時点でサポートしている2倍以上の人たちが豊かになれたらと思う。

その結果として、当社の売り上げ規模も2倍になると想定している。

現状ではネットワークビジネスへの向かい風が強く、成長が難しい局面ではある。

しかし繰り返して言うが、数百万人ものディストリビューターを含む業界全体が協力してイメージアップに取り組まなければならない。

各社が集結することで、2020年のネットワークビジネス業界は必ず前向きに変化するだろう。

 

以上、インタビューの回答は如何でしたでしょうか?

このように、ニュースキンジャパンは今と今後をときめくネットワークビジネス業界の素晴らしい優良企業の一社です。

ニュースキンであっても、その他のビジネスであっても、このように成功して昇っていく事業には共通した成功法則というものが存在しているのはご存知でしょうか?

その成功法則を、無料のメールセミナーという形であなたにお伝えします。

下記の登録フォームからメールアドレスを登録して下さい。

一切無料ですので、当然あなたにリスクはありませんよ。

↓↓下記フォームに名前とメールアドレスを入力して送信して下さい
[mwform_formkey key=”590″]


ネットワークビジネスではよく言われている誘い文句・・・

5人だけ紹介すれば誰でも稼げますよ!に騙されないで・・

TIENS University開催は2500人以上の超満員で大盛況!


TIENS JAPAN(本社東京、深作荘一郎社長)は4月18・19日の2日間、「TIENS University(ティエンズ ユニバーシティ)」を東京(ベルサール新宿セントラルパーク)・大阪(堂島リバーフォーラム)の2会場で開催。

「TIENSのいま」そして「TIENSの今後」を学ぶ、アカデミックな体験型学習イベントとなった。

ディストリビューターやゲストら2500人以上が参加、特に大阪会場は立ち見も出るほどの盛況ぶりだった。

TIENS University開催は2500人以上の超満員で大盛況!

 

教育の充実とサテライトサロン、DNAプロジェクト発表

オープニングスピーチとして、深作荘一郎社長が2015年のビジョンを発表。

深作社長は、「TIENSグループの創業者である李金元董事長の信念は教育。教育こそが国力であり、教育が貧困から人々を救う唯一の方法だという強い信念を持っています。開業当初から教育に貢献し、1996年に開設したTIENS学院が、TIENS国際大学へと発展、現在、建設が進められています」とグループ本社の教育施設を紹介した。

その上でTIENS JAPANは、ウェブを積極的に活用し、

①「TIENS University」を立ち上げ、オンライントレーニングをスタートする。

ビジネスに必要なことを自由な時間に学べるほか、資格取得制度の導入、ビジネス以外の趣味・娯楽にも役立つコンテンツを制作していく。

②「Satellite SALON」を各地区で開催、製品の紹介や体験の場を提供する。

まず、名古屋・大阪・福岡・佐賀での実施が決定している。

③DNAプロジェクトとして、「DNA Insutitute(研究所)」を発足。

検査を応用したビジネスモデルをこうしていく。

これら3つの構想を語った。

 

「養生文化」を推進させるために自分の健康を知る

TIENSグループでは、本部のヘルスマネジメントセンターでDNA検査機器を揃えた医療研究施設を所有。

すでに数万人規模の検査結果をベースにした医学的なサポートを受けられるシステムを構築している。

大阪大学医学部付属病院の山崎義光教授によると、各人がどんな体質を持っているかということが検査のポイント。

例えば、日本人は太りやすい遺伝子を持っているが、太りやすい遺伝子を持っていたとしても、生活習慣に影響されることも大きいため、しっかりとして食事を摂ることや、運動も生活にとって重要だとの見解を示している。

「末病を治す」という養生文化のスローガンを推進させるため、TIENS JAPANは、オリジナルのDNA検査を受けることができるシステムを導入する。

その結果、一人ひとりに合ったライフスタイルやTIENSの製品を提案できるとしている。

 

エコサート認証の「アプロティーオーガニック」新製品3アイテム今秋発売

エコサート認証を取得したオーガニック製品アイテムを充実させることも報告。

エコサート・ジャパンの遠藤秀和氏がオーガニックコスメ認証やエコサートについての解説を行った。

現在、日本のオーガニック市場は、消費者が非常に高い興味を示している。

エコサート認証は、コスメティック業界においてはリーダー的存在で、安心・安全のオーガニックは、持続可能な社会を作り出すことをねらいにしている。

TIENS JAPANの「アプロティーオーガニック」スキンケアシリーズは、ネットワークビジネス業界初の日本での処方・日本で製造した製品。

売り上げも非常に大きなシェアを占めている。

結果的に、「環境に負担をかけない」素晴らしい化粧品を手掛けているのだ。

今秋発売予定のエコサート認証の3アイテムは、低刺激の「クレンジングクリーム」、うるおいが持続するさっぱりタイプの「トナー」、有機JAS認定の静岡のハーブ園で収穫した国産オーガニック成分配合の手作り「石けん」だ。

提携したハーブ園では葉を傷つけないように手摘みしている。

ハーブの収穫時にはディストリビューターが参加する計画もある。

このように、TIENS JAPANは今と今後をときめくネットワークビジネス業界の素晴らしい優良企業の一社です。

TIENS JAPANであっても、その他のビジネスであってもこのように成功して昇っていく事業には共通した成功法則というものが存在しているのはご存知でしょうか?

その成功法則を、無料のメールセミナーという形であなたにお伝えします。

下記の登録フォームからメールアドレスを登録して下さい。

一切無料ですので、当然あなたにリスクはありませんよ。

↓↓下記フォームに名前とメールアドレスを入力して送信して下さい
[mwform_formkey key=”590″]


ネットワークビジネスではよく言われている誘い文句・・・

5人だけ紹介すれば誰でも稼げますよ!に騙されないで・・