アムウェイライブってよく聞くけど、その本当の意味を教えましょう!


アムウェイライブをチェックしている人は、どういったことに関心を持っているだろうか?

多分、下に挙げる2つではないでしょうか。

それは、アムウェイライブドットコムと呼ばれるアムウェイの製品をウェブ上で買うことができるWEBページを調べたい人、もしくは、アムウェイが実施している年1回のライブを教えてほしいという人と思います。

この度は、これらの双方ともまとめてみることにしました。

 

アムウェイライブと芸能人

アムウェイライブでは、ネットワークビジネスのランキングにおいてもトップクラスだけのことはあって、さすがに盛大にイベントが行わている様子です。

そこでは芸能人も招待されて、さしずめコンサート会場に相当する雰囲気です。

アムウェイライブってよく聞くけど、その本当の意味を教えましょう!

ライブ演奏だけに限りませんが、例えばアントニオ猪木さん等も招待されたりしていました。

それ以外にも、日本においてはさほど知名度は無くても、ピアノの天才少年なんかも招待を受けたりしています。

こんな感じの中、スピーカーによる話や、タイトル獲得者が次から次へ花道を歩いていく様子を観て、アムウェイのメンバーと同行して来た人の目には、非常に魅力的に映ることになると思います。

「私もあの場所にのぼりたい!」

とダウンライン含め、大勢が意識してしまうかもしれないのです。

日本人にとっては知名度のある中島薫さんのグループのアムウェイライブにしても、豪華に開催されているみたいです。

 

アムウェイライブの大阪においてのイベントについて

アムウェイライブが大阪でイベントを行なう場合は、ジェニファーロペスが招待される、という噂が流れ、アムウェイではなくても、ファンも殺到するらしいですね。

そんなふうに、アムウェイにおいては、芸能人含め大勢を招待可能なイベントが実施されているのです。

しかし、関東圏や大阪等の大都市圏がほとんどなので、ちょっぴりバランスが悪いというのはいなめません。

その意味合いでは、田舎だと一気に拡大した場合でも、何となく根付かないのもうなずけるのではないでしょうか。

要するに、アムウェイでも情報格差や地域格差があるのですね。

県庁所在地はまだ良い方だと感じますが、地方都市だと友人勧誘に終始するケースも多く見られるので、まだまだマイナスの印象を抱いている人も大勢いると言えると思います。

 

アムウェイライブドットコムって?

アムウェイライブドットコムとは、初めの方にて添えました通り、ウェブ上で買うことができる、アムウェイのサイトのことを指します。

WEB上という訳で、当然携帯でも観覧できますし、メンバーも自らのグループの情報をみることが可能なので役に立つと断言できます。

アムウェイライブドットコム(Amwaylive.com)は、2014年2月に大改造を行いました。

アプリは廃止になったわけですが、現在ではニュースアプリということで再スタートしてます。

実を言うと、iPhoneの販売開始の時に、普及にアムウェイが尽力していたことを認識されているでしょうか?

具体的に言うと、iPhoneでプレゼンテーションが可能、という訳で、アップからダウンへとあっという間に普及した経緯があるのです。
※iPhoneでプレゼンと言うのは、PDFファイル等のことみたいです。

これはまだiPhoneが田舎では行き渡っていなかった2010年頃の話です。

そのタイミングから、アムウェイにおいてはインターネットを利用する動向が出ていたのです。

その一貫としてリニューアルも実施されたと言われています。

しかしながら、時期尚早といわざるをえない背景にあるのは、過去にネットワークビジネス関係のブロガーが書いた記事の残り火が、今でも点々と見受けられるからです。

だとしても、アムウェイの真の強さは、洗脳力と言っても間違いはないでしょう。

他のネットワークビジネス会員と比較してみても、アムウェイのメンバーは宗教に見劣りすることなく、自社の製品を盲目的に信頼する人が多いといった印象を受けます。

であるからこそ、トップをキープできているとも考えられます。

それでは、どのようにして、この洗脳を頑強なものにしているのか?

これらの詳細なテクニックについては、また別の機会で・・・

 

アムウェイの仕組み

アムウェイの仕組みについて、実際のところはそれほど知れ渡っていないのですが、非常に強力な仕組みが存在します。

それは、ダウンライン構築のシステムが、法的にギリギリの無限に生み出せる、といった点です。

言わずもがなですが、他のネットワークビジネスのシステムでは、コミッションが何段階まで、と規定されています。

それがAmwayにおいては、制限なくokといった仕組みなわけで、ダウンラインから伸びていった誰かがどこかで成功すれば・・・

自らのコミッションを発生させる可能性が考えられることを意味します。
※自分自身もタイトルの保持者である必要性はあります

これが、中国やアメリカやフランスやインドや、その他のどこの国の誰とも見当がつかない、会ったことさえない人でもOKなのですね。

これが許されるのも、アムウェイが強大な力を持っているがゆえと考えられます。

これ以外にも、アムウェイでは、他のネットワークビジネスには備わっていない、ユニークなシステムが存在します。
※微妙な違いも伴うことも考えられますので、細かい点は、公式のアムウェイライブからお問合わせください。

アムウェイの仕組みを使用することで、スケールの大きい成功を収めたければ、遠慮なくご相談ください。

 

※追伸


MLM業界の雄、アムウェイが持つ秘密のノウハウをネットビジネスに持ち込んで検証してみたんです。

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!無料メールセミナー登録はこちら
[mwform_formkey key=”590″]


ネットワークビジネスではよく言われている誘い文句・・・

5人だけ紹介すれば誰でも稼げますよ!に騙されないで・・

月刊ネットワークビジネスから過去で読む売上高ベストランキングトップ15


月刊ネットワークビジネスというMLMビジネスの専門情報誌があります。

ILLUSION inc

毎年の売上高ベストランキングが載っているのですが、最大手の順位等に大きな変動はないものの、そうは言っても変化の流れもあります。

直近2015年のランキングはもうすぐ確定してくるかと思いますが、業界の流れを掴んで見てみるという意味も込めて過去の2011年売上高ランキングを少し振り返ってみましょう。

当時の情報によれば、ネットワークビジネス業界は4年連続で規模縮小。

前年比マイナスが続いてしまっていたようです。

MLM企業大手20社の売上高の合計金額は、5823億円でした。

この20社だけ業界全体の70%を占めているというから、驚きですよね。

有名なパレートの法則がここでもしっかりと適用されてくるわけです。

それでも、前年対比は395億円の減少ということでしたが。

ちなみに、その2011年度の売上高の内訳は以下の通りです。

≪ネットワークビジネス2011年売上高ランキング≫

1.日本アムウェイ
2.三基商事
3.ニュースキンジャパン
4.フォーデイズ
5.アシュラン
6.ノエビア
7.フォーエバーリビングプロダクツ
8.ナチュラリープラス
9.シャルレ
10.タヒチアンノニジャパン
11.高陽社
12.ダイアナ
13.エイボン・プロダクツ
14.ニューウェイズジャパン
15.日本タッパーウェア

前年と比較すると、 金額ベースでは業界全体では売上高減少ながらも、増収企業の件数自体は増加してきており、これから先のネットワークビジネス業界には明るい兆しも見えてきていると言われてきていました。

でも、多くの勢いのある企業が増えてきたり、市場規模も5000億円以上と成熟市場感が出てしまうと、今自分がMLMビジネスに参入したとしても、業界がもう飽和状態だから無理なんじゃないか?と心配してしまう人も多いみたいですね。

それについては、どうか心配しないで下さいね。

市場というものは大きくなればなるほど、勢いのある増収増益の企業が増えれば増えるほど、MLM業界としての需要の拡大が進み、結果として生まれる巨大なブランド企業がネットワークビジネスそのものの宣伝をしてくれるという市場の法則のおかげで、多くの人がビジネス展開をしやすくなります。

これは、あの有名なピーター・ドラッカーも、その著書の中で説明している法則なんですよ。

また、ネットワークビジネスと言っても、本来は口コミで行うものが主流で、それ以外の方法はありませんでした。

我々が注目しているインターネットを活用して、口コミ無しで行うMLMビジネスというのは、まだまだ参入者の少ない、競合もいない、ガラガラの市場なんです。

まさに、ブルーオーシャン戦略を地で行くようなビジネス展開が可能なネットワークビジネスなんです。

一体どうゆうことなのか?

無料で開催中のメールセミナーで詳しく説明をしていますので、一度確認してみてください!

↓↓↓
[mwform_formkey key=”590″]

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

あなたには複数の収入の流れが必要です・・ホントにこのままでいいの?

無料でこれだけの情報を得られる機会を得たあなたは、本当に運がいいですね!

おめでとうございます!