ブラック企業で過労自殺なんかする前に・・どうか、これを読め!!


先日、2017年4月27日に、日経新聞に違法残業に関する記事が出ていましたね。

電通で起きた過労自殺の事件を受けて、国が対策に乗り出したということなのでしょう。

電通を巡っては、今の段階でも様々な措置が取られていますね。

一例を挙げると、滋賀県などが発注事業の競争入札への参加停止の措置を取っていたりするとか。

今後も続いていくかもしれませんが、着実に社会的制裁が行われているわけですね。

でも、考えてみると過労死とか仕事を苦にしての自殺とか、ブラック企業問題が社会的に大きく取り上げられてきたのは最近のような気がしませんか?

ここ10年から15年くらいの間の気がします。

私が新卒で新社会人になった時・・

今から15年くらいの前の話になりますが、株式会社SFCGという、超ブラック企業に入社しました。

旧社名は商工ファンドという会社で、裁判がテレビで放映されたりして、社会的問題になったことから社名変更したらしいのですが、会社の中身まではそうそう変われるようなものではありません。

社長が神で、以下奴隷と言ってもいいようなとんでもない会社でしたね笑

創業社長の大島健伸さんは、元三井物産の超エリート社員。

30歳の時に起業して事業者金融業に参入し、一代で年商約800億円程の東証一部上場の大企業にまで育て上げました。

もちろん、このこと自体は心から尊敬できる程の偉業なのですが、その経営の仕方があまりにも、エゲツなかったのかなぁと、今でも思います。

まともに帰れた時は殆どなく、社員の自殺も数件あったような気がします。

リーマンショックを受けてからの流れで社会的な不祥事を起こし、10年くらい前に倒産してしまったのですが、もしまだ存続していたら電通よりも大きく取り沙汰される社会的問題企業として有名になっていたかもしれません。

でも、過労で自殺するくらいになってまで働かなければならないって・・

なんで日本はそんな社会になってしまったんでしょうね?

海外に目を向けてみると、朝の10:00くらいから17:00くらいまでしか働かず、お昼休憩後にはシエスタといって昼寝の時間も設けて、余裕で3時間くらい休んだりしています。

で、夜は夜で飲みに出掛けて、次の日来なかったりとかもあるとか笑

まぁ、この働き方がいいとは思いませんが、心の中に余裕を持って仕事はしたいですよね。自分を見失わないためにも。

多分上のような例の人達をちゃんと拘束するために今の会社で使われている労働時間や制度が整備されたのでしょう。

そりゃあ副業に走ったり、会社を辞めてこれからは個人の時代だという流れができるのも当然ですよね。

会社を辞めるのはもったいないとは思いますが、もしブラック企業に入社してしまったとしたら、視野が狭くなって過労自殺してしまう前に、心に余裕があるうちにスパッと辞めてしまうのは良い選択だと思いますよ。

そのための保険として、会社から給料を貰っている間に、少しずつコツコツと副業で自動的にキャッシュが入ってくる仕組みは作っていったほうが、絶対にいいと思います。

その具体的なやり方を、無料のメールセミナーでお伝えしますので、ぜひら一度受講してみて下さいね!

下記フォームに名前とメールアドレスを入力して送信して下さい
[mwform_formkey key=”590″]


ネットワークビジネスではよく言われている誘い文句・・・

5人だけ紹介すれば誰でも稼げますよ!に騙されないで・・

大島健伸氏のSFCG流『魚を与えるのではなく、釣り方を教えよ!』


古今東西 偉人語録 Vol.4

~成功に向けた格言集~

『大島健伸』の言葉

魚を与えるのではなく、釣り方を教えよ

魚を与えるのではなく、釣り方を教えよ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まだ私が大学を卒業したばかりで、新卒で初めて社会人になった時のことです。

私はSFCG(旧商工ファンド)という会社に入社しました。

グループの中で102社の子会社を作り、グループのコンツェルン計画を進めていくという今まで聞いたこともないような目標を掲げている会社でしたし、将来起業するという野望を持っていた私にとってはこれ以上ないくらい刺激的な会社に見えたのです。

そのSFCG、リーマンショックの煽りを受け、今はもうないのですが、大島社長が一代で創業し、800億円近くの売上高まで叩き出し、東証一部上場企業にも上り詰めた異例な企業でした。

そんな大島社長から聞いた格言が、これです。

この格言、元々の逸話は下記のように、こんな感じだったみたいです・・・

・・・・・・

釣りをしている老人のところに、腹をすかせた子供がやってきました。

「魚をちょうだい」と子供は老人に言いました。

しかし、老人は子供に魚を与える事を拒否したのです。

その代わりに老人は子供に魚を釣る方法を教えました。

どうしてそんな事をしたのか?

魚をあげた場合は子供を1日だけ助けることが出来る。

しかし、このままだとまた明日もあさっても子供は自分に助けを求めてしまう。

もし、自分がいなくなってしまったら子供はもう生きていけないのです。

一方で、つり方を教えてあげれば・・・

そう。

子供は自分で釣りをして食べ物を得る事が出来ます。

だから、子供を一生助けることが出来るのです。

目先の得を与えるのではなく、一生の得を与えて、「生きる力」をつけさせる事を老人は選んだのです。

そして、子供は自分で釣りをして生きていきましたとさ。

めでたし、めでたし。

・・・・・・

この格言は大島健伸氏が実行してきた、起業、経営だけに留まるものではありません。

私が進めているインターネットのネットワークビジネスにも当てはまります!

私のビジネスにおける「魚」というのはダウンさんやグループが出来るという『結果』ですね。

そして、「釣り方」というのはブログの構築方法やSEOの知識、組織運営の方法などの『スキル』や『知識』がそれに当たります。

そして、これらは全て私のビジネスの参加者向けのマニュアルになっています。

このマニュアルこそ「釣り方の教科書」ですね。

それを磨けば磨くほど「生きる力」が身につきます。

実際には「釣り方」を身に着けるまでには相応の時間がかかりますから魚のおすそ分けなども行われています。

しかし、「釣り方」を身に着ける重要性を認識していたらきっとそれが後々で自分を守ってくれる「生きる力」になるでしょう。

つまり、私がビジネスにおいて成功を手に入れるまでにやったことというのは、自分のやってきた魚の釣り方を教えてあげて、釣れるまでサポートしてあげる。

ただ、これだけなんです。

とても簡単なんですが、これだけできれば月収100万円だってすぐに見えてくるはずです。

そんな魚の釣り方マニュアル、少しだけご紹介します。

下記の登録フォームにメールアドレスを送信してみて下さい。

無料のメールセミナーを開講していますので、その中であなたに奥義を披露します。

↓↓下記フォームに名前とメールアドレスを入力して送信して下さい
[mwform_formkey key=”590″]

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

魚の釣り方も知らないで起業をした人が辿る末路・・