マーケティングってそういうことだったの!?を読んで


モノを売るのは、そもそも簡単なのか?それとも難しいのか?

モノを売ることの本質を一言で言うと、それは・・

「ほしいと思ってもらえるものを、買ってもいいと思われる値段で売ること」

になると思います。

まぁ、当たり前といえば当たり前のことですが。

そこで必要になってくる考え方が、

・ではどうすれば欲しいと思ってもらえるのか?
・どうすればその値段で買ってもいいと思ってもらえるのか?

ということであり、その答えこそがマーケティングだと言えるのだと思います。

その答えをしっかりと導いていくために学ぶことが重要になってくるわけですが、では一体どうやって、何を学んでいけばいいのか?

マーケティングとは様々な要素で構成されています。

・ターゲット
・商品
・セールス
・プロモーション
・広告
・インターネット戦略

ここに挙げたのはほんの一例で、まだまだたくさんの要素で構成されている分野ですから、それぞれ個別に勉強したところで、一部を学んだというだけで実践的な勉強とは言えないかもしれません。

となると、重要なのは全体を見通すような勉強をすることです。

それを効果的に学ぶのに、下記の5ステップで学んでいくのがいいでしょう。

1、売ると売れるの違いや、売れるために何ができるか?といった、マーケティングとは何かについての根本的なことを学ぶ。

2、消費者の欲しいという気持ち、いわゆる「ニーズ」について学ぶ。どのように把握し、どこに注目すべきか?ここを学ぶことによって値引き競争に巻き込まれなくても売れるようになる基礎を作っていきます。

3、ある商品が発売されてから購入されるまでのプロセスについて学ぶ。

4、一度購入された後、何度も選んで購入してもらうにはどうすればいいのか?いわゆるリピーターになってもらってリピート購入をしてもらうということですが、ここで現代マーケティング最大のポイント、「ブランド」について学びます。

5、1から4までの事例を探して、実際の出来事と照らし合わせて学びます。

何度も繰り返すようですが、ポイントとなるのは細かいマーケティングスキルや用語をバラバラに覚えようとしないで、全体的なマーケティングの考え方として捉えることです。

基盤となる考え方さえマスターしてしまえば、個別の知識は後から楽に頭に入ってくるようになります。


PR

インターネットとネットワークビジネスの融合・・・

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!無料メールセミナー登録はこちら
[mwform_formkey key=”590″]

えっ?!ミキプルーンって宗教って言われてるけど、本当だったの?


ネットワークビジネス業界でも有名な企業のひとつにミキプルーンがあります。

ミキプルーンは一見すると会社名のように見えますが、三基商事という会社の商品の名前です。

ミキプルーンって聞くと「あ~あのミキプルーンでしょ?」

ってイメージがつく方も多いのではないでしょうか。

それだけ定着している、国民的商品だと思います。

でも、そのミキプルーンですが、よく言われる噂?に、実は宗教なのでは?という声が出ているということです。

国民的商品を扱っているだけに、普通にお店で商品が売られていて、レジに持って行ってお金を払って買うという、一般的な商品の中に陳列されている商品だけに、ネットワークビジネス的な話をミキプルーンの会員から聞いてしまうと、確かに「これは宗教じゃないか?やばいな・・」と見られても不思議はないかもしれませんね。

プルーンは身体にいいですよ~、健康にいいですよ~という、いわゆる普通の販売の仕方であれば、あやしいと思う人はいないと思うのですが、ことネットワークビジネスの勧誘となると

「このプルーンを食べればどんな病気でもすぐ治って、健康になるんだ!」

えっ?!ミキプルーンって宗教って言われてるけど、本当だったの?

とか明らかに過剰な発言をしたりして、後々苦情が出たり、被害にあったといって申し出る人も実際にいるようなんですね。

でも、ミキプルーンの商品が悪いわけでは決してないし、会社が悪いわけでも、ネットワークビジネスというビジネスの仕組みが悪いわけでもないと思います。

今の日本では、ネットワークビジネスという商売形態自体が、宗教のようなあやしげなイメージを持たれていて、一部の会員による過剰な勧誘が、膨張されて肥大化しているというのが実際のところだと思います。

ネットワークビジネスって、なんでうまくいかないんでしょうね?

商品が悪い、人脈がない、もっとやりやすい方法を教えて欲しいとか、人によって理由は様々にあると思います。

でもその一番の理由は、声をかけた相手側の考え、感情、先入観が要因としてあると思います。

さきほども述べたとおり、日本においてネットワークビジネスは大勢の人に受け入れられているかと言われれば、間違いなく受け入れられてはおらず、ネットワークビジネス=違法行為だと考えている人もいるのが現状なんです。

本当は違うのに。

でも、私達がネットワークビジネスを行う場合に、声をかける対象・・

・友人
・知人
・家族
・親戚
・同僚

といった人達だって例外なく、ネットワークビジネスは悪いことだ!あやしいビジネスだ!と考えているんです。

ネットワークビジネスはちゃんと理解すれば、一般の人が印税のような権利収入を得られるチャンスを提供するという素晴らしいビジネスチャンスなんだと気づくはずです。

でも、あなたがそのことをどれだけ深く理解していたとしても、声をかける友人・知人にとってはただのあやしい宗教行為ビジネスなのかもしれませんよね。

「俺、誰でもしあわせになれるすごい宗教始めたんだけと、君も一緒にやらない?」

と勧誘されて、あなただったら参加しますか?

・・・

行かないですよね、普通は。

実は、冒頭に話したミキプルーンのネットワークビジネス的勧誘をするということは、こんな宗教勧誘のようなイメージで捉えられているという可能性があるんです。

相手方があやしいとか、そんな感じ方をしてる以上、いくら上手に説得したって絶対に参加しないし、成約しませんね。

むしろ友人関係が崩壊して、何も得るものはなく終わり、というパターンになるでしょう。

あなたがネットワークビジネスで結果を出して成功したいなら、どんなに相手を説得することを考えて、それをうまく実行できて、数をこなせたとしても、うまくいくことはないと思います。

相手の関心がネットワークビジネスに無い、心を開いていない時点でもう終わっているんです。

じゃあ、どうすれば成功できるんでしょう?

簡単ですよね。

そうです。

初めからネットワークビジネスに関心があって、心を開いている人にだけ話をして抵抗なく説明をして、進めることができれば成功しやすいんです。

例えば車でドライブする時も、どんなに性能のいい車に乗っていたって、道がデコボコだったらひどいことになりますよね?

だったら性能が普通の車でも、すっきりした道を走った方がスムーズにドライブができますよね?

同じことです。

まずは基盤を戦略的に作るんです。

実はインターネット上にはネットワークビジネスで成功したい人がたくさんいます。

ネットワークビジネス市場は日本で600万人・・・

その人達に声を掛ける事ができれば、どうですか?

その仕組みを作るのは、実はとても簡単なんですよ!

まずは、こちらの無料メールセミナーで勉強してみてはどうでしょう。

↓↓下記フォームに名前とメールアドレスを入力して送信して下さい
[mwform_formkey key=”590″]


ネットワークビジネスではよく言われている誘い文句・・・

5人だけ紹介すれば誰でも稼げますよ!に騙されないで・・