叶姉妹もやっている!?携帯電話の代理店で権利収入を稼いじゃう方法って?


叶姉妹もやっている!?携帯電話の代理店で権利収入を稼いじゃう方法って?

携帯電話による権利収入

某サイトの中のページで、頻繁に「携帯電話の権利収入」に関して触れられているのですが、ここではそこのところに照準を合わせて伝えたいと思います。

ご存知の通り、所ジョージさんを始め、叶姉妹、とんねるずの石橋貴明さん、大橋巨泉さん等、名だたる大物芸能人がこの権利を所有しているみたいです。

特に、所ジョージさんは、NTTドコモの携帯電話の「基本料金の数%」を権利収入として得ていると聞きました。

この権利をドコモ側がある一定のランクの芸能人や経営者に情報を流出したらしいです。

携帯電話の始まりは、箱型のショルダーフォンで、当時は高すぎて、富裕層の人しか持てませんでした。

ですので、その当時の収入はごく僅かだったと考えられます。

現在では、携帯も時代の変遷とともに形を変え、現在ではスマートフォンなどを含む携帯電話を持つのは至極当然な時代ですが、以前には思いもよらなかった訳です。

よろしいでしょうか?

基本料金の数%ですよ!

一体どれくらい収益があるのか、目眩がします。

 

携帯電話による権利収入を得るための価格

上記の方達が、なぜ権利を得ることになったのか?それはドコモ側がある一定のランクの芸能人や経営者に情報を流したからです。

それは

「携帯電話の基本料金の数%を権利収入として買いませんか?」

だったらしいです。

価格は1,000万円だったと言われています。

この権利を買ったのが、所ジョージさんや細木数子さん等々。

同様のことをauも行なっていたらしく、そちらには叶姉妹のお姉様の家族がいたとのことです。

1,000万円ですから太陽光売電の設置価格よりも若干安く、メンテナンス料金等もかかりませんから、携帯電話が無くならない限り半永久的な権利収入という意味です。

 

半永久的権利収入が得られる携帯電話の権利収入

現在では小学生から高齢者まで、スマートフォンやプリペイドフォンを含む携帯電話を持っていない人がいないご時世です。

けれども、この状況を、果たして彼等は予測出来たのでしょうか?

実際のところ一か八かだったことは間違いありません。

1,000万円なわけですから大きな賭けですよね。

これを読み切った洞察力は素晴らしいの一言に尽きます。

その上、今後も携帯電話の姿や形が変わっていったとしても、滅失してしまうことは無いでしょうし、普及の変動率も大きな波がないことも予想されます。

ましてやNTTドコモに関しては、iphoneを出したおかげで、ドコモユーザーが増加傾向にありますから、収入が膨らんでいることは確実だと思います。

そんなふうに携帯電話の権利収入は半永久的に権利収入が得られる構造を築き上げることが出来ました。

 

次に来る半永久的権利収入が得られるものとは?

携帯電話の権利は、所有する方が誰かに譲る等しない限り、今から手に入れることは不可能です。

仮に手に入れることが出来たにしろ、価格は1,000万円程度ではないはずです。

法外な金額になるはずです。

それじゃ、今からでも取得出来る、次に来る半永久的権利収入が得られるものとは何でしょうか?

某サイトでもその種類について書かれていましたが、今ホットなのは太陽光売電事業になるでしょう。

国や地方自治体から助成金が出るというのだって魅力ですし、初期投資出来る体力さえあれば、数年後にはほぼ自販機状態になります。

けれどもリスクもあります。

まず国の制度の変化。

助成がいつ終わるか?

配当金の変動率はどんなふうになるか?

そしてなんと言っても発電所のメンテナンス費用が確実に発生します。

発電所は建物なので不動産経営をされている方ならイメージが沸くかと思いますが、修繕費というものはどこかで必ず発生してしまいます。

そうなってしまうと、携帯電話の権利収入とは若干ニュアンスが変わってきますよね。

ユーザーの利用料金のみが配当金に関わるビジネスと言えば、やはり今一番ホットなのはBinaryOptionの様なバイナリーオプションアプリの権利収入ビジネスと言えるのではないかと思います。

あとは、やはり昔から言われているのが、ネットワークビジネスですね。

これは王道だと思います。

リスクとしては口コミ活動を行うことによって友達を失ってしまうリスクがあるということが挙げられますが、もし友達を誘わないで済むとしたら・・・

どうでしょうか?

インターネットを活用すれはそれが可能になります。

そのやり方を、メールセミナーを通じて無料にあなたにお伝えします。

下記の登録フォームにメールアドレスを登録して、受講してみて下さい。

きっとあなたの役に立つはずです。

↓↓↓無料メールセミナー受講はこちらから
[mwform_formkey key=”590″]

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

携帯電話の権利収入に間に合わなかったあなたへ

人生って好きなことだけやって自由に生きていいんだって知ってた?


好きなことだけやるやるなんて甘い?!

好きなことだけをやる人生は夢でも何でもない!よく考えると極めて現実的な話だ。

なのに何で今の社会では

「好きなことだけやるなんて甘ったれたこと言うんじゃない!」
「もっと現実を見なければダメだ!不可能なんだから」
「みんな仕事をしなければならない義務が課せられているのよ!」
なんてことを言われ続けなければならないのだろう?

ここのところはよく考える必要があると思います。

好きなことをするのって人間として普通のことだと思います。

同じ1時間でも、嫌なことは「早く終わらないかな」と思いながら、すごく長い時間を過ごしてるように感じます。

でも楽しいこと、好きなこと、情熱を持てることであれば「もっともっとやりたい!まだまだ足りない!」と感じて、寝食を忘れてしまうくらいに没頭してしまうものでしょう。

ちなみに、これが自分の夢を持って、夢を追いかけている状態であると言えますね。

何でやらなきゃいけない義務があると言われるの?

子供の頃に、親や周りの大人である教室等から「自分の夢を持ちなさい!」と教えられた方も多いはずです。

でもその夢を見つけて、いざ実現を目指して進もうとすると「いつまでも夢ばかり見てないで現実を見なさい!」なんて言われてしまいます。

もう、何かめちゃくちゃ矛盾してるじゃないですか?

一体何なんでしょうね?

これじゃあ未来を担う無限の可能性を持った子供達も希望の種をむしり取られるだけで、将来の日本や世界は決して良くならないでしょう。

何とかしなければいけないのですが、そのためには根本から考え直さないといけないと思うんです。

では、ここで一つ考えてみたいのですが、彼らが言う「現実を見なさい!」の現実って、具体的には何なんでしょうか?

結論から言ってしまうと、それはお金のことなんです。

お金を稼ぐ=仕事をしなければいけない=仕事とは苦労して我慢してやるもの=夢ばかり見てはできない=現実は辛いもの

という構図が今の一般常識として成り立ってしまうんですよね。これが1番の問題だとは思いますが、実際そうです。

もしこれが事実であれば、確かに夢ばかり見ていたらただの人生の落伍者になってしまい、ロクな生活も送れないでしょう。

でも、嬉しいことにこの構図は根本から間違ってるんですよ!

そもそもサラリーマン社会の始まりは、中世ヨーロッパ時代、1602年3月20日に設立された東インド会社からスタートします。

東インド会社

ここではお金を出す人、会社を運営化する人、会社の仕組みとなって労働する人の3者が明確に別れていました。

お金を出す人はお金を出すだけで収益を得たいから。
運営者は自分の頭で考えて経営をして報酬を得たいから。
労働者はただただ労働の対価として賃金が欲しいから。

それぞれのやりたいことや目的がこの前頃は明確だったんです。

労働者だけは、他に叶えたいゆめがあるからとか、家族をただ食べさせるためだけとかが理由で、働いている労働自体にはモチベーションを持っていないことが多かったようですが、、

それでも何も考えずに身体だけ機械のように動かしていれば良かったので、会社としての仕組みはうまく回っていたのです。

しかし、今はどうでしょう?何か明確な目的があって会社に就職して仕事をしている人がどれくらいいるのか?

正直、かなり少ないと思うんです。

なぜなら、会社に就職してサラリーマンとして働くのが一般常識になってしまっているから、深く考えずにいい大学を出て大手企業に就職することを目的に世に出てしまう人が多過ぎるんですね。

しかも、現代のサラリーマン達はただの単純な労働者であるだけでは生きていけません。経営者のように頭で考えて、高いモチベーションを持って仕事をすることを求められるんです。

自分の明確な目的を持っていないで行っている仕事に、経営者のような高いモチベーションを持つ?!

そんなの無理に決まってるじゃないですか!

仕事に熱い情熱がないのに思考を働かせることすら難しいです。

だからサボリーマンとか、パラサイトOLと言われる人達が今の社会には多いんです。

これって本当に異常事態だと思いませんか?

本当の人生のスタートは情熱に気付いた時から

だったらどうすればいいんだろう?

解決策は明確です。

もう一度、子供の頃に教えられた「自分の夢を持ちなさい!」という視点に立ち戻って下さい。

夢を持てば、そこ夢を叶えるための思考や行動は全て高いモチベーションで実行できます。

まさに「時間が早く感じる!まだまだやりたい!やり足りない!!もっともっと!」という状態を得られます。

しかも、遊びではなく仕事でその感覚を得られます。

この感覚を持って仕事ができたら、もう最強です!

敵なしです!無敵です!

夢を持って、好きなように仕事をして全然いいんです!

三浦知良さんはサッカーで!
所ジョージさんはタレントで!
北野武さんはお笑いと映画監督で!
竹中直人さんは俳優で!
イチロー選手は野球で!
Gacktさんはミュージシャンで!
孫正義さんはIT事業で!

皆それぞれの仕事で成功してますね!

嫌々やっていた仕事でここまで成功できたと思いますか?

絶対無理だと思います。

その仕事に情熱を持って打ち込み、無我夢中の境地で仕事をしたからこそ結果的に、いつのまにか成功していたということになったんです。

ぜひ、自分の夢を見付けて、追求する人生であってください!

【PR】夢を見付けた人の仕事人生はこんなにも輝き出すんだ!


PR

インターネットとネットワークビジネスの融合・・・

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!メールで無料の資料請求はこちら
[mwform_formkey key=”590″]