ネットワークビジネスって海外発のものを選ばないと倒産するって本当?!


あなたの人脈を知り合いから世界規模に増やして具体的に集客する仕組みは?

海外発と日本発のネットワークビジネスはどっちが倒産しにくいの?

ネットワークビジネスって、よく調べてみると、海外から輸入されてきているものが

殆どですよね?

特にアメリカ発のMLMビジネスが多いように感じます。

ネットワークビジネスって、元々の発祥の地がアメリカだったので、当然といえばそうなのですが、日本企業にも、知名度と実力のあるブランドMLM企業は多く存在しているんですよ!

中には逆輸入のようなイメージですが、日本で生まれて海外進出をして、MLM事業を成功させている日本の企業だってあるんです。

確かに考えてみると、日本の市場に比べて世界の市場はとてつもなく大きいものですし、Cool Japanと言われて日本自体が一つのブランドになっている現在であれば、賢い戦略であると言えるかもしれません。

海外からの収入の流れがあれば、例え日本経済がギリシャ経済のように大変な事態になってしまったとしても、生き残れるかもしれません。

そうなった時に、急いで英語を勉強しなきゃ!と焦る必要はありませんよ。話せるにこしたことはないですけどね。

日本語で、ひたすら普通に日本人をリクルートしていけばいいんです。

そうすれば、そのうちに英語が話せる人があなたのグループにやってきたり、外国人の友達がたくさんいるような人が組織に入ってくることもかなりの高確率であると思います。

だって、英語が話せたり、外人の友達がいる日本人なんて、この世の中にたくさんいるでしょう?

その人がキーポイントになって、海外へのグループ展開の足がかりとなっていくんです。

そうなってくると、ネットワークビジネスに参加しようとする時に、選ぶ基準は色んな国に多くの拠点を持っている外資系の会社を最初から押さえておいた方がいいのかもしれませんね。

でも、個人的な見解を述べさせてもらうと、外資とか日本の企業だとか、そういったものは殆ど関係がないと思います。

だから、変にこだわる必要もないと思いますよ。

大切なことは、そのMLM企業が扱っている製品にあなたが共感し、納得できるか?

そしてビジネス活動の方法や考え方があなたの価値観にしっかりと合っているのかどうか?

この観点から考えるのが何よりも大切だと思います。

いくら世界中に拠点のあるグローバルMLMビジネスで、地球一つでリクルート活動ができるメリットがあったとしても、あなたに合っていなければ何の意味もありません。

嫌なことをやらなきゃいけない苦しさや、やらされ感も出てくるでしょう。

そんな気持ちでビジネス活動をしたって成功なんて絶対にできっこないですし、半年後には「やーめた!」となっているのが関の山です。

これがあなたに合った方法を探し出すヒントになるかもしれません。

↓↓クリックしてみてください。

あなたの人脈を知り合いから世界規模に増やして具体的に集客する仕組みは?


PR

インターネットとネットワークビジネスの融合・・・

まさかこれ程まで人生が劇的に変化してしまうなんて想像もしていなかったんです・・・

そんな際どいトップシークレットな方法とは?

↓↓↓詳細なやり方を伝授する!メールで無料の資料請求はこちら
[mwform_formkey key=”590″]

ネットワークビジネスはねずみ講だから友人関係は破綻する?!


ねずみ講は儲かる?

ねずみ講って言葉、日本ではよく聞きますね。

広く知られていることですが、ねずみ講とかマルチ商法といった類のものは、日本ではかなり嫌われています。

ただの詐欺だと思われている感じもありますね。

大体が友達経由で話が出てきて、「とんでもないくらいビッグチャンスなビジネスを最近始めたんだ!一緒にどう?ひとくち噛んでみない?」といったような誘い文句で勧誘されることが多いんです。

しかも身近な親友とかならともかく、何年も会っていないような中学時代の元クラスメイトが手当たり次第に卒業アルバムから名簿を引っ張ってきて、いきなり電話をかけまくる・・

普通に考えたら、これって異常事態じゃないですか?

こんなことが日常茶飯事で行われているから、ねずみ講ビジネスが嫌われているんです。

ねずみ講

ところで、ねずみ講ビジネスの仕組みってどんなものかご存知ですか?

勧誘を受けて新たな会員になった人がその組織にお金を入れて、その一部を紹介者やその上の胴元の人が受け取っていく。

そしてその新たな会員は口コミ等の方法で新たな紹介者を勧誘していき、同じことを更に下の会員が繰り返し行っていく。

その連鎖が行われている限り、紹介者やその上にいる会員、そして胴元に半永久的にお金が入り続けていくという仕組みです。

これを無限連鎖販売方式と呼び、世間でねずみ講と言われるものになります。

そして、この無限連鎖販売、つまりねずみ講ビジネスは日本の法律では禁止されており、違法ビジネスとなります。

本来のネットワークビジネスとの違いはまさにここにあります。

ネットワークビジネスは実はねずみ講ではない!

ねずみ講が違法行為だというのは知ってましたか?

でも、おかしいですよね?

外資系の某大手企業や、その他の数多くの企業で構成されているネットワークビジネス業界の市場規模って、2014年度の時点でなんと9260億円もあるんですよ!

MLMビジネスというのは、まさに一兆円産業なわけです!

しかも、一過性のものではなく何年もの積み上げでこの市場規模を維持しているということなんです。

ねずみ講とか他の詐欺ビジネスが一時的に莫大な利益を貪って、社会問題になって廃れていくということで大きな市場になることはありますが、普通違法なビジネスが継続的に一兆円規模の市場規模を保つことなんてできるでしょうか?

正直、絶対にできないでしょう。なぜならビジネスが継続的にキャッシュフローを生み出すためには、必ず誰かの喜びだったり、感謝だったりと、お客様のメリットを生み出して社会の役に立っていなければならないからです。

ねずみ講とネットワークビジネスの決定的な違いがここにあるんです。

ねずみ講はただの詐欺です。悪質なマネーゲームなんです。お金のやり取りのみが無機質に発生しているだけで、胴元が1番儲かるようにできており、数多くの被害者を必然的に生み出します。

ネットワークビジネスはマネーゲームではなく、あくまでMLM会社が扱っている製品の流通を目的としています。

企業が製品を作り、店舗等の流通経路を使う代わりに、実際の消費者の口コミを戦略的に使って広告をしていくマルチレベルマーケティングの手法に基づいているんです。

口コミで広めた人に入ってる報酬は言わば広告を収入のようなもので、インターネットの世界でいうアフィリエイト広告収入のリアルビジネス版だと考えるとわかりやすいかもしれません。

もちろん違法行為ではなく、多いに社会や人の役に立てる素晴らしいビジネスです。

だからこそ、その感謝の総合点として、一兆円の市場規模があるわけです。

本当のことを教えてあげるだけで成功する!

ただ、一つ困ったことがあります。

それは、健全なネットワークビジネスに参入して、役に立てると思って正義の心で友人を勧誘したにも関わらず、友人からねずみ講だと勘違いされ、友人関係が破綻してしまったという話が後を立たないのです。

これって、とてつもなく悲しく、残念で、もったいなくて、もどかしいことだと思いませんか?

勧誘している方としては、本当に良いと思った製品を勧めて、その上その良さをきちんと伝えていくだけで感謝されながら報酬を増やしていくことができ、やり方次第では億万長者のビジネスオーナーになることも夢ではないチャンスを伝えているのに・・

違法なねずみ講ビジネスが世の中にまかり通ってしまったせいで健全な素晴らしいMLMビジネスまでが紛いものに見られてしまっているんです。

だから・・ぜひ本当のことを世の中に伝えていって下さい。

ネットワークビジネスで勧誘を行う時に、オーバーに稼げる話とか、「ひとくち噛んでみない?」みたいなわざとらしい気楽な感じをわざわざ出す必要なんてありません。

ただただ違法なねずみ講と本当のネットワークビジネスの違いを伝えてあげて下さい。

これなら変に力を入れることなく、気取らずに話をしやすいと思います。

しかも相手には1番心が伝わりやすく、結果的に成果にも結び付きやすいでしょう。

【PR】ねずみ講と真のMLMを一緒にするからこんなにバカを見る!